ネット物販

メルカリの専用ページとは?注意点とトラブルの回避方法を解説

メルカリ

メルカリの専用ページについて

  • そもそも専用ページってなに?
  • どんな注意点がある?
  • トラブルの回避方法を知りたいな

とお悩みではないでしょうか?

専用ページはメルカリユーザーが独自に行なっている方法です。

そのためトラブルが多く、専用ページを作るのであれば注意が必要です。

そこでこの記事では、メルカリにおける専用ページとは、そしてトラブルの回避方法について解説していきます。

メルカリの専用ページとは?

メルカリの専用ページとは、特定のユーザーだけに向けた商品ページのことです。

よくメルカリで〇〇専用と記載されたものがありますが、これが専用ページです。

そんな専用ページについて深掘りして解説します。

メルカリで専用ページを作る目的

メルカリで専用ページを作る目的は、他のユーザーからの購入を防ぎ、特定のユーザーだけに販売することです。

例えば購入希望のユーザーと価格交渉を行い、値下げをしたとします。

その際、専用ページを作ることで、他のユーザーが購入してしまうのを防ぎ、価格交渉をしたユーザーにだけ販売できるんです。

値引き以外でも

  • まとめ売りしていたものをバラ売りに変更
  • 商品の取り置き
  • 着払いから送料込みに変更

といった場合に専用ページを作ることがあります。

とはいえ、専用ページは購入者にこそメリットがありますが、出品者側にはメリットがありません。

出品者としては商品が売れればよいわけで、誰に売るのかは重要ではないからです。

そのため、専用ページはあくまでも購入者のためのものといえます。

メルカリで専用ページは禁止されてる?

専用ページを調べてみると禁止と出てきますが、専用ページはメルカリで禁止されていません。

専用ページについてメルカリガイドでは下記のように記載されています。

専用出品は、お客さま間で独自におこなわれている出品方法です。

他のお客さまからの購入を防ぐために「xx専用出品」といった記載をするケースが多いようです。

しかしながら、メルカリは最初に購入した方と取引する仕組みとなり、専用出品をした相手以外の方が商品を購入される可能性もございます。

専用出品を希望される場合は、事前にお客さま間でよくご相談いただき、トラブルには十分ご注意のうえ対応をご検討ください。

引用:メルカリガイド

専用ページのトラブルに関する注意はありますが、禁止するとの内容はありません。

そのため、専用ページを作ったからといってペナルティになることはありません。

専用ページの作り方

メルカリで専用ページを作る方法は、商品タイトルに〇〇専用と入れるだけです。

ちなみに、専用ページはすでに出品している商品ページを編集して作ることもできますが、新しい商品ページで作る方がおすすめです。

その理由は、既存の商品ページを変更すると、「いいね」をつけたユーザーに通知がいってしまい、横取りされる可能性が高くなるからからです。

また、トラブルを防ぐためにも専用ページを新たに作った後には、必ず元の商品ページを削除しておくようにしましょう。

メルカリの専用ページには注意が必要

メルカリの専用ページでは以下の注意が必要です。

  • 他のユーザーに購入されることがある
  • 専用ページを作っても買われないことがある
  • トラブルが起きても自己責任

他のユーザーに購入されることがある

専用ページを作ったからといって、他のユーザーが絶対に購入しないわけではありません。

というのも、専用ページはあくまでもメルカリユーザー間でのローカルルールだからです。

つまり専用ページ自体に効力があるわけではないので、購入手続きを行えば他のユーザーでも購入できてしまいます。

とくにメルカリ初心者は専用ページの存在を知らないユーザーが多いので、専用ページの商品を購入してしまうケースが多いです。

他のユーザーに横取りされてしまえば、横取りされたユーザーからクレームが入ることもあるので注意が必要です。

専用ページを作っても買われないことがある

メルカリは丁寧な対応をしてくれる良心的なユーザーが多いですが、その一方で対応の悪いユーザーも少なからず存在します。

そのため、せっかく専用ページを作ったとしても商品を購入しない人がいるのです。

仮になかなか購入されない中待ち続けていても、時間の無駄になるだけなので注意が必要です。

トラブルが起きても自己責任

専用ページでトラブルになったとしても、メルカリはほとんど対応できないので自己責任になります。

専用ページで考えられるトラブルは、横取りされたユーザーからのクレームなどです。

しかし、メルカリはユーザー同士の話し合いに対応はできないので、自分で解決しなければなりません。

そのため、仮にトラブルになった時自分で解決できそうにない方は、そもそも専用ページを作らないのが賢明です。

専用ページでトラブルにならないためには?

専用ページでトラブルを避けるためには下記の対処法が有効です。

  • 相手がすぐに購入できるタイミングで専用ページを作る
  • いつまでに購入するのかを聞く
  • 他のユーザーが購入する可能性があることを伝える
  • そもそも専用ページを作らない

相手がすぐに購入できるタイミングで専用ページを作る

他のユーザーが購入するのを防ぐには、相手がすぐに購入できるタイミングで専用ページを作るのが有効です。

横取りされる場合の多くは、専用ページを作ってからしばらく時間が経っているケースです。

時間が経てば多くのユーザーが閲覧するわけなので、横取りされるリスクが高くなります。

そのため、購入希望者がすぐに買えるタイミングで専用ページを作れば、横取りのリスクを減らせます。

また写真を塗りつぶすなど、他のユーザーに商品詳細がわからないようにする方法もあります。

しかし、この方法はメルカリガイドの禁止行為にあたるので、やらないようにしましょう。

いつまでに購入するのかを聞く

専用ページの商品が購入されない時のために、いつまでに購入するのかを聞いておくのが大切です。

その期限を過ぎれば、専用ページを消して他のユーザーに販売できるわけなので、待ち続ける必要がなくなります。

そもそも専用ページは購入者にメリットはあれど、出品者にとってメリットはありません。

そのため、期限もあまり長いようであれば、専用ページを作らず他のユーザーに売ってしまうのがおすすめです。

他のユーザーが購入する可能性があることを伝える

専用ページを作ったとしても他のユーザーが購入してしまうリスクがあります。

そのため、もし他のユーザーが先に購入した場合には、購入者と取引をすることを伝えておくとよいでしょう。

もし他のユーザーが購入したからといって、取引をキャンセルした場合には、出品者がペナルティーの対象になります。

そのため、他のユーザーが先に購入した場合には、そのユーザーと取引をせざるをえないので、あらかじめその趣旨を伝えておくと安心です。

そもそも専用ページを作らない

専用ページはトラブルになるリスクがありますし、そもそも出品者にとってメリットがありません。

そのため、トラブルを避けたいのであれば、専用ページを作らないのがおすすめです。

時には他のユーザーに「専用ページをお願いします」とお願いされることがありますが、断っておくのが賢明ですよ。

まとめ

今回はメルカリの専用ページについて解説してきました。

専用ページは、特定のユーザーに販売したいときに役立ちます。

しかし、あくまでもメルカリのローカルルールなので、トラブルが多いデメリットもあります。

そのため、専用ページを使う際には注意点に気をつけ、トラブルを避けるようにしましょう。

メルカリで商品を高く売るコツはこちらで徹底解説しています。

ABOUT ME
高橋 良多
専門学校を卒業後に牧場勤務。自宅でもできる仕事を探してメルカリ転売に取り組み、数ヶ月で月10万円の利益を達成。インターネットが苦手な初心者さんでも分かりやすい解説には定評があり、ネット物販で成果を出す方を献身サポート。月10〜20万円の副収入を得る人を多数輩出している。
【無料LINE講座】オーダーメイド物販