WEBデザイン

WEBデザイナーにおすすめの資格10選!メリットや必要なのかを解説

WEBデザイン

「WEBデザイナーって資格は必要なの?」

「WEB制作会社の転職に有利な資格を教えて!」

という方向けに、WEBデザイナーにおすすめの資格を10選紹介します。

また、そもそもWEBデザイナーに資格は必要なのか?そして資格を取得することでどんなメリットやデメリットがあるのかまで解説します。

多くの会社で副業が解禁され始めたことにより、WEBデザインの勉強を初めて、副収入を得たり、WEBデザイナーとして転職する方が増えてきています。

WEBデザインの学習を始めるライバルの数も増えているので、これから学習して活躍したい方は、この記事で紹介している資格を取得して、他のWEBデザイナーとの差別化を目指してみてください。

WEBデザイナーに資格は必要なのか?

そもそもWEBデザイナーに資格は必要なのかというと、必ずしも必要という訳ではありません。

確かにWEBデザイナーとして就職や転職する際に、資格を保有している方とそうでない方では、スキルの信用面で差が生まれます。

しかし、面接官が最も重視しているのは、実際に作成したデザインをまとめたポートフォリオや、ここまでどのように学習してスキルを身につけてきたのかといった部分です。

実績やスキルにプラスする形で、資格の有無が関係してくるので、少しでも就職や転職を有利にしたい方は、この記事で紹介する資格取得に挑戦してみてください。

WEBデザイナーが資格を取得するメリット&デメリット

WEBデザイナーが資格を取得するメリットとデメリットを解説します。

WEBデザイナーとして稼いでいくために、必ずしも資格が必要な訳ではありませんが、解説した通り、取得するメリットは当然あるので、デメリットと共に参考にしてください。

メリット

まずWEBデザイナーが資格を取得するメリットは以下の2種類です。

  • 正しい知識と情報を習得できる
  • スキルや知識を証明できる

まず、WEBデザインの資格の勉強を始めると多くの方が実感することですが、正しい知識や情報は理解できていなかったということです。

資格を通して勉強することで、今まで疎かにしていた正しい知識と情報の習得に繋がるので、実際の現場で役立たせることができます。

そして、2つ目のメリットは、解説した通りスキルや知識を証明できることです。

資格を保有しているということは、スキルや知識の証明になるので、実際に作成したデザインポートフォリオと共にWEBデザイナーとしての権威性を高めることができます。

デメリット

反対にWEBデザイナーが資格を取得するデメリットは以下の2種類です。

  • 資格が必ず役立つとは限らない
  • 資格学習・受験にコストがかかる

まず、資格を取得したとしても、面接時に必ず役立つとは限らず、全く見てもらえない可能性があります。

なので、資格取得だけを目的に勉強するのではなく、資格取得によって得られる正しい知識や情報にも目を向けて受験を検討するようにしましょう。

次に、資格学習と受験にコストがかかることです。

コストは金銭面と時間の両方です。資格取得のために、WEBデザインの実践的な勉強や、実務を疎かにしてしまうのは、本末転倒なので、コストや得られるメリットを天秤にかけて、今取得するべきなのかまで検討して受験するか決めましょう。

WEBデザイナーが取得すると有利な資格8選

WEBデザイナーが取得すると有利な資格は以下の10選です。

  1. ウェブデザイン技能検定
  2. WEBデザイナー検定
  3. WEB検定 WEBデザイナー試験
  4. WEBデザイン・スペシャリスト
  5. WEBクリエイター能力認定試験
  6. Photoshopクリエイター能力試験
  7. Illustratorクリエイター能力認定試験
  8. アドビ認定アソシエイト
  9. HTML5プロフェッショナル認定資格
  10. マルチメディア検定

自分が目指しているWEBデザイナーに役立つ資格だけ取得してみてください。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、厚生労働省の指定を受けて実施している国家資格で、WEBデザイナーの資格の中では非常に認知度が高く、人気の高い資格です。

3級から1級まであり、試験は学科だけでなく実技も行われます。

なので、実務経験のない方は初級である3級のみ受験することができ、2級と1級は実務経験がないと実技試験に受かるのは難しいと言われています。

受講料は以下の通りです。

  • 1級:学科=7,000円、実技=25,000円
  • 2級:学科=6,000円、実技=12,500円(35歳以上)/7,000円(35歳未満)
  • 3級:学科=5,000円、実技=5,000円(35歳以上)/3,000円(35歳未満)

等級が上がるほど受講料が高くなります。

合格率は1級で81.8%、2級で49.7%、3級で73.7%ほどです。

実務経験があり本気で学習している方は1級でも合格率が高い傾向です。

ウェブデザイン技能検定

WEBデザイナー検定

WEBデザイナー検定は、公益財団法人 画像情報教育振興協会が実施しており、7月と11月に年2回行っています。

WEBデザインに関わる知識を総合的に学ぶことを目的に開催しております。

WEBデザインの技能だけでなく、HTML/CSS・JavaScriptを使用したコーディングスキルや、サイトの解析や運用なども試験内容に含まれているので、WEBデザイナーだけでなくコーダーやエンジニアの方にもおすすめです。

等級はベーシックとエキスパートの2種類があり、エキスパートまで保有すれば、WEBサイト制作に関する総合的な知識があると権威性を持つことができます。

受験料はベーシックが5,600円、エキスパートが6,700円です。

ベーシックの合格率は60%以上ありますが、エキスパートは36%と非常に難易度が高いので、受験する際は、スキルの見直しが必要です。

WEBデザイナー検定

WEB検定 WEBデザイナー試験

WEB検定 WEBデザイナー試験は社団法人・全日本能率連盟が実施している試験で、試験内容はWEBサイトの企画や設計・素材とデザイン・フロントエンド制作・プログラミングとなっています。

なので、WEBデザインだけでなく、コーディングやサイト企画・設計までWEBサイト制作の総合的なスキルを習得できます。

資格の有効期限は2年と短いですが、2年ごとにオンライン試験を受けることで資格を維持することが可能です。

受験の条件は特になく、受験料は10,800円です。

合格率は87%と非常に高いので、WEBデザイナーとしてのスキルを網羅している方は受験しても良いでしょう。

WEB検定 WEBデザイナー試験

WEBデザイン・スペシャリスト

WEBデザイン・スペシャリストはアメリカのITスキル標準に沿って開発された国際資格です。

このWEBデザイン・スペシャリストとeコマース・スペシャリストの2つの資格を取得することで、WEBデザイン・プロフェッショナルの総合資格が認定されます。

試験内容は、WEBサイト開発基礎からWEBデザイン要素、基本的なWEB技術、応用WEB技術まで網羅しているので、合格するには実務経験が必要になるでしょう。

受験資格は特になく、受験料は150ドルです。

全国のピアソンVUEテストセンターで試験を行っているので、以下の公式ページを参考にしてください。

WEBデザイン・スペシャリスト

WEBクリエイター能力認定試験

WEBクリエイター能力認定試験は、サーティファイWeb利用・技術認定委員会が主催する資格で、WEBサイトを制作するデザイン能力だけでなく、コーディング能力まで求められる試験です。

実務経験がなくても受験することができ、合格率が90%ほどと非常に高いのが特徴です。

等級にはスタンダードとエキスパートの2種類があり、どちらも知識問題と実技試験の両方があります。

受講料は以下の通りです。

  • スタンダード:7,500円
  • エキスパート:5,900円

WEBクリエイター能力認定試験は、HTMLやCSSのスキルも身につけて、コーディングまで行えるようになりたいWEBデザイナーの方におすすめの資格です。

累計で14万人以上の方が受験している、WEBデザインの資格の中で最も受験者が多いので、資格を何か取得したい方は、受験してみてください。

WEBクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力試験

Photoshopクリエイター能力試験は、株式会社サーティファイが実施する試験で、写真加工やWebデザインの作成に広く使用されているPhotoshopの操作技能を測定します。

PhotoshopはWebデザイナーが必ず使用するといっていいほど有名なソフトなので、この資格を保有しておけば、どんな時でも役立ちます。

合格率は72.3%ほどで、Photoshopのチュートリアルが終了した方であれば、難易度的に問題ないでしょう。

等級はエキスパートとスタンダードの2種類があり、受験料はエキスパートが8,600円、スタンダードが7,600円です。

Photoshopクリエイター能力試験

Illustratorクリエイター能力認定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験は、株式会社サーティファイが実施する試験で、Illustratorを活用したロゴやバナー作成などを、問題内容に従って実際にソフトを操作する実技試験で行います。

合格率は70%ほどと高いので、Illustratorの基本的な操作方法を理解して、イラストを作成したことがある方なら合格も難しくないでしょう。

等級にはエキスパートとスタンダードがあり、受験料はそれぞれスタンダードが7,537円で、エキスパートが8,556円です。

Illustratorのチュートリアルが終了した方が、力試しに受験すると丁度いいかもしれません。

Illustratorクリエイター能力認定試験

アドビ認定アソシエイト

様々なクリエイティブソフトを提供しているアドビが実施している、アドビ認定アソシエイトは、ソフトに関する知識やスキルがあることを証明できる資格です。

アドビソフトに精通している証明になるので、就職や転職の際に役立ちます。

PhotoshopやIllustratorなど提供しているソフト別に試験が別れており、いずれも受験料は18,900円です。

合格率は公開されていませんが、出題形式は学科試験ではなく、実際にソフトを操作する実技試験になるので、日頃からソフトを扱っている方であれば合格しやすいでしょう。

アドビ認定アソシエイト

HTML5プロフェッショナル認定資格

HTML5プロフェッショナル認定資格は、コーディングに特化した資格で、デザイン系の資格と共にコーディング資格まで保有してアピールしたい方におすすめです。

言語はHTML5・CSS・JavaScriptも含まれているので、WEBサイト制作に必要なコーディングスキルを網羅しています。

等級はレベル1とレベル2の2種類で、レベル2はマルチメディア技術に加えて、システム間の連携に対応したスキルを把握するので、実務経験がないと難しいでしょう。

試験は実際にコンピューターで入力する形式で、受験料は15,000円です。

合格率は8割ほどと言われていますが、実務経験がないと合格するのは難易度が高めです。

また、認定による資格の有効期間は5年間です。

HTML5プロフェッショナル認定資格

マルチメディア検定

最後にマルチメディア検定は、WEBデザイナー検定と同じ公益財団法人 画像情報教育振興協会が実施しており、WEBデザインの直接的なスキルではなく、画像や映像・音声を活用して、コミュニケーションを行う知識や技能を測定する試験です。

出題範囲としては、ユーザーインターフェイスや人間の感覚機能といったマルチメディアの基礎から、コンピューターの仕組み、マルチメディアの社会への応用まで、幅広い分野の知識を学ぶことができます。

等級にはベーシックとエキスパートの2種類があり、ベーシックは基礎知識の理解、エキスパートは専門知識の理解が必要です。

全てのWEBデザイナーの方に、マルチメディア検定をおすすめする訳ではありませんが、サイト構築におけるディレクターや発注者として活躍していきたい方に最適な資格です。

マルチメディア検定

WEBデザイナーはどうやって資格を勉強する?

ではここまで紹介したWEBデザイナーの資格はどうやって勉強するのかというと、一般的には以下の2種類の方法があります。

  • スクールに通う
  • 独学で勉強する

どちらの方法で勉強したとしても、資格を取得することはできますが、取得までの期間や、必要になるコストが変わります。

なので、それぞれの特徴を簡単に解説します。

スクールに通う

まず最も効率的に早く資格取得を目指せる方法は、WEBデザインスクールに通うことです。

通うといっても、現在は専門学校に通わなくても、オンラインで自宅で学習できるスクールがたくさんあるので、非常に便利です。

スクールに通うメリットは、実戦で活躍している現役のWEBデザイナーの方に学べることです。

独学で誰にも頼らずに勉強するよりも、より実践的な現場で役立つ知識を身につけることができます。

独学では挫折しやすいのがWEBデザイン学習ですが、スクールを利用すれば、分からないポイントをすぐに質問して解決できるので、挫折することなく勉強を続けることができます。

早くWEBデザイナーになりたい方や、資格を取得したい方は間違いなくスクールを利用して勉強することをおすすめします。

ただし、スクールに通うデメリットとして、当然ですがコストがかかってしまうことです。

専門学校では数百万円かかることもありますが、解説したオンラインで受講できるスクールを利用すれば、数万円〜数十万円までコストを減らすことができます。

例えば「週末WEBデザイナー」などオンラインスクールを利用して学習できる環境は整ってきているので、参考にしてください。

独学で勉強する

次に独学で勉強するメリットは、単純にコストがかからずに、自分のペースで勉強を行えることです。

スクールに通っている訳ではないので、自分のタイミングで勉強を進めることができます。

WEBデザイナーの先輩が運営しているWEBデザインの学習ブログやYouTube動画を活用すれば、独学でも効率的に学習を進められます。

また、無料の学習ツールとして、ドットインストールやプロゲート、Codeacademyなどが充実しているので、人によっては独学でも十分WEBデザイナーのスキルを身につけて、資格を取得できるでしょう。

もちろん独学にもデメリットがあり、問題を解決できないことや、学習モチベーションを持続できないことです。

スクールに通っていれば、いつでも講師の方に分からないポイントを質問して解決できますが、独学ではそうはいきません。

メンターサービスなどを利用しない限り、自力で問題を解決しないと行けないので、一度問題が発生すると、そこで挫折してしまったり、勉強を進められなくなってしまう可能性があります。

また、独学ではひとりで勉強を行わなければならず、スクールよりも勉強に時間がかかるので、モチベーションが持続できないデメリットもあります。

なので、コストをかけたくない方で、自分は独学でも絶対に挫折せずに勉強を続けられる、という方は独学で勉強しましょう。

まとめ

今回はWEBデザイナーにおすすめの資格を10選紹介しました。

「WEBデザイナーに資格はいらない」と断言する方もいますが、結論資格を持っている方と持っていない方では、確実に就職や転職時に差が生まれますし、資格の勉強過程で、知識の見直しやスキルアップを行うことができるので、できれば取得しておくことをおすすめします。

また、WEBデザインの資格取得の勉強を行う方法はスクールと独学の2種類があり、自分の性格や勉強にかけれる予算を元に、どの方法で勉強するか検討してください。

オンラインビジネスラボでは週末WEBデザイナーの無料LINE講座を行っております。こちらからご登録してくださいね。

ABOUT ME
小山温
「未経験から2週間でWEBデザイナーへ」 がモットーの“週末WEBデザイナー”。 未経験からフリーランスのデザイナーになり、 現在も現役のデザイナーとして 企業や本著者、投資家、士業、スクール、 有名Youtuber関連のWEB、紙のデザインに携わる。 デザイナーとして活動を始めて7年、 クライアントからのリピート率は高く、 5年ほど新規集客なし、 紹介とリピートだけでビジネスを成立。 また、自由を確保するために効率化しつつも、 社員ゼロで毎年8桁の売上を作っている。
【無料LINE講座】週末WEBデザイナー