オンラインビジネスラボの森です。今日は情報収集について。

SNSにYouTubeにブログに、色んなところで情報に触れる機会が増えました。いつしかトレンドが生まれて、気づけば去っていきます。このサイクルも早い昨今。

ビジネスなど関係ない人たちは、ただその情報を受け取るだけで良いですが、僕たちは違いますよね。その情報を届けて、商品を売るという仕事があります。

今日はその「情報収集」を掘り下げて解説します。僕がおすすめの情報収集ツール、それはTwitterです。

Twitterを情報収集として使おう

これはTwitterのトップ画面です。僕の周りを見てもFacebookを使う人が多い印象ですが、僕のイチオシはTwitterです。

Twitterがオススメな理由1:シェアされやすい

Facebookならシェア、Instagramもリポストとかありますが、Twitterは最もシェアされやすいです。Twitterにはシェアする文化があって、気軽にさっとシェアできるんですよね。

Twitterにはいくつかアプリがありますが、僕は公式アプリを使ってます。

スマホで見たらこんな感じですが、ぱっと見たらそのツイート(投稿)がどれくらい拡散されてるか?どれくらいイイねされてるか?がすぐに分かります。

これならシェアが452回、イイねが2,873回ということ。わりと短い文章で、画像とかなくてもこれだけシェアされるので手軽です。

Twitterがオススメの理由2:他のSNSと比べて利用ユーザーが多い

Twitterって「呟くもの」と思われがちですが、本質は「情報収集のもの」だと思っています。

Facebookは短文の投稿を連投しづらいですし、インスタは写真と短い動画(ストーリー)がメインです。なので、情報収集としては微妙だと思っています。

でもTwitterは基本的に短い投稿を連投します。普段、その人が考えていることや、なにげない一言とかを拾えるんですね。

また、その拡散力があるからか、多くのビジネスマンや経営者、企業から芸能人まで、幅広いユーザーがいます。

今最新の、2020年3月度のデータを掲載します。

出典:ガイアックス ソーシャルメディアラボ

Facebookの2倍近くのユーザーがいることを考えると、集客を考えた時にも使った方がいいのが分かります。

ちなみにTwitterの年齢別ユーザー数で見るとこうなってます。

出典:ガイアックス ソーシャルメディアラボ

メインユーザーは20代、40代。次いで30代。20代は女性の方がユーザーが多く、40代は男性の方が多い。30代は半々くらい。

Twitterがオススメな理由3:今、世の中で何が話題なのか?がすぐ分かる

Twitterには「検索」ができる機能があります。

こうして検索から見てみると、

●なにが話題か?
●その話題に対しての世の中の反応

などが分かります。テレビや新聞だけの情報だとどうしても偏りがちなので、こうしたリアルな声も見たいところ。

Twitterがオススメな理由4:情報の整理もしやすい

Twitterの便利な機能に「リスト」があります。これは自分がみたいアカウントだけのリストを作ることができるのですが、たとえば、

これは僕が「英語」に関するリストを作っていて、ここでは英語のアカウントの投稿ばかりが流れています。

他にもこれは海外のニュースばかりが流れるリストもあります。

面白いことに、同じニュースでも日本と海外ではけっこう違ったかたちで報道されていることもあります。あとは英語の勉強です。笑

他にも投資系や、ビジネス系の人たちをまとめたリストもあります。こうしてリスト化しておくことで、時間があいてる時とかにまとめて見たりしています。

Twitterを始めてみよう

他にも色んな機能がありますが、まずはアカウントを作って、興味ある人たちをフォローしてみましょう。

まず10人くらいで良いので、フォローしてみると、何となくの雰囲気が分かるはずです。そして、つぶやかなくて良くて、見る専でいいので、情報収集として活用するのが良いですね。

芸能人から経営者まで、色んな人がTwitterやってます。こうゆう人たちにダイレクトで繋がれるって、よく考えたらすごいこと。

極端な話、、、、

トランプ大統領に直接メッセージを送ることだってできる。笑

トランプ大統領のTwitterとかけっこう面白くて、堂々とどこかの国のお偉いさんにキレたりしてますからね。笑 パフォーマンスだったとしてもおもしろい。

今の10代とかの子たちは、検索するのにGoogleを使わないことも多いと言います。それはGoogleの検索はSEO対策されていて真実ではないと思っているから。

そんなウソの情報よりSNSで検索して、「自分が知ってるあの人が言ってること」を優先すると言います。

食べログのヤラセ疑惑も話題になったこともあり、ご飯を食べに行く時もSNSで検索する人も増えました。僕の周りはインスタで調べて予約している人も多いです。

ビジネスだけでなくこうした私生活の情報収集としてもSNSは便利なので、使いこなせるようになりましょう。