WEBデザイン

コロナ後の給料が減らない職業ランキング

こんにちは、週末WEBデザイナーの小山です。

「WEBデザイナーは需要があるのか?」

というのは、多くの方が気にするポイントだと思います。

先日、おもしろいニュースを見ました。

デザイナーの需要

大手出版メディアNEWSPICKSの記事で、「データ分析:コロナ後の給料が減らない職業ランキング」という記事がありました。

実際のデータを元に算出したランキングですが、クリエイティブ職:WEBデザイナーの収入上昇率が金融関係についでなんと2位!

(しかも今流行りのプログラマーよりも上昇率が高い)

私がデザイナーを志した頃では考えられないです、、苦笑

当時はエンジニア、プログラマーが人気で、アプリ開発ができる人が重宝されていました。

が、今はデザイナーや動画編集などのクリエイティブな職種が人気とあります。

なぜWEBデザイナーの収入が上昇しているか?

というと、コロナにより、企業がデジタル改革(マーケティング部分でのオンライン対応、リモートワークでのオンライン化対応など)しており、その対応のために、様々な業界でWEBデザイナーなどのクリエイティブ職の需要が高まっているそうです。

つまり、高い給料を出してでもWEBデザイナーが求められている、ということですね。(こことても重要です)

これは転職市場のデータですが、もちろんフリーランス市場も伸びています。

私の周りのWEBデザイナーの仲間とも「4月頃から需要増えてるよね」という話をしていました。

実際、私自身も緊急事態宣言が出された4月頃から依頼が増えているなというのを感じていました。5月は今年で一番忙しかったですね。

デザイナーが求められる理由

コロナにより外出自粛になると人は家から出ません。

家から出なくなると必然的にインターネットへのアクセスが増えます。

そうすると企業はインターネットを経由して物を売らないと売れないので、インターネット上で商品を売るページを作ります。

そのインターネット上で物やサービスを売るページを作成するのがWEBデザイナーです。

このように今、WEBデザイナーが今世の中でかなり必要とされています。

ただし、、、

単にWEBデザイナーになっても「あること」をしなければ、なかなかWEBデザイナーとして収入を継続的に得ていくのは正直厳しいと思います。

これはぜひワークショップでお話したいので、ご参加いただいてシェアしたいと思います^^

7月の日程も更新しましたので、ぜひこちらからご確認いただいてご参加くださいね!
ワークショップはこちら

ではまた!

ABOUT ME
小山温
小山温
「未経験から2週間でWEBデザイナーへ」 がモットーの“週末WEBデザイナー”。 未経験からフリーランスのデザイナーになり、 現在も現役のデザイナーとして 企業や本著者、投資家、士業、スクール、 有名Youtuber関連のWEB、紙のデザインに携わる。 デザイナーとして活動を始めて7年、 クライアントからのリピート率は高く、 5年ほど新規集客なし、 紹介とリピートだけでビジネスを成立。 また、自由を確保するために効率化しつつも、 社員ゼロで毎年8桁の売上を作っている。
LINEで友達になりましょう

オンラインビジネスラボのLINEを友だち追加してもらうと、記事の最新情報や、LINEでしかお届けしない情報、ライブ配信の告知などが届きます。

まだ友だちになっていなければ、ぜひ登録しておいてください^^

LINEで友達追加する