WEBデザイン

WEBデザイナーの将来性とは?需要のある人材になるポイントを解説

WEBデザイン

「WEBデザイナーって今から始めても稼げるの?」

「WEBデザイナーの将来性ってどうなの?」

という方向けに、この記事ではWEBデザイナーの将来性はあるのかということから、習得しておくべきスキル、需要のある人材になるポイント、キャリアアップ方法を解説します。

これからWEBデザイナーを目指している方や、現在WEBデザイナーとして働いている方は、これから先もWEBデザイナーとして稼いでいくことができるのかは非常に気になることだと思います。

将来的にもWEBデザイナーとして活躍していきたい方は、この記事の内容を参考にして、スキルの習得やキャリアアップを考えてみてください。

WEBデザイナーの将来性はあるのか?

結論からいうとWEBデザイナーの将来性は非常に高いです。

しかし、WEBデザインしかできないWEBデザイナーの方は、将来的に低単価の仕事しか行えなくなり、収入が下がってしまう可能性があります。

どういうことかというと、WEBデザイナーの仕事はWEBサイト制作やランディングページ制作だけでなく、今はYouTubeのサムネイル制作や、SNSのアイコン制作など時代と共に仕事の内容が変化しています。

また、NoCodeツールといって、コードを書けなくても簡単にWEBサイトやWEBサービスを作ることができるツールによって、WEBデザインの仕事は将来的に少なくなることが予想されています。

もちろんNoCodeツールで作成できるWEBサイトのクオリティには限界があるので、WEBデザイナーの方が作成したデザインが必要になりますが、本当にスキルの高い一部の人にだけ仕事は流れてしまうでしょう。

WEBデザイナーが行う仕事の将来性は高いですが、この記事で解説するスキルの習得や、ポイントを意識していないと稼ぎ続けるのは難しいかもしれません。

新しいスキルの勉強や行動を止めない方は、将来的にも安心できるので、この記事を参考にして継続して取り組んでください。

WEBデザイナーが習得しておくべきスキル

WEBデザイナーの将来性としては、完全に仕事がなくなることは考えにくいですが、AIの発達によって、簡単なWEBデザイナーの仕事はなくなってしまう可能性はゼロではありません。

なので、現在WEBデザイナーとして働いている方や、これからWEBデザイナーを目指している方は、将来的に考えられるリスクに備えて、WEBデザイン以外の別スキルの習得を考えておくのが良いでしょう。

WEBデザインスキルと関係性が高く、収入を増やしやすいスキルは以下の通りです。

  • WEBマーケティングスキル
  • コーディングスキル
  • プログラミングスキル
  • 広告運用スキル

全てWEBデザインの仕事と関係し、より商流の高い提案を行えるようになります。

AIで簡単に魅力的なデザインを作れる時代になっても、クライアントの目的を数字として確実に達成できるデザインを作る能力は、奪われることはありません。

また、上記のスキルを身につけることができれば、今後WEBデザイナー人口が増えても、差別化ができ、自分だけのポジションを作りやすくなるでしょう。

WEBマーケティングスキル

WEBデザイナーが習得しておくべき、最もおすすめのスキルはWEBマーケティングスキルです。

WEBマーケティングは、WEB上で集客や販売を効果的に行うスキルで、WEBデザイナーがこのスキルを習得するとWEBサイト制作やランディングページ制作で成果を出しやすくなります。

WEBデザイナーの仕事はデザインを作成することですが、クライアントの目的は商品やサービスが売れるデザインや、お問い合わせや資料請求を獲得できるデザインです。

なので、WEBデザイナーはWEBマーケティングを理解しておくことで、クライアントの目的を達成できるデザインを作成できるようになれます。

成果の出るランディングページを作れるWEBデザイナーとして、実績を増やせば、シンプルなランディングページのデザイン案件でも、通常の何倍もの単価で受注できるでしょう。

驚くかもしれませんが、クライアントはランディングページから商品が売れるのであれば、いくら払ってもデザインを作成してもらいたいと考えるからです。

仮にデザイン作成だけで50万円かかったとしても、成果の出ないデザインに5万円払うよりも非常にお得です。

では、WEBマーケティングスキルを習得するには、どうやって勉強すれば良いのかというと、WEBマーケティングの基本が解説してある本を数冊読んでから、自分で実際に商品やサービスを販売することです。

基本が学べるおすすめの本としては以下の通りです。

具体的な方法としては、ブログを開設してアフィリエイト商品や自分の商品を販売したり、ランディングページを作成して広告運用を行なってみることです。

WEBマーケティングのノウハウは、実際に手を動かしたり、お金をかけて広告運用を行わないと中々身につきません。

最初は何から始めたら良いか分からないかもしれないので、すでに商品や広告が完成されていて、集客が行えれば売れる可能性があるアフィリエイト広告をブログで紹介することから始めると良いでしょう。

コーディングスキル

次に最低限習得しておきたいスキルとして、WEBデザインを形にするコーディングスキルがあります。

WEBデザイナーでコーディングまで行える方は非常に多くなっており、デザイン作成とコーディングまで一括で行うことが条件の仕事も増えています。

なので、将来的にはWEBデザイン作成だけで稼ぐのが難しくなることが予想されます。

WEBデザインスキルを習得したら、なるべく早めにコーディングをできるようになっておきましょう。

自分作成したデザインを形にできれば十分なので、それほど高いスキルは必要ありません。

WEBデザインのスキルを習得できた方は、そこまで時間をかけずにできるようになるはずです。

コーディングスキルのおすすめの学習方法は、有料のスクールに通うのではなく、まずは無料サービスを利用して始めることです。

おすすめのサービスは以下の通り。

どちらも無料から始めることができ、ステップバイステップで分かりやすく手を動かしながらコーディングスキルを習得できます。

プログラミングスキル

次に習得しておくと高単価の仕事が受注できるようになる、プログラミングスキルもおすすめです。

WEBデザイナーが行う仕事は、WEBサイトやランディングページ、アプリのデザインを作成することなので、プログラミングスキルのある方は、デザインだけでなくWEBサイトのカスタマイズやアプリ自体を開発できるようになります。

プログラミングスキルのある方は、もはやWEBデザイナーではなくWEBエンジニアといえるかもしれませんが、デザインスキルと関係性が高いのでおすすめです。

習得には時間と手間がかかりますが、プログラミングスキルのある方は将来的に稼げなくなる可能性を非常に低くできるでしょう。

広告運用スキル

最後に広告運用スキルがあると、ランディングページデザインの作成だけでなく、その後の運用まで一括で受注できるようになります。

ランディングページは広告運用を上手く行えるかによって成果が大きく変わってくるので、このスキルの重要性は非常に高いです。

また、広告運用にかける予算の数%〜数十%が運用手数料として稼げる可能性もあるので、ぜひ習得しておきたいスキルです。

広告運用スキルを習得するには、WEBマーケティングスキルで解説した通り、実際に自分で広告を運用することでしか身につかないので、自分でランディングページを作成して、実際に運用してみてください。

運用する広告としては以下の通りです。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • SNS広告

どれもWEBデザインの仕事と関係性が高く、ランディングページの広告運用に活用されています。

WEBデザイナーとして需要のある人材になる方法

将来的に稼げないWEBデザイナーにならないために、必要なスキルを解説しました。

具体的なスキルではなく、WEBデザイナーとして需要のある人材になる方法を紹介します。

結論、解説したスキルがあれば必ず稼げる訳ではなく、以下のポイントが大切になります。

  • ビジネス視点を持つ
  • 自分だけの強みを持つ
  • トレンドに敏感になる

依頼の途絶えないWEBデザイナーに当てはまる特徴でもあります。

ビジネス視点を持つ

まず最初に非常に大切なことは、ビジネス視点を持って仕事を行うことです。

ビジネス視点とは何かというと、クライアントが最終的に達成したい目的は何か、どれくらいの売上を上げる必要があるのか、コストは適切なのかなど、WEBマーケティングの領域にも近い視点のことです。

稼げるWEBデザイナーになりたい方は、ただ言われたデザインだけを作成する作業者でいてはいけません。

どんな仕事を行う場合でも、ビジネス視点を持ち考えて仕事を行うことで、その考えた経験が必ず役に立つ時がきます。

クライアントに提案を行う場面でも、普段からビジネス視点を持って考えている方と、ただ作業者になっている方では提案のレベルが全く違うものになります。

自分だけの強みを持つ

次に大切なのが、自分だけの強みを持ったWEBデザイナーになることです。

解説した通り、WEBデザイナーを目指す方は増えており、将来的にライバルがたくさんいる中で仕事を獲得していかなければならなくなります。

そうなった場合でも、自分だけの強みを持っている方は、他者と差別化が行えて、仕事を獲得できるでしょう。

例えば「美容品のランディングページが得意」や「広告運用まで全て対応できるWEBデザイナー」「イラストを活用したランディングページ作成が得意」など差別化できる内容で需要があればどんなことでも構いません。

最初は自分の強みが分からないかもしれませんが、経験を積んでいく内に、結果が出たジャンルや仕事に特化していくと良いでしょう。

トレンドに敏感になる

最後にトレンドに敏感になることも非常に大切なポイントです。

WEBデザイン業界にもトレンドがあり、常に情報収集を怠ることなくアンテナを張っておくことで、トレンドに乗ったデザインやマーケティング施策を提案できるようになります。

稼げないWEBデザイナーは、目の前の案件で精一杯になってしまい、最新トレンドの情報収集や新たなマーケティング施策の勉強を行なっていない場合が多いです。

WEBデザイナーの将来性を明るくするキャリアステップ

最後にWEBデザイナーの将来性を明るくするキャリアステップをいくつか紹介します。

解説した通り、WEBデザインスキルだけで一生稼いでいける可能性は高くないので、必ずステップアップしていく必要があります。

  • UI/UXデザイナー
  • フロントエンジニア
  • アートディレクター
  • システムエンジニア

どのキャリアステップも、WEBデザインの仕事と関係性が高く、ステップアップして収入を増やしやすい仕事です。

WEBデザインの経験を活かして、差別化もできるので、将来を見据えて早くから以下の仕事の勉強を進めておいても良いでしょう。

UI/UXデザイナーを目指す

UI/UXといって、ユーザーの利便性を向上して、より正しく情報を伝えたり、アクションを促すデザインを作れるUI/UXデザイナーを目指すのがおすすめです。

主にWEBサービスやアプリ開発でUI/UXデザイナーが必要になり、ユーザー体験を高める重要な仕事なので、WEBデザイナーよりも高い年収を狙うことができます。

しっかり成果を出せるUI/UXデザイナーの数は多くなので、高いスキルを身につけることができれば、フリーランスUI/UXデザイナーとして、複数企業と固定契約を結んで年収1000万円以上も不可能ではありません。

フロントエンジニアを目指す

コーディングスキルを習得して、コードを書くことに抵抗がない方は、フロントエンジニアを目指すのもおすすめです。

フロントエンジニアは名前の通り、WEB上の見た目をコーディングによって作る仕事で、HTML/CSSやJavaScript、PHPなどを活用して行います。

自分が作成したデザインをコーディングするだけでなく、WordPressのオリジナルテーマを作成したり、テーマのカスタマイズを行えるようになれば、高単価で仕事を行えるようになります。

アートディレクターを目指す

アートディレクターは、WEBサイトや広告のデザインを管理する責任者で、クライアントの目的を達成するために具体的に何をすべきかを理解できている必要があります。

企画をWEBデザイナーやコピーライターに正しく伝えて、管理しないといけないので、豊富な実務経験とビジネス視点が大切です。

ディレクターポジションで責任者になるので、高単価で稼げるようになります。

システムエンジニアを目指す

システムエンジニアはWEBのフロントを構築するのではなく、サーバー側のシステムを設計する仕事です。

フロントエンジニアよりも高年収の仕事が多く、システムの保守運用を行うことで固定収入を作ることも可能です。

WEBデザイナーとして、サイトのデザインが売上にどう影響するのか理解しているので、その経験はシステムエンジニアになっても役立ちます。

まとめ

今回はWEBデザイナーの将来性について解説して、習得すべきスキルと需要のある人材になる方法、キャリアステップ方法を解説しました。

結論、WEBデザイナーが行える仕事の将来性は高いのですが、新しいスキルの習得やキャリアアップを考えていないと稼げなくなってしまう可能性が高いので、この記事を参考にして、なるべく早めに行動を始めておきましょう。

オンラインビジネスラボではデザイナーになりたい方のために、週末WEBデザイナーの無料LINE講座を行っております。

オンラインで受講できますので、こちらからご登録してくださいね。

ABOUT ME
小山温
「未経験から2週間でWEBデザイナーへ」 がモットーの“週末WEBデザイナー”。 未経験からフリーランスのデザイナーになり、 現在も現役のデザイナーとして 企業や本著者、投資家、士業、スクール、 有名Youtuber関連のWEB、紙のデザインに携わる。 デザイナーとして活動を始めて7年、 クライアントからのリピート率は高く、 5年ほど新規集客なし、 紹介とリピートだけでビジネスを成立。 また、自由を確保するために効率化しつつも、 社員ゼロで毎年8桁の売上を作っている。
【無料LINE講座】週末WEBデザイナー