マインド

なぜ情報発信ができないか?その理由と対策

オンラインビジネスラボの森です。先日少しブログに書きましたが、6秒動画SNSのVINEが生まれ変わってByteになったんですよね。

そのByteですが、収益化がついに解禁されたということでTwitterで話題になってました。Twitterってこうゆう情報収集ツールとしてかなり秀逸なんですよね。

Twitterをやる理由って単純につぶやくことだけではなくて、こうした新しい情報をさくっと知れるところです。最近だとコロナとかもそうですね。

そのジャンルの有識者の方をフォローするだけで、テレビなどの偏った見せ方とは違った、生身の知見がそこにあります。もちろんあらゆる意見には反対の声もあるわけで、その両方をフォローして見るのがいいですね。

Byteはこんな機能が始まるとのこと。

まずはアメリカからということで、こうゆう情報を先に掴んで誰よりも早く参入する。過去、いつの時代もこのようなメディアは流行り廃りがありますが、そうゆうアンテナたてて感度高い人は頭1つ抜けますね。僕もチェックします。

ブログ…メルマガ…書けない…

さて、では今日の本題へ。オンラインビジネスラボでは情報発信や、コンテンツ販売をお教えするクラスもあります。

基本的に僕たちがやってる個人ビジネスはコンテンツビジネスで、知識とか経験とかスキルをコンテンツにして販売したり、講座にしたりスクールや協会にして展開するというのが一般的です。

その最初のステップはプレイヤーとして結果を出すこと。そしてそこから情報発信してファン作り、コミュニティ作りという流れで、その次はコラボやジョイント・ベンチャーというのが王道です。

こうした流れをお教えする中で、よく耳にするのが、

「何を書けばいいか分からない…」
「情報発信って何すればいいか分からない…」

です。最初ってたしかにそうで、いきなり発信とか言われても無理!となります。僕もそう。でもこれは答えが決まってるので、この記事を読んでいるあなたはこのやり方を実践してほしいと思います。

答えから先に書きますが、「発信ができない」「何書けばいいかわからない」とう場合、多くは「インプットが足りてない」です。

書くこと=インプット

最近、ブログの更新頻度が高めですが、起業当初からブログもメルマガもやってるので、7年くらい?は発信しています。

その中で思うのですが、「書くこと=インプット」ということです。書くって本来、アウトプットですよね。でも書くことが習慣になると、インプットの質がまったく変わるんですよ。

たとえば同じセミナーに参加するとしても、ただ何も考えず参加する人、ノートを持って参加する人、セミナー資料作りをしながらセミナーに参加する人、がいたら、誰がもっともインプットすると思いますか?

それは「資料作りをしながら参加する人」です。この資料作りというのは、同じテーマで自分がセミナーを開くことを想定しての資料作りです。

つまり、

「アウトプット前提のインプット」

をしてるということです。映画を見る時も、漫画を見る時も、その内容を誰かに伝えなければいけないと思いながら見ると、まったく入ってくる情報量が違ってきます。

聞いたことがない単語が出てきたら調べます。話がつながらないところは質問します。帰ってからもググったり人に聞いたりして曖昧なところをつぶします。

このように「発信ありき」で聞く情報は、まったく質が変わるということです。

なぜ発信できないのか?

そこでこの問に戻るのですが、発信できない=アウトプットできないというのは、インプットしている量が圧倒的に足りてないからです。

またはインプットはしてるかもしれませんが、ただ聞き流して頭に残ってないと思われます。なので、同じ時間と労力をかけて学ぶのであれば、アウトプット前提で聞くことをおすすめします。

「知る」と「分かる」は違います。

「分かる」と「できる」も違います。

ただ知ってる情報に価値はないですし、それを理解して、実践できるところまで落とし込んではじめてその情報は価値を持ちます。

分かってる”つもり”になっていたら要注意です。セミナーとかでたまにいますが、

「それは前から知ってます」
「それ聞いたことがあります」

とかはあまり言わない方が良いです。なぜなら知ってるだけの情報に価値はないからです。

大量の情報を浴びよう!

まずは圧倒的なインプットです。頭にないことは当然ながら出せません。

「スワヒリ語で“ありがとう”と言って下さい」

と言われても多くの方が言えないと思いますが、それは情報が頭にないからです。なので発信するためにはまず知識のインプットからです。

あなたがビジネスをしている市場に関連する本は当たり前のように見ないといけないですし、新刊や流行ってるものなどは確実に目をとおした方がいいです。

僕はAmazonのヘビーユーザーでして、アンリミテッドも契約してますが、これとか月980円で読み放題なわけです。もう片っ端からダウンロードしてナナメ読みしてます。

あ、ちなみに、本の効率的な読み方とか興味ありますか?僕は1日1冊は読んでるのですが、ほぼ時間もコストもかけずに情報を入れてます。

僕の場合、プロデュース事業で色んなジャンルの先生と仕事するので、その市場の特徴や流行などは毎回勉強してるんですね。なのでわりとこのインプット術はは得意なところです。

で、本を読みますよね。読んで目が止まったところを深堀りです。それをテーマにしてブログを書けます。

さらにそのブログ記事を細切れにしてTwitterに投稿です。さらにそれを動画にしてYouTubeにアップです。

ブログ記事が溜まってきたら、「人気記事ランキング」とかをまとめてレポートにしてもいいですし、YouTubeもまとめてしまって動画レポートとかにして無料プレゼントにしてもいいですね。

僕は正確的に効率が悪いことをしたくないので、1つの行動で2も3もできるのが好きなんですね。なのでコンテンツ作りも常に一石二鳥を考えています。

コンテンツは使いまわせ!

コンテンツは使いまわした方がいいです。ブログに書いて終わってたらもったいない。YouTubeで話して終わってたらもったいないです。

何があたるかはわからないので、手数多く、とにかく量をこなすことが前提ですが、ブログ書いたら横展開。YouTube撮ったら横展開。これが鉄則です。

1つだけ使ってあとは捨てるとかもったいないじゃないですか?女性とかこうゆう使いまわしとか得意じゃないかと思いますが、どうですかね?主婦の方とか作り置きとか、あまった具材を他のものに転用したりしますよね。あの感覚です。笑

これって、、難しいですかね?

本を読む→気になったところをブログで掘り下げて書く→その内容を細切れにしてTwitterに投稿する→それを動画にしてYouTubeにアップする→メルマガでも流す

最初からいきなりは難しいかもですが、10回くらいルーティンしてやってみると、けっこう簡単にできると思います。もうこの流れとかは息を吸うように、お風呂に入るように、さらっとできるようになりましょう。

結局、好きじゃないと続かない

、、、とこうゆう話をすると、続けられるか不安という方もいるかもですが、それって「好きじゃないことをやってるから」という側面が大きいと思うんですよね。

やっぱりどんなビジネスでもそこに愛着がないと続かないですし、結果も出ないと思うんですね。僕はマーケティングが好きで、裏方として人のプロデュース側として仕事するのが好きなので、この仕事をしてます。

あとは人に何かを伝えたりするのも好きです。本気で変わってほしいと思うので、アツすぎると言われることもよくあります。笑(わりと普段と人が変わるみたいです)

オンラインビジネスラボをやってるのも、やっぱりインターネットが好きで、ずっとスマホ触ってますし、新しい情報を知るのも好きです。

僕がお金を使う基準は2つで、

・まだ知らない知見にふれる時
・海外に旅する時

です。知らないものを知った時って一番の快感なんですよね。アドレナリン全開になります。なので、僕は旅をしているんだと思います。

ビジネスでも同じです。「◯◯は終わった」的なことを言う人もいますが、どんなビジネスでもそこでお金が回ってるならビジネスとして成り立ちます。

でもそこに愛着があるか?本当に好きでやってるか?その世界で生きていく覚悟はあるか?と問いたいです。

見てる人は分かります。ビジネスって簡単じゃないし、毎回ヒットするなんてないです。失敗があって当たり前。でもその過程を楽しめないとダメですね。

その低空飛行の時を楽しめないビジネスなら最初からやらない方がいいと思いますね。バネは低くかがむから高く飛べます。そのかがむのがイヤとなるとかなりキツい、、

好きだから続くし、好きだから結果が出る。これは間違いないと思いますね。

まとめ

書けないのはインプットが足りてないから。
発信できないのはインプットが足りてないから。

インプットがすべてです。頭にない情報は当然、出せません。

書いていると頭で考えますし、考えるからさらに質も高まるし、これってダイエットとも似てるなと思いますね。

多くの人が情報を入れすぎて情報デブになってるのかもしれないですね。もっと出さないとどんどん肥満化します。情報をダイエットするためにも出さないとです。

「書けない…」とパソコンの前で唸ってるのは時間の無駄と割り切って、街に出ましょう。本屋にいきましょう。セミナーにいきましょう。インプットしましょう。

考えているのと、悩んでいるは別ですからね。考えているのはまだ良いですが、これって悩んでいるということなので、であればその時の思考で解決できることはないので、やり方をかえましょう。

あと、情報発信ビジネスの始め方についてはこちらの記事もご覧ください!

ABOUT ME
森公平
オンラインビジネスラボ代表。 年間10カ国を旅する自由なライフスタイルを実現しながらオンラインビジネスのスキルで複数の事業を経営する起業家。 ベストセラー作家や著名経営者などの教育プログラムも多数プロデュース。
【無料LINE講座】週末WEBライター