ネット物販

メルカリの発送方法を選ぶコツ:トラブルを減らして売上を増やそう!

ネット物販

全てのやりとりがスマホだけでできるメルカリ物販は、自分のスキルに自信がないビジネス初心者にもおすすめの副業です。

パソコンが苦手という人でも、いざ出品を試してみると「思ったよりもずっとラクだった!」という声をよく耳にします。

初心者がつまずきやすいのは、出品の手続きよりもむしろ、値段や発送方法をどう決めるかという部分です。

特に発送方法は、いろんな選択肢がある分、慣れていないと混乱してしまいますよね。選び方を間違えると、せっかくの売上が大きくへってしまうこともあります。

メルカリでちゃんと利益を出すために、発送方法の選び方についてくわしくお伝えします!

メルカリで発送方法を選ぶときの基本ルール

メルカリの発送方法は全部で10パターン以上!

商品に合わせたおすすめの発送方法が表示されるものの、何も考えずに選んでしまうと発送するときによけいな送料や手間がかかってしまうこともあります。

まずは発送方法を選ぶときの基本的なルールや注意点を、確認しておきましょう。

基本はもっとも送料が安い方法で発送しよう

メルカリの売上は、商品が売れたお金から手数料10%と送料を差し引いた額になります。

つまり売上を増やしたいのなら、送料をなるべく安く抑える必要があります。

基本的に、薄くて軽いものほど送料のコストがかかりません。逆に、重たいものやかさばるものは梱包の手間もかかりますし、送料も高くなります。

発送作業になれないうちは、コンパクトなものを中心に出品していくのがおすすめです。

追跡サービスや配送中のトラブルの補償はついているか?

コストを抑えるのは大事なポイントですが、配送方法を選ぶときは送料だけではなく、安全面についても注意しましょう。

たとえば、記念コインのように小さくてもレア度が高く、高い値段で売れる商品を送るとすれば、どのような方法を選ぶべきでしょうか?

送料をとにかく下げるのなら、普通郵便を選ぶのがベストに思えるかもしれません。しかし、普通郵便には2つのデメリットがあります。

  • 荷物の追跡ができないため、郵便事故のリスクがある
  • 途中で商品が壊れたり、なくなったりしたときにカバーできない

商品が高く売れたときは特に、荷物の追跡と補償のサービスが付いている発送方法を選びましょう。

発送までの手間とかかる日数を考えよう

商品を出品するとき、発送までにかかる日数を「1~2日」「2~3日」「4~7日」の3パターンから選ぶ必要があります。

発送までの日数を短く設定しているほうが、商品は売れやすくなります。ただし、日数をオーバーしないように注意して決めましょう。

発送日の約束を破るとお客さまにも迷惑がかかりますし、最悪メルカリからペナルティを受けることになります。そういった問題を防ぐためには

  • 出品する段階で、梱包の用意をしておく
  • ・商品を発送する場所(コンビニ・郵便局・メルカリポストなど)を確認しておく
  • 発送できるタイミングと日数とが問題ないかを出品前にチェックする

これらの項目を出品前に確認するクセをつけておくと安心ですね。

発送方法に迷ったら「メルカリ便」!発送方法のかしこい使い分け方

メルカリで発送方法に迷ったら「メルカリ便」のなかから選びましょう。メルカリ便は2021年3月時点で次の4種類が用意されています。

  • らくらくメルカリ便
  • ゆうゆうメルカリ便
  • 梱包・発送たのメル便
  • あとよろメルカリ便

追跡や補償のサービスはもちろんのこと、住所や名前を明かさずに発送ができるため、お客さまからもメルカリ便は好まれます。

メルカリが送料をサポートしてくれているおかげで、ふつうの宅配便よりもお得な料金で全国に届けられるのもメリットです。

4つのメルカリ便をどのように使い分ければいいのか、シチュエーションに合わせてご紹介します!

幅広いサイズに対応!集荷も利用できる「らくらくメルカリ便」

4つのメルカリ便のうち、一番使いやすいのがヤマト運輸のサービスを利用した「らくらくメルカリ便」でしょう。らくらくメルカリ便には次のようなメリットがあります。

  •  A4~160サイズまで幅広く対応できる
  • ファミリーマートやセブンイレブン、宅配便ロッカーPUDOで24時間発送できる
  •  +30円で自宅への集荷もお願いできる

サイズによって、「ネコポス」・「宅急便コンパクト」・「宅急便」に分かれます。

特にネコポスと宅急便コンパクトは全国どこに送っても同じ送料なので、よけいなコストがかかる心配がありません。

宅急便の場合も距離に関係なく、サイズごとに値段が一律で決まっているので計算がラクチンですね。

宅急便コンパクトの場合は専用の箱が必要なので、あらかじめ手に入れておきましょう。

セブンイレブンやファミリーマートでも買えますが、一部の店では取り扱っていないこともあります。

確実に手に入れたいのであれば、ヤマト運輸の事業所かメルカリストアを利用するのがおすすめです。

受け取り場所が豊富でお客さまにやさしい「ゆうゆうメルカリ便」

お客さまによっては、「できればコンビニなどで荷物を受け取りたい」という購入前に相談されるケースがあります。

そのようなリクエストをもらった場合、お客さまが受け取りやすい配送方法に対応してあげたほうが購入してもらえる可能性が高まります。

そんなときに使いたいのが郵便局のサービスを利用した「ゆうゆうメルカリ便」。送料の違いが多少ありますが、基本的には「らくらくメルカリ便」と似たシステムです。

  • A4~100サイズまで対応可能
  • 郵便局やローソンでの発送のほか、郵便ポストへの投函も利用できる
  • 郵便局・ミニストップ・ローソン・宅配ロッカー「はこぽす」での受け取りも選べる

サイズによって、「ゆうパケット」・「ゆうパケットポスト」・「ゆうパケットプラス」・「ゆうパック」に分かれます。

ゆうパケットポストとゆうパケットプラスについては専用箱をあらかじめ準備する必要があるので注意しましょう。

郵便局やローソン、メルカリストアなどで買うことができます。

梱包から発送まで全てプロにおまかせ!「梱包・発送たのメル便」

メルカリに慣れてくると、コンパクトなものだけではなく、大型の商品も出品してみたくなるかもしれません。

家の中にある不用品でも、メルカリで売ればお金になります。ただ、かさばる商品だと梱包や発送に手間がかかってしまいます。

梱包に困ってしまう商品を出品するときに利用したいのが「梱包・発送たのメル便」です。

大型家電や家具、自転車といったものでも、集荷・梱包・発送をすべてプロに任せてしまえるのでラクチン。

しかも、オプション料金はかかりますが、お客さまの自宅に家具・家電を設置するサービスも頼むことができます。

よけいな配送トラブルを防ぐためにも、大型の商品をメルカリに出すときはぜひプロの手を借りることをおすすめします。

商品の保管もまかせてお家がスッキリ!「あとよろメルカリ便」

あれもこれもとメルカリに出品していくと、いずれ荷物の置き場に困ってしまうことが考えられます。保管している間にうっかり商品にダメージがあったら大変ですよね。

できればたくさんの商品を家に置きたくないという人は「あとよろメルカリ便」の利用がおすすめです。

「あとよろメルカリ便」は出品した商品をあらかじめ倉庫に送って、売れるまでの保管から売れた後の梱包・発送までお願いできるサービスです。

しかも倉庫までの配送料や倉庫での保管料はかかりません。

  • 一度に保管を頼める品数は30品まで
  • 倉庫での保管期間は2ヶ月がリミット
  • 商品が売れたときの梱包・配送料と、売れ残った場合の返却配送料がかかる

お客さまへの配送システムはらくらくメルカリ便と同じですが、梱包もお願いする分、送料は割高になります

まとめ

メルカリではいろいろな配送方法が選べますが、セキュリティ面とコスト面のバランスがよい「メルカリ便」のなかから選べば基本的に問題ありません。

それぞれの対応サイズや配送料金については、最初は調べながら出品していくことをおすすめします。

売上を増やしながらメルカリ物販を続けるためには、配送にかかる時間やコストをきちんと理解して、商品の値段を決める必要があります。

メルカリの売上を増やすためのコツについては、下記の記事も参考になるでしょう。

<リンク→【初心者必見】メルカリで商品を高く売るコツを徹底解説

メルカリ物販についてもっとくわしく学んでみたい!という人は、実践ワークショップなども開催していますので、こちらのLINEに登録して最新情報をチェックしておいて下さいね。

ABOUT ME
高橋 良多
専門学校を卒業後に牧場勤務。自宅でもできる仕事を探してメルカリ転売に取り組み、数ヶ月で月10万円の利益を達成。インターネットが苦手な初心者さんでも分かりやすい解説には定評があり、ネット物販で成果を出す方を献身サポート。月10〜20万円の副収入を得る人を多数輩出している。
【無料LINE講座】オーダーメイド物販