ネット物販

【初心者必見】メルカリで収入を増やすための仕入れ先とコツとは?

ネット物販

メルカリ販売において、仕入れ先をどこにすれば良いのかお悩みの方は、少なくないはずです。

ひとえに仕入れ先といっても、ネット・実店舗など数多くの選択肢があり迷ってしまいますよね。

そこで今回は「メルカリ販売初心者の方が、メルカリで収入を増やすための仕入れ先」について紹介していきます。

メルカリで稼げる仕入れ先についてはもちろんですが、

  • メルカリで売れやすい商品ジャンル
  • メルカリで稼ぐための仕入れのコツ

についても解説していきます。

この記事を読むことで、

  • 狙うべき商品ジャンルがわかる
  • 利用すべき仕入れ先がわかる
  • 仕入れを行う上でのポイントが理解できる

といったメリットがあります。

ぜひ、最後までご覧ください。

そもそもメルカリでは何が売れやすいの?

メルカリ販売における最大のリスクは、商品が売れ残ることです。

このリスクを回避するためにも、メルカリで売れやすい下記5つの商品ジャンルを狙うのがおすすめです。

  • 限定品・プレミア商品
  • 美容グッズ・コスメ
  • ゲーム機・関連商品
  • 古着・アパレル
  • スマホ・タブレット

それでは、上記の商品ジャンルが売れやすい根拠の部分を解説していきます。

限定品・プレミア商品

限定品・プレミア商品が売れやすい理由は、需要に対して供給が少ないからです。

限定品・プレミア商品は、数量限定で販売されることが多く、その商品を欲しがる人全員には行き渡りません。

しかし、中には定価以上の高値を出してでも限定品・プレミア商品を入手しようとする人もいるので、高値であっても売れやすくなります。

これにより特にファンの多いゲームやアニメなどの限定品・プレミア商品は、定価の10倍で取引されることもあります。

さらに限定品・プレミア商品は、メルカリ販売において最も重要な「利益率」と「回転率」が高い商品ジャンルなので、短期間で大きな利益を狙うことができますよ。

美容グッズ・コスメ

美容グッズ・コスメが売れやすい理由は、メルカリユーザーには美容グッズ・コスメの販売ターゲットである女性が多いからです。

出典:メルカリ公式データ

上記を見るとメルカリユーザーは女性が多く、なおかつ若い世代が多いことがわかります。

出典:メルカリ公式データ

また、コスメ美容ジャンルの販売総額はメルカリ全体の9%(2020年時点)を占めていることからも売れやすいジャンルであることがわかりますね!

そのため美容グッズ・コスメの中でも、特に若い女性に人気が高いブランド品コスメが売れやすくなっています。

さらに、人気YouTuberなどの著名人が紹介した美容グッズ・コスメは人気商品になりやすい傾向にあるので、SNSや動画サービスをチェックしておくのがおすすめです。

ゲーム機・周辺機器

ゲーム機・周辺機器は、昔から売れやすいジャンルでしたが、最近では自宅で過ごす人が増えたことで、さらに需要が高まっています。

ゲームを含むエンタメジャンルの販売総額は全体の22%(2020年時点)を占めることからも需要が高いジャンルと言えます。

さらにゲーム機・周辺機器は、専門的な知識が必要なジャンルではないので、初心者の方でも扱いやすくおすすめですよ。

古着・アパレル

古着・アパレル商品が売れやすい理由は、そもそも消耗品で衣替えのタイミングで買い換える人が多いからです。

また、ブランド品需要もあいまって、若い世代を中心に売れやすくなっています。

古着・アパレル商品は美容グッズ・コスメと同様に、著名人などの影響でプレミア価格になりやすい一方で、一点あたりの単価が安いので仮に売れ残ってしまったとしてもリスクが低いのが特徴です。

スマホ・タブレット

スマホ・タブレットが売れやすい理由は、2016年に始まった携帯端末のSIMフリー制度に伴い、機種変更が簡単になったからです。

2016年以前までは、購入したキャリア回線でしか中古端末を利用できませんでした。

しかしSIMフリー制度に伴い、SIMロックを解除することで、他のキャリア回線でも中古端末を利用できるようになりました。

これにより、中古端末におけるキャリアのかきねが無くなったので、低価格で購入できる中古端末の需要が高まったのです。

また、特にアップル製品は人気が高く、古い機種であっても高い需要があります。

そのため、出品後に即日で売れるなど回転率が非常に高い商品ジャンルなので、メルカリでの取引実績を獲得するのに最適ですよ。

メルカリで稼げるおすすめな仕入れ先

メルカリで稼げるおすすめな仕入れ先を、下記の種類ごとに紹介していきます。

  • ECサイト・フリマアプリ
  • 街中の実店舗
  • フリーマーケット

これらの仕入れ先にはメリットだけでなく、デメリットがあります。

そのため、自分の仕入れスタイルに合わせて、うまく使い分けるようにしましょう。

ECサイト・フリマアプリ

ECサイト・フリマアプリでおすすめな仕入れ先は、

  • Amazon
  • 楽天市場
  • ヤフオク
  • メルカリ
  • ラクマ

の5つです。

おすすめの仕入れ先に「メルカリ」と記載したので「どうして?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

メルカリでは「不用品を早く売りたいだけ」という人も多く、相場よりも安く出品されていることがあります。

そういった商品を見つけることができれば、かなり安く仕入れができるので、おすすめの仕入れ先に加えておきました。

ECサイト・フリマアプリで仕入れるメリット

それでは、ECサイト・フリマアプリのメリットから見ていきましょう。

  • 場所・時間に関係なく仕入れができる
  • 商品数が多い
  • 人目を気にせずリサーチができる
  • 各サイトごとに相場があるのでメルカリとの価格差を見つけやすい

ECサイト・フリマアプリの最大のメリットは、場所・時間に関係なく仕入れができることです。

店舗仕入れであれば、自身の行動範囲内でしか仕入れができませんし、営業時間もあるので場所・時間の制限があります。

しかしECサイト・フリマアプリなら、ちょっとした隙間時間などでも仕入れができるので、副業としてメルカリ販売をする方にもぴったりな仕入れ先です。

また、商品相場というのはAmazonやヤフオクなどそれぞれのプラットフォームごとに存在するので、メルカリでの販売価格よりも安く仕入れられる商品が多数あります。

ECサイト・フリマアプリで仕入れるデメリット

続いて、ECサイト・フリマアプリのデメリットを紹介していきます。

  • 商品数が膨大なため、リサーチに時間がかかる
  • 商品が届くまでに時間がかかる
  • 実物を確認できない
  • ライバルが多い

ECサイト・フリマアプリのデメリットは、ライバルが多いことです。

手軽に仕入れができる反面、多くのライバルも存在するので、せっかく利益商品を見つけたとしても値崩れに巻き込まれるリスクがあります。

とはいえ、ECサイト・フリマアプリは商品数が多いので、しっかりとリサーチを行えば、ライバルの少ない商品を見つけることができますよ。

街中の実店舗

街中の実店舗でおすすめな仕入れ先は、

  • BOOKOFF
  • しまむら
  • ドン・キホーテ
  • ゲオ
  • TSUTAYA
  • ヤマダ電機

です。

もちろん、販売する商品によって利用する店舗は異なりますが、家電量販店・ディスカウントショップでは比較的安く仕入れができますよ。

街中の実店舗で仕入れるメリット

そんな実店舗で仕入れるメリットを紹介していきます。

  • 実物を確認できる
  • ライバルが少ない
  • 1店舗で大量仕入れができる
  • 商品が手元に来るまでのタイムラグが無い

実店舗で仕入れる最大のメリットとしては、ライバルが少ないという点です。

実店舗で仕入れをするライバルは、基本的にその近辺の人だけなので、ECサイト・フリマアプリよりも競争率は低くなります。

また、実店舗の中には、その地域にしか出店していない店舗もあるので、仮にその店舗で利益商品を見つけることができれば、ライバルに差をつけることができますよ。

街中の実店舗で仕入れるデメリット

続いて、実店舗で仕入れるデメリットを見ていきましょう。

  • 仕入れができる時間が決まっている
  • 居住地域によっては仕入れがしにくい
  • 店舗を回るので手間がかかる

実店舗のデメリットとしては、時間・場所の制限があることです。

実店舗には営業時間がありますし、直接店舗へ行かなければならないので、ECサイト・フリマアプリに比べると、手軽さはありません。

しかし、実店舗であれば多くの在庫数を抱えていることが多いので、欲しい時に欲しいだけ仕入れができますよ。

フリーマーケット

「フリマアプリ」ではなく、公園や開館などで開催される「フリーマーケット」もおすすめな仕入れ先です。

フリーマーケットではリサイクルショップなどの業者だけでなく、家庭の不用品を販売する人もおり、意外な掘り出し物が見つかるかもしれません。

フリーマーケットで仕入れるメリット

そんなフリーマーケットで仕入れをするメリットを紹介していきます。

  • ライバルが少ない
  • 隠れた利益商品が見つかる
  • 交渉ができる
  • 安く仕入れができる

フリーマーケットの最大のメリットは、隠れた利益商品を格安で仕入れられる可能性があることです。

フリーマーケットでの商品価格は安く設定されていることが多く、さらに販売者によっては価格交渉もできます。

そのため、お目当ての商品が格安で仕入れられることがあります。

さらに、フリーマーケットで仕入れをするライバルは、開催地域の周辺の人がほとんどなので、ECサイト・フリマアプリのような競争に巻き込まれる心配もありませんよ。

フリーマーケットで仕入れるデメリット

そんなフリーマーケットのデメリットを紹介していきます。

  • 商品数が限られている
  • フリーマーケットの開催日しか仕入れができない
  • 会場に行く手間がある

フリーマーケットでは不用品を販売する人が多く、多くの在庫を抱えている人はほとんどいません。

そのため、実店舗のようにお目当ての商品を大量に仕入れるのが難しいです。

とはいえ、複数の商品を仕入れることで、リスクを分散することにもつながるので、デメリットばかりではありませんよ。

メルカリで稼ぐための仕入れのコツ

メルカリで稼ぐための、仕入れのコツを紹介していきます。

  • リサーチで確実に売れる商品を見つける
  • 複数の仕入れ先を比較する
  • 仕入れではクレジットカードで支払う

このコツを実践することで、仕入れで起こりうる失敗を未然に防ぐことができ、なおかつお得に仕入れができるようになりますよ。

リサーチで確実に売れる商品を見つける

1つ目のコツはリサーチを入念に行い、確実に売れる商品を見つけることです。

そうすることで、商品が売れ残ってしまうリスクを回避できます。

メルカリの検索窓に商品名を入力すれば、出品中・売れた商品が出てくるので、価格帯や売れ行きを確認できます。

仮に利益率が良かったとしても、売れ行きの悪い商品は売れ残るリスクがあるので初めのうちはあまりおすすめができません。

メルカリ販売では取引実績や評価が重要なので、初めのうちは回転率の良い商品を中心に仕入れて、実績を積んでいくのがおすすめです。

複数の仕入れ先を比較する

2つ目のコツは、複数の仕入れ先を比較することです。

もしかすると、他の仕入れ先の方が好条件で仕入れができる可能性があるからです。

特に店舗仕入れをしていると、せっかく来たからとその店舗で仕入れてしまいがちですが、ECサイトやフリマアプリなどで安く仕入れができるかもしれません。

メルカリ販売で稼ぐには、限られた資金を効率的に運用する必要があるので、なるべく好条件で仕入れができる場所を探すようにしましょう。

仕入れではクレジットカードで支払う

3つ目のコツは、仕入れの代金をクレジットカードで支払うことです。

クレジットカードで支払えば、カードの明細が領収書として利用できるだけでなく、利用額に応じてポイントが貯まるからです。

例えば還元率1%のカードで1万円の仕入れをすれば、100円分のポイントが貯まることになります。

一回の仕入れで大きなポイントが貯まるわけではないものの、仕入れのたびにポイントが貯まるので1年間など長いスパンで見れば、多くのポイントを貯めることができます。

貯まったポイントで仕入れをすることもできるので、クレジットカードを検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、「メルカリ販売初心者の方が、メルカリで稼ぐための仕入れ先」について紹介してきました。

メルカリで稼ぐための仕入れ先には、それぞれメリット・デメリットがあるので、自身の仕入れスタイルに合わせてうまく使い分けるようにしましょう。

また、今回紹介した3つのコツを使うことで、失敗を未然に防ぎ、なおかつお得に仕入れができるようになりますよ!

とはいえ、今回紹介した仕入れ先には必ず「ライバル」が存在します。

実店舗やフリーマーケットはライバルが少ないとはいえ、ゼロではないので…。

ライバルがいると、

  • せっかくの利益商品を真似されてしまう
  • 価格競争に巻き込まれる

といったデメリットがあります。

しかし、当社の「ネット物販クラス」ならそんなライバルによるデメリットが一切ありません!

というのも、ネット物販クラスには独占契約している卸会社さんがおり、他のセラーが参入して来れないからです。

さらに、独占契約している卸会社さんがリサーチまでしてくれるので、あなたが行うのは利益商品を仕入れて販売するだけ。

このネット物販クラスの詳しい内容は、現在行っている実践ワークショップでお話しています。

気になる方はこちらの「無料LINE講座」からお申し込みください。

ABOUT ME
高橋 良多
専門学校を卒業後に牧場勤務。自宅でもできる仕事を探してメルカリ転売に取り組み、数ヶ月で月10万円の利益を達成。インターネットが苦手な初心者さんでも分かりやすい解説には定評があり、ネット物販で成果を出す方を献身サポート。月10〜20万円の副収入を得る人を多数輩出している。