WEBデザイン

WEBデザイナーのやりがいとは?向いている人の特徴5つもご紹介!

こんにちは、週末WEBデザイナーの小山です。

「WEBデザイナーのやりがいは?」「WEBデザイナーの仕事で不満を感じることは?」という疑問がある方向けに、この記事ではWEBデザイナーのやりがいや仕事上の不満を紹介し、WEBデザイナーに向いている人の特徴を解説します。

WEBデザイナーは自分のスキルを形にできて、パソコン一つで行える仕事です。

オンラインで学習できる環境が整ってきたことから、独学でWEBデザイナーを目指す方が多くなっています。

しかし、目指してはいるもののWEBデザイナーの仕事内容や、やりがいがよく分からなかったり、不安がある方も多いことでしょう。

WEBデザイナーを目指している方が、知っておくべき内容を解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

WEBデザイナーのやりがいとは?

WEBデザイナーのやりがいは以下の通りです。

  • 自分のスキルを活かせる
  • 自分の作品を世の中に残せる
  • 様々な業界や企業を知ることができる
  • 実力があれば仕事に困らない

WEB関係のスキルの中でも、デザインはクライアントの売上に直結する要素であり、非常にやりがいを感じる仕事なので、WEBデザイナーを目指している人は以下を参考にしてください。

自分のスキルを活かせる

WEBデザイナーは自分のスキルを活かせることが魅力です。

勉強した技術や最新トレンドなどを、すぐに仕事に活かすことができ、成果を出せれば報酬も高めることが可能です。

習得したスキルを活かすことができて、成果や報酬に繋がるのはやりがいを感じる大きなポイントでしょう。

自分の作品を世の中に残せる

自分の作品を世の中に残せる点もWEBデザイナーの魅力の一つです。

自分の実績にできるか働き方によって変わりますが、物作りが好きな人や何か作品を公開したいと考えている人は満足できる仕事です。

もちろん自分の好きなデザインばかり作ることはできませんが、クライアントの目的を達成できる手段を考えて、最適な作品を制作できる楽しみはやりがいと呼べるでしょう。

様々な業界や企業を知ることができる

WEBデザインの仕事では様々な業界や企業のデザイン制作を行うので、色々な知識や経験を得ることができます。

WEBデザイナーはサイト制作だけでなく、様々な商品のバナー制作やYouTube動画のサムネイル制作、企業や商品のロゴ作成など様々な仕事を行います。

業種や業界に関係なく、色々な繋がりを作ることができるので、フリーランス独立する場合でも、転職する場合でも役立つ可能性があります。

WEBデザインから様々なビジネスを学んでいきたいと考えている人は、やりがいを感じられる仕事です。

実力があれば仕事に困らない

実力があれば仕事に困らないことも魅力です。

ただWEBデザインを制作できるだけでは、他のWEBデザイナーと差別化できないので、コーディングやWEBマーケティングなど関連するスキルを習得して差別化します。

WEBデザイナーの実力=クライアントの売上を増やせることなので、マーケティングスキルは売上に直結する重要なスキルです。

こういった実力のあるWEBデザイナーは、仕事が途絶えることもありませんし、魅力的な提案を行えるので、単価の高い仕事も獲得しやすいです。

WEBデザイナーの仕事で不満を感じること

WEBデザイナーの仕事で不満を感じることは以下の通りです。

  • 勤務時間が長い
  • 行う作業が多い
  • 給料が低い

それぞれ不満を感じる原因を解説します。

勤務時間が長い

もちろん勤める会社や働き方によって大きく異なりますが、WEBデザイナーは勤務時間が長いと言われています。

勤務時間が長くなってしまう理由としては、様々な作業工程ごとに納期が組まれていることや、デザイン制作とは関係のない雑務に時間を取られてしまうからです。

納期に間に合わせるために、やむを得ず残業しなければならない状況のWEBデザイナーは多いようです。

また、会社員として働く場合は、デザイン制作以外の雑務を任せられることも多く、自分の仕事を進められないと不満に感じるケースが多いです。

行う作業が多い

勤務時間が長くなる原因とも関連しますが、WEBデザイナーは複数の案件を同時並行で進めるような働き方が多く、単純に行う作業も多くなってしまいます。

デザイン制作の経験が少ない状態でWEB制作会社に入社すると、行う作業の多さに不満を感じてしまう可能性があります。

慣れてくれば複数案件を同時並行で進めても、パンクすることなくこなせるようになりますが、それまでは苦労することが多いでしょう。

給料が低い

シンプルに給料が低く不満を感じる方が多いです。

企業に勤めた場合のWEBデザイナー平均年収は約360万円ほどで、特別なスキルのある方や、大企業のインハウスデザイナーとして働く以外はあまり高年収を望めません。

給料だけをやりがいに仕事を行っていない場合でも、やはり仕事内容に見合った報酬を得れない場合は不満が溜まってしまいます。

WEBデザイナーとしてやりがいを感じるには?

WEBデザイナーとしてやりがいを感じるには、以下を目指すことをおすすめします。

  • WEBディレクターを目指す
  • フリーランスとして自分の名前で活躍する

WEBディレクターやフリーランス独立を目指すことで、より高単価の仕事を行えるようになりますし、下請けではなくクライアントと直接関われる仕事を行えます。

WEBディレクターを目指す

やりがいを感じるには、担当する業務を増やしたり、クライアントと直接やり取りすることが大切です。

WEBデザイナーやコーダーなど、様々な分野を担当するチームを組織するWEBディレクターを目指すことで、やりがいを感じれるはずです。

WEBディレクターはクライアントと直接やり取りを行い、全体の作業進行を管理する仕事で、自分でデザイン制作は行いませんが、デザイナーに指示を出して質を担保する必要があります。

WEBディレクターになるには、デザイン制作やコーディング作業など、クライアントワークの流れをよく理解し、豊富な制作経験が必要です。

また、WEBディレクターになることができれば、仕事の受注に集中して、自分で手を動かす必要がなくなるので、時間単価を高めることが可能です。

報酬面でもやりがいを感じれるはずなので、クライアントワークの経験を積んだ方は、WEBディレクターを目指してみてください。

フリーランスとして自分の名前で活躍する

フリーランスとして自分の名前で活躍することもおすすめです。

WEB制作会社や一般企業に勤めている場合は、制作したデザインを自分の実績にすることはできません。

しかし、フリーランスとして自分の名前で受注した仕事は実績にすることが可能です。

フリーランスの場合は、仕事を行うごとに自分の実績を積んでいけるので、高単価の仕事を獲得しやすくなります。

会社員としてやりがいを感じない方は、フリーランス独立を目指してみても良いでしょう。

WEBデザイナーに向いている人の特徴

最後に、WEBデザイナーに向いている人の特徴を紹介します。

  • 地道な作業が苦にならない
  • クリエイター気質の人
  • 客観的に考えられる人
  • 対面でのコミュニケーションが苦手な人
  • 日々スキルアップを行える人

そもそもWEBデザイナーにあまり向いていないような人だと、やりがいを感じることができず、いずれ嫌になってしまう可能性が高いので、自分の性格と照らし合わせて考えてみてください。

地道な作業が苦にならない

WEBデザイナーは自分の好きなカッコいいデザインやおしゃれなデザインを制作できる表面が注目されがちですが、実際には裏で非常に地道な作業を繰り返し行っています。

これはフリーランスとして働く場合でも、会社に勤める場合でも関係なく言える内容です。

フリーランスではクライアントとの細かいやり取りや書類関係の手続き、会社員ではWEBデザイン以外の様々な雑務など、華やかと思われがちなデザイン制作以外の作業が実際には多いです。

こういった地道な作業が苦にならないで継続できる人は、WEBデザイナーが向いているでしょう。

クリエイター気質の人

次にクリエイター気質の人もWEBデザイナーに向いています。

これはイメージしやすいと思いますが、WEBデザイナーはデザイン制作がメインの仕事となり、自分の作品を作って世の中に発信したい!と考えている人に最適です。

物作りが好きな人にとっては満足感の高い仕事になるでしょう。

客観的に考えられる人

クリエイター気質があり、同時に客観的に考えられることも重要です。

なぜなら、WEBデザイナーは自分が作りたいデザインを作るのではなく、クライアントの目的を達成できるデザインを作ることが仕事だからです。

客観的にデザインを見極めることができ、ユーザーの行動を促すことができなければ、結果に繋がらない自分よがりのデザインしか作れません。

クリエイター気質のある人は重要ですが、客観的に考えて自分のデザインに取り入れなければ稼げるWEBデザイナーにはなれないでしょう。

普段から物事を客観的に見て、考えられる人はWEBデザイナーになっても活躍できる可能性が高いはずです。

対面でのコミュニケーションが苦手な人

WEBデザイナーは基本的にオンラインでやり取りを行うので、対面でのコミュニケーションが苦手な人に向いています。

打ち合わせはチャットツールやZoomなどのオンラインビデオ会議ツールを利用して行われるので、実際に対面で打ち合わせを行うことはあまりありません。

コミュニケーションがあまり得意でない人でも、WEBデザイナーであれば問題ないでしょう。

また、パソコン一つで行える仕事なので、リモートワークやフリーランスとして自宅で働くことも可能です。

日々スキルアップを行える人

日々スキルアップを行える人もWEBデザイナーに向いています。

WEBデザイナーはデザイン制作だけでなく、ライティングやコーディング、プログラミングなど様々なスキルが関係する仕事です。

なので、日々新しいスキルを習得するために行動できる人は、今後デザイン制作の需要が変わったとしても活躍していけるでしょう。

まとめ

今回はWEBデザイナーを目指す方が知っておくべき、WEBデザイナーのやりがいや仕事上の不満を感じるタイミング、WEBデザイナーに向いている人の特徴を解説しました。

WEBデザイナーを目指す方が増えている今、実際にWEBデザイナーデビューしてからやりがいを感じられなかったり、不満ばかり溜まってしまうことは避けたいので、この記事で解説した仕事内容ややりがいを感じるポイントを参考にしてください。

ABOUT ME
小山温
「未経験から2週間でWEBデザイナーへ」 がモットーの“週末WEBデザイナー”。 未経験からフリーランスのデザイナーになり、 現在も現役のデザイナーとして 企業や本著者、投資家、士業、スクール、 有名Youtuber関連のWEB、紙のデザインに携わる。 デザイナーとして活動を始めて7年、 クライアントからのリピート率は高く、 5年ほど新規集客なし、 紹介とリピートだけでビジネスを成立。 また、自由を確保するために効率化しつつも、 社員ゼロで毎年8桁の売上を作っている。
【無料LINE講座】週末WEBデザイナー