ネット物販

【初心者必見】メルカリで商品を高く売るコツを徹底解説

ネット物販

コツを掴めば、誰でもメルカリで商品を高く売れるようになります。

「どうすれば、メルカリで商品を高く売れるの?」

「そもそも商品が売れないんだけど、何がいけないのかな?」

メルカリ初心者の方の中には、このような疑問をお持ちの方が多いです。

そこでこの記事では、メルカリで商品を高く売るコツについて解説していきます。

具体的には、

  • 商品画像に関するコツ
  • 商品の価格に関するコツ
  • 説明文に関するコツ
  • 出品するタイミングに関するコツ
  • 出品後に行うべき一手間

の順で紹介していきます。

この記事の内容を実践すれば、今よりも商品を高く売れるようになります。

ぜひ最後までご覧ください。

メルカリで商品を高く売るためのコツ

メルカリで商品を高く売るコツはあまりにも多いので、以下の4項目に分けて解説していきます。

  • 商品画像編
  • 商品の価格編
  • 説明文編
  • 出品するタイミング編

それでは、それぞれについて深掘りしていきますね。

商品画像編

メルカリの商品画像は、出品した商品の第一印象を決める重要ポイントです。

というのも、メルカリで商品を探すときには、「商品画像」と「価格」しか表示されません。

そのため、仮に商品画像が悪いと商品ページを開いてもらえないので、商品が売れなくなってしまいます。

メルカリで商品を高く売るためにも、ユーザーが商品ページを開きたくなるような商品画像を目指しましょう。

そんなメルカリの商品画像における、商品を高く売るコツは以下の4つです。

  • 商品の見栄えに気をつける
  • 画像の枚数は6枚以上
  • キズ・汚れがわかるように撮影

商品の見栄えに気をつける

メルカリで商品を高く売るには、商品の見栄えに気をつけることが重要です。

中でも商品画像の1枚目は、商品を検索した時に表示される画像なので、特に見栄えを意識するようにしましょう。

商品画像のよくある失敗としては、

  • 画像が暗い
  • 商品の角度が不自然
  • 商品の距離が遠い
  • シワや汚れがある
  • 影やものが入り込んでいる
  • 過度に加工をしている

の5つがあります。

上の画像の場合、

  • 画像が暗い
  • 商品の距離が遠い
  • 影・壁が映り込んでいる

ので見栄えの良い画像とはいえません。

それに対して下記の画像は、同じ場所・商品を撮影したものですが、比較的見栄えが良い画像になっています。

このように1枚目の商品画像は、

  • 明るくして撮影
  • 商品の角度を意識する
  • 商品と近づいて撮影
  • シワや簡単にとれる汚れは取る
  • 余計なものは映さない
  • 商品状態が分かる程度に加工

のポイントを抑えて撮影すると、見栄えの良い写真を撮る事ができますよ。

画像の枚数は6枚以上

メルカリの商品画像は、6枚以上掲載していきましょう。

というのも、商品画像が多いと、ユーザーが商品の状態を判断しやすくなるからです。

メルカリでは中古品の販売が多いので、特に商品の状態を気にするユーザーが多く存在します。

そのため、ユーザーが商品の購入を検討しやすいように、画像を多く掲載することが大切です。

キズ・汚れがわかるように撮影

キズや汚れはしっかりと撮影するようにしましょう。

仮にキズや汚れを隠して販売すると、トラブルになったり低評価を付けられかねません。

メルカリで低評価をつけられてしまうと、購入を検討するユーザーが不安に思い、商品が売れにくくなります。

そうならないためにも、商品の減点ポイントがわかるように撮影するようにしましょう。

商品の価格編

商品の価格設定にはちょっとしたコツがあり、実践するだけでメルカリで商品を高く売れるようになります。

メルカリの商品価格における、商品を高く売るコツは以下の3つになります。

  • 相場よりも高めに設定
  • 端数を揃えない
  • 送料込み(出品者負担)を選択

それぞれ解説していきます。

商品の価格を相場よりも高めに設定

メルカリでは、値下げ交渉に対応するため、商品の価格を相場よりも高めに設定しておくことが重要です。

最適な価格設定としては、商品の相場に対して15~20%増した金額になります。

相場に対して15~20%増した金額であれば、値下げの幅を十分に確保できるので、商品を高く売ることが出来ますよ。

端数を揃えない

スーパーや家電量販店などでも使われている手法ですが、商品価格の端数をキリの良い数字にしないようにしましょう

30,000円や25,000円のように端数を揃えるよりも、29,980円24,900円のように端数を細かくすると、安く感じるからです。

ユーザーの購買意欲を高めるためにも、端数を意識して価格設定をしましょう。

送料込み(出品者負担)を選択

商品を出品をする際には、送料を出品者が負担するようにしましょう。

メルカリの商品検索では、送料の有無を絞り込むことができるので、着払い(購入者負担)の商品は除外されやすくなります。

多くのユーザーから閲覧される商品は、当然売れる可能性も高くなります。

そのため、閲覧数を獲得するためにも、送料は出品者負担がおすすめです。

説明文編

商品の説明文は、購入の決め手になるだけでなく、検索に引っかかりやすくなる重要なポイントです。

そんなメルカリの商品説明文における、商品を高く売るコツは以下の2つです。

  • 説明文は網羅的に書く
  • 検索されるキーワードを盛り込む

説明文は網羅的に

説明文が少ない商品は、ユーザーからすると不安要素が大きく売れにくい傾向にあります。

そのため、ユーザーが知りたい情報を網羅的に記載することが大切です。

商品説明文に書いておくべき項目は、以下の4つです。

  • 商品名
  • 商品の状態(キズ・汚れの有無)
  • 商品の説明(サイズ感・色合い)
  • 購入時の詳細(直接購入の可否・価格交渉の可否)

これらの項目を網羅しておけば、ユーザーの不安要素を取り除く事ができ、商品が売れやすくなりますよ。

検索されるキーワードを盛り込む

説明文には、出品した商品が検索されるためのキーワードを盛り込むようにしましょう。

キーワードを入れておくと、出品した商品が検索されやすくなり、閲覧数の獲得につながるからです。

キーワードは、商品説明文の中に盛り込むのが最適ですが、文章が不自然になる場合には説明文の最後にハッシュタグを使ってキーワードを羅列することができます。

また、英語表記の商品は、カタカナ・ひらがなのキーワードも入れておくと、検索に引っかかりやすくなりますよ。

出品するタイミング編

商品を出品するタイミングによって閲覧数は大きく異なるので、最も閲覧数が獲得できるタイミングに出品をしましょう

例えば、15日・25日といった給料日近くの週末に出品しておけば、購買意欲の高い社会人ユーザーの閲覧数を獲得しやすくなります。

また、出品すべきタイミングは、商品を購入するであろうターゲットによって異なります。

例えば、学生がターゲットであれば、昼間は学校にいるわけなので出品すべきタイムングは夕方ごろになります。

また、主婦の方がターゲットであれば、家事を済ませて昼食を食べ終わった13~14時ごろにメルカリを見ていそうですよね。

このように商品を購入しそうなターゲットが、メルカリを見ていそうな時間帯を意識することで、出品のタイミングを知ることが出来ます。

出品後のひと手間で商品が売れやすくなる

出品後にひと手間を加えることで、より一層商品が高く売れやすくなります。

そのひと手間とは

  • 価格の変更
  • 再出品で検索上に繰り上げる

の2つです。

価格の変更

あまりにも商品が売れない場合は、価格を下げてみましょう。

「値下げしたら、高く売れないじゃん」と思われるかもしれませんが、商品が売れなければ収益は0なので、収益を上げるためには、値下げは有効な手段です。

一気に値下げをするのではなく、1週間ごとに出品価格の3~5%ずつ下げることで、なるべく高い状態で商品を売ることができます。

また、値下げをすることで、出品した商品にいいねをつけたユーザーに通知がいきます。

これにより、出品した商品に興味があるユーザーに対してアピールをする事が可能です。

再出品で検索上位に繰り上げる

出品してある商品を、再出品することで検索順位を上にあげることができます。

検索順位が上にあれば、検索をした時に表示されやすくなるので、閲覧数を獲得しやすくなります。

とはいえ、過度に再出品を繰り返していると、メルカリの運営からペナルティーを食らうのでほどほどにしておきましょう。

まとめ

この記事では、メルカリで商品を高く売るコツについて紹介してきました。

メルカリに限らず、商品を売るには買い手の気持ちに寄り添い、信頼されることが重要です。

今回紹介した商品を高く売るコツを全て実践するのは大変だと思うので、まずは少しずつ取り入れていきましょう。

ABOUT ME
高橋 良多
専門学校を卒業後に牧場勤務。自宅でもできる仕事を探してメルカリ転売に取り組み、数ヶ月で月10万円の利益を達成。インターネットが苦手な初心者さんでも分かりやすい解説には定評があり、ネット物販で成果を出す方を献身サポート。月10〜20万円の副収入を得る人を多数輩出している。
RELATED POST