副業を始める人が増えてきたことで、初期費用0円のネットを使った副業が流行り始めています。その一方で、身の回りのモノの整理も兼ねて転売やメルカリなどに出品する、などのモノを手放してお金を稼ぐ方法も活用されています。

その中でも以外に増えているのが、車を売って会社の給料以上のお金を稼ぐといった方法です。中古車でも車両や時期に寄れば、最低50万円、最高で300万円まで買取されています。車好きの副業として、今回は高額で売れる査定ポイントから業者がみる査定ポイントまでお伝えしてきます。

1.何で判断されるの?査定評価ポイントとは

車を買い換えようと思った時に、何も基準にして売却を考えているのでしょうか。車を売る方法は、今や多くありますが、一般的に言われているのが、ディーラーへの下取りです。

せっかく愛車を売るのであれば、できるだけ高く買い取ってくれる業社に依頼したいと思うのが、当たり前です。ですが、あなたが相場を知らないことで、市場に比べてかなり安い金額で、手放さなくてはならない状況になってしまいます。

あなたが相場を知ることで、そんな悲劇をまぬがれることができます。中古車の場合は、1台、1台の状態が異なることから、ピンポイントでその車の料金を出すことはできません。なので、「年式」「走行距離」「車種のグレード」によって、ある程度の金額を出すことができます。今回の記事では、「相場の調べ方」はもちろん、あなたに最適な売却方法を見つけてもらうための情報をご紹介させていただきます。

相場の調べ方についてご紹介させていただきましたが、実際に業社は何で金額を決めているのでしょうか。判断基準を知っていれば、あなたも提示された金額について少しは納得のいくことができるはずです。

・査定評価ポイント

  1. 年式
  2. 走行距離
  3. 車種・グレード
  4. ボディカラー
  5. 事故車もしくは修理歴の有無

上記の5つで評価ポイントが判断されています。しかし、一概に全てこの基準で見られているとは限りません。やはり中古車と言うこともあり、実際に車両を確認してからでないと正確な金額を出してもらうことはできません。補足情報として、以下の項目も確認しておくようにしておきましょう。

  1. 外装のへこみ、キズ、塗装状態
  2. 内装の汚れ、タバコの臭い、付属品の有無
  3. 社外パーツ、純正パーツ

できるだけ高く査定額を上げたいのであれば、純正のパーツを揃えていくことが大切です。メンテナンスノート(整備手帳)も提示することで、定期的に整備がされている車と業社が判断するので高く買い取ってくれる可能性も上がります。

2.なぜ事故車は売ることができないのか

売れないことはありませんが、査定額はかなり下がります。また、車のフレームが損傷したことがあり、修理に出した”修復歴有”の車は売れない可能性もありますので、認識しておきましょう。

また、確認しておくべきポイントは、廃車にするのであれば抹消登録をする必要があります。仮に手続きをしないでいると、車両が使われていることになり、余分に税金を収めなければいけない状況になってしまいます。さらに、廃車にする場合は、重量税や自賠責保険料が還付される対象です。なので、払い戻しを受けることができます。

3.車検切れの車は買い取ってくれるのか

車検切れの車を売ることができるのかと言った疑問は初心者の人であれば、気になるポイントです。たとえ車検を受けている車であろうが、切れていようが査定には特に反映されません。車検切れの車であっても、リサイクルすることもできるので、すぐに廃車にせずに買い取ってくれる業社はないか探していきましょう。

4.車を売却するための3つの方法

車を売却する上で、すぐに思い浮かぶのが以下の方法になります。

  1. ディーラーへの下取り
  2. 買取会社1社に査定を依頼して買取を行う
  3. 一括査定サービスを活用する

もちろんこれらの方法以外にも、個人で売買したり、オークションを利用する方法などもありますが、一般的ではないためオススメはできません。ご存知の通り、個人での取引やオークションは車だけに限らず、トラブルが非常に多く、あなたが損をする可能性も高くなることから、あまりオススメできません。今回ご紹介するのは、できるだけあなたにリスクのない方法です。3つの方法を詳しく見てきましょう。

4-1.ディーラーへの下取り方法

冒頭でもディーラーへの下取りだと、相場よりも安くなることをお伝えしていましたが、メリットも多いです。メリットをまとめてみると以下の通りです。

  • 下取りの際に手間がかからない
  • 新車の値引き交渉に使える
  • 下取りの際に手間がかからない

そもそもディーラーとは、販売店(ディーラー)が車の処分を代行する、あなたの手間を省くためのサービスです。あなたの手間とは、所有権などの手続きを行わないといけない関係から、複雑な書類手続きが必要となるため、ディーラーがその負担をあなたの代わりに行ってくれます。これにより、手続きの手間はもちろん、余計な時間も節約することができます。

・新車の値引き交渉に使える

下取りを行うことによって、現金を手元に入れるのではなく、次の新車を購入するための資金として当てることができます。つまり、下取り価格は新車の購入金額の値引き額になります。新車をできるだけ安く購入する方法は誰でも考えます。下取り価格を高くすることによって、値引き額を引き上げることができるので、新車の値段を交渉するのではなく、下取り価格を調整することで値引き交渉が可能です。

・極端に価値の低い車でも、価値がつく

ディーラーの下取りは、新しい車をあらかじめ購入することが前提なので、たとえ価値のない車でも値段がつくことは珍しいことではありません。車の価値が0円だったとしても、値引きの代わりに0円以上の価値で下取りを行ってくれます。このようなことは買取店では絶対にないことなので、廃車を専門としている業社でないと、価値のない車に値段をつけることはないでしょう。

4-2.買取会社1社に査定を依頼して買取を行う

中古車買取店で売却するメリットとして、以下のようになっています。

  • ディーラーの下取り価格と比べて、買取店の方が高く買い取ってくれる
  • あなたの納得する査定結果でなければ、売らなくて良い
  • 下取り金額は買取店の方が高い

傾向として、ディーラーへの下取りよりも、必ずとは限りませんが、買取専門店へ査定した方が高く売ることできます。下取りが車を購入してもらうことが目的になっていることに対して、買取は、買い取った車を転売して利益を得ることが目的です。買取専門店は競合が多い分、買取価格は上がっていっています。書類などの手続きなどの手間を惜しまないのであれば、買取専門店に査定を依頼した方がお得な金額で買い取ってもらうことができます。

しかし、デメリットとして、買取店は安く仕入れればそれだけ利益が多くなるので、安く査定されることがあります。1社だけではなく、複数の買取業社に査定を依頼して、見比べてみる必要があります。納得がいかないのであれば、売らなければいいだけの話です。

4-3.一括査定サービスを活用する

相場を調べるために、1社ずつに査定を依頼していくのは、時間も労力もかかり、非常に手間がかかります。そこで、一括査定サービスを活用することで、1度だけ車種情報を入力するだけで、各業社に査定依頼を送ることができます。また、一括査定サービスは、買取業社もあなたが他の業社に申し込んでいることを知っているので、自動的に高い査定額で提示されます。

なので、業社で競争させることで、高く金額を設定することができます。

しかし、デメリットも少なからずあります。

  • 申し込んだ数社から電話などで営業電話が入るため対応する手間が発生する
  • 1だけの査定ではないので、全ての査定結果を確認するのに時間がかかる

これらを踏まえた上で、活用するようにしましょう。

一括サイトを調べてみると、10社以上もありました。

  • ナビクル
  • ズバット車買取比較
  • かんたん車査定ガイド
  • カービュー
  • カーセンサー
  • 楽天オート車査定比較.com
  • 車選び.com
  • かんたん車査定NAVI
  • くるぷら
  • クルビア

上記のサイトから相場を調べてみて、比べていくようにしていきましょう。

5.サクッと買取相場を調べられる方法と高く売るための交渉術

実際にあなたが相場を調べていく上で行うことは、インターネットで検索してたり、アプリをインストールして調べていくと思います。はじめは1社ごとに熱が入り調べて行きますが、次第に考えていた以上に手間がかかることから、もっと手軽に相場を調べる方法はないのか、と考えているのではないでしょうか。ここでは、相場を調べていくために、アプリの特徴や解説だけではなく、個人情報を入力せずに査定相場を知るための方法をご紹介していきます。

5-1.車の買取手続きも可能「かしこく得する車買取ガイド」

このアプリの便利なところは、単純に相場を調べるだけではなく、”高価買取のコツ”や「今月の買取車種ランキング」などの査定情報も提供していることがポイントです。また、査定を受ける車両のチェックリスト機能もついており、査定の際に提示された見積もり金額や内容などを記録できる「査定メモ機能」が備わっています。 

上記の画面通り、買取業者満足度や今月の買取車種ランキングも確認することができます。さらに、車買取一括査定サイトの「ズバット車買取比較」を無料で活用することができます。

サイト名:ズバット車買取比較
URL:https://www.zba.jp/car-kaitori/

また、査定や契約の申込みを行うことも可能ですが、その際に必要になる書類も「チェックリスト」で確認することができるので、書類の不備や漏れがありません。スマホさえあれば、どこからでも無料で一括査定を行うことができます。

5-2.一括査定サイト ナビクル

個人情報の提示が不要の査定相場サイト「ナビクル」査定を行う上で、個人情報が必要とされる場面が多く、ほとんどの車査定サイトは個人情報の提示を求められます。その一方でアプリが個人情報を必要としないことでアプリで査定を依頼する人も増えています。いまの情報社会では、個人情報の取り扱いには非常に注意しなくてはいけません。そう認識している人ほどアプリを活用していますが、査定に正確性がないことから、アプリを使っていない人も多いです。そこで信頼性のある車査定サイトである「ナビクル」がオススメです。

サイト:ナビクル
URL:https://www.navikuru.jp/souba/

ナビクルは、ラジオでもCMが流れていることから、知っている人も少なくありません。そんなナビクルですが、無料で査定依頼ができます。査定サイトの中でには、はじめは無料と記載されながらも、後になってから依頼費を請求する悪質な業社も確認されています。こういった業社に引っかかってしまうと、査定だけであなたが損してしまうことになります。ナビクルなら悪質な業社に個人情報も提示することなく、無料で対応してもらえるので安心して依頼することができます。

査定の依頼は申し込みフォームを入力することで、1度に最大10社へも依頼が可能です。申し込みも24時間どこでも依頼できます。

ナビクルのもう一つの特徴は、買取のことに対して知識がなくても、あなたの役に立つ”お役立ち記事”を見ることができます。査定に関する記事はもちろん、”帰省ラッシュ、渋滞する原因は?”などの査定だけの情報を提供しているだけではありません。

5-3.めんどくさい営業電話もなし!Goo買取

サイト:Goo買取
URL:https://auction.goo-net.com

Goo買取は「ナビクル」同様、車買取一括査定サイトです。このサイトを活用したことで、営業電話がなくなったという意見が多く上がっています。Goo買取は、電話番号を入力する箇所がないことから、こちらから連絡しない限り、電話番号を知られることはありません。なので、営業されたくない方向けのサイトです。相場を調べる際には、11項目を入力する必要があります。

  • メーカー名
  • 車種名
  • 年式
  • グレード
  • 排気量
  • 車体色
  • 走行距離
  • 次の車検日
  • 売却検討状況
  • 郵便番号
  • メールアドレス

これらの項目を入力することであなたの車の相場を確認することができます。情報量が多い分、査定もしっかりしていますが、実際は「安め」に設定されています。

その理由は、実際に車両を見てみないと、傷やオプションの関係もあり、正確な数字が出せないためです。インターネットを活用することによって、簡単に調べることができますが、どうしても業社が直接確認しないことにはわかりません。

6.できるだけ高く買取をするためのノウハウ

ここでは、あなたの車を少しでも高く査定してもらうための準備すること、と気をつけておくべきポイントを抑えていきましょう。

6-1.買取相場を把握する

これまでご紹介させていただきましたサイトを活用して、買取相場をあらかじめに調べるようにしておきましょう。あなたの車が現在どのくらいの価値があるのかを把握しておくことで、買取業社と売却金額の交渉を行うことができます。営業マンも安く仕入れたいと考えているので、”あなたが相場を知っているのか”、ここが営業マンの気になるポイントです。なので、あなたが相場も調べていない状態で、なおかつ営業マンにすべて任せっきりであれば、買取金額も安くなります。ここでの注意点は、相場をサイトで調べたとしても、その金額はあくまでも相場なので実際に査定を行わないとわかりません。相場よりもあまりにもかけ離れた金額を提示された際に、交渉してくようにしましょう。

6-2.査定額を上げるための隠し技裏技

中古車の査定額を上げるためには、買取業社同士で価格競争させる必要があります。これが一括査定のメリットでもありますが、そのほかにも査定額を上げる方法があります。当たり前なことですが、あなたの車の印象を上げるためには、車内やボディなどが綺麗な方が営業マンが見たら、印象はよくなります。ここでもう一歩踏み込んでよくチェックして欲しいのが、車内の臭いやシールの跡、フィルムを剥がした跡などをしっかり拭き取っておくようにしましょう。こういった細かいことが、今まで大事に追ってきたんだなという印象を与えることができるので、査定のプラスになることは積極的にアピールするようにしましょう。

7.買取金額の交渉ポイント

ここまで査定額を上げるためのポイントを抑えてきましたが、それらを踏まえた上で、最後の交渉に入ります。まず、すぐに契約せずに数社と交渉していき、少しでも金額が上げてくれそうな業社を探していきます。一括査定サイトと同じ、高い金額を提示してくれた上位2社を競わせることでより高い査定額にしていきます。

流れとしては、2位の業社へ1位の業社の見積もりを伝えることで、もっと高くならないか、という具合に尋ねるだけです。金額が上がれば、同じことを1位の業社に伝えます。交渉と言ってもこのようにあなたは質問していくだけなので、変なプレッシャーも感じずに気楽に交渉を行うことができます。

しかし、上位2社とも金額が上がらない場合も出てきます。その時はその金額が限界なのかもしれません。また、業社から”希望の金額はいくらですか”と質問される場合があるので、その時は相場の1万~2万プラスして伝えるようにしましょう。

ここであなたの希望額で業社が買い取ることになった時は、すぐに車を渡せるようにしておかなければいけません。仮に明け渡しが1ヶ月後などになってしまうと、相場も変動してくることがあるので、すぐに渡せるように書類なども準備しておくことがポイントです。数社と交渉をしていくうちに、希望通りの金額が提示されたことからすぐに契約を結びますが、1度契約をすませてしまうと、基本的にその契約を取り消すことはできません。さらに気をつけるポイントは、契約の取り消しの際に違約金が発生する可能性も出てきます。なので、契約する際には良く考えておく必要があります。

7-1.車を売るならタイミングが肝心!高く売れるその理由とは

車を売るならできるだけ高く売りたい、あなただけでなく、誰しもそう考えています。高く買い取ってもらうために、査定ではあなたがいかに交渉するのかにかかっていました。実はあなたがどのタイミングで車を売るかで大きく買取金額が異なってきます。今売りたいと考えているのであれば、今回の内容をチェックしてからでも遅くないかもしれません。買取金額はタイミングを少し変えるだけでも驚くほど金額が高くなったりします。それでは得する売却方法を見てきましょう。

7-2.ズバリ1番高く売れる時期は1月〜2月

中古車の市場価格は、季節的な要因の影響を受けやすく、需要量も大きく変化していきます。1年の中で1番多く車が売れるのが1月~2月と言われています。これは中古車市場の繁忙期が1月中旬から3月中旬となっています。車の販売が3月に最も活発になり、販売者側からすれば、3月までに販売をするために、2月に多くの車を揃えるためです。

月別販売台数を計測している”日本自動車販売協会連合会”が発表しているデータによると、2017年では最も多く販売している台数は3月で69万台となっています。なぜ3月になると、ここまで販売数が多くなっていくのでしょうか。それは就職などの新生活がスタートするタイミングに合わせて新しく車を購入する人が増えていくからです。 

引用:http://www.jada.or.jp/contents/data/type/type00.html

また、転職や転勤の関係で9月になるとまた車を購入する人が増えていきます。その証拠に9月では、49万台となっています。3月ほどではありませんが、1年間で2番目に販売台数が多くなる月になります。やはり、売れる時期に備えて買取業社や中古車販売業社は売上を伸ばすために、在庫を増やそうとします。これらのことから販売会社が在庫を確保したい1月~2月が最も買取りたい時期になります。また、3月と9月が買取業社の決算期であることから、ライバルとの競争が激化するので、とにかく在庫を確保することに必死になるので、多少金額が高くなっても買取ってくれます。

7-3.買取金額を高額にするにはモデルチェンジ前に売る

新型車が販売されるようになると、多くの消費者は「乗り換え需要」が高まって旧型のモデルが中古車販売店に多く並んでしまうので、供給過多になり相場が下がっていきます。競合がモデルチェンジをすると、相対的に両車の相場も変動していきます。しかし、フルモデルチェンジする情報が先に入手できていればいいのですが、そのタイミングを見分けるのが非常に難しくなっているのが現状です。モデルチェンジが多い月などは特に決められていません。目安として、販売開始から1~2ヶ月前から販売が開始されます。こういったモデルチェンジがある場合は、ディーラーから消費者に販売日の1ヶ月前に告知しないといけない決まりがあります。

7-4.走行距離と年式で査定額が高くも低くもなる

1年間で走行する距離を自動車業界では、平均して1万キロと定められています。たとえば3年間乗車して、走行距離が1万キロであれば少なく、5万キロであれば多いと査定業社も判断します。そのことがダイレクトに査定に響くわけではありませんが、一般的に考えて走行距離が多いと部品の消耗が激しくなっている可能性が高くなると考えられます。

ですが、現在の技術は進歩しているので、10万キロ走ったとしても壊れにくくなっています。実際に故障したと依頼を受けて調べて見た結果、エンジントラブルではなく、バッテリーなどの不具合が原因でした。なので、どれだけ走行しようとも、査定額にはあまり影響が出ないとされていますが、車両の状態にもよるので、10万キロになる前に売却する方が金額が低くなるリスクは回避できると考えれられています。

これは年式にも当てはまります。年式が古くなれば、古くなるほど査定額も下がっていきますが、フルモデルチェンジがあったとしても、古い年式の車にプレミアがついた場合は、査定額が大幅に上がるケースもあるので、状況しだいでは査定額が変動してしまうので注意が必要です。

8.売却するときに必要な書類 〜普通車と軽自動車の違い〜

車を売却する手続きに必要な書類は普通車と軽自動車で種類も枚数も変わってきます。ここでは車をスムーズに売却するために必要な書類をお伝えしてきます。

8-1.普通自動車の場合に必要な書類

・準備する書類

  1. 自動車検査証(現在住所、氏名を確認)
  2. 実印
  3. 印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの)
  4. 自賠責保険証明書 
  5. 自動車納税証明書(有効期限は必ず確認)
  6. 振込口座情報
  7. リサイクル券(預託済みの場合)

※自動車検証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は、以下の書類も必要になります。

  • 住所変更が1度あった場合:住民票を提示
  • 住所変更を複数回ある場合:戸籍の附票、もしくは住民票の除票を提示
  • 姓が変わっている場合(結婚した場合など):戸籍標本
  • 店舗で作成される書類

譲渡証明書

委任状

8-2.軽自動車の場合に必要な書類

・準備する書類

  1. 自動車検査票(現在住所、氏名を確認)
  2. 自賠責保険証明書
  3. 軽自動車納税証明書(有効期限は必ず確認)
  4. 印鑑(認印可)
  5. 振込口座情報
  6. リサイクル券(預託済みの場合)

・店舗で作成される書類

自動車検査証記入申請書

※自動車検証の住所が違う場合は、以下の書類も必要になります。

  • 住所変更が1度あった場合:住民票を提示
  • 住所変更を複数回ある場合:戸籍の附票、もしくは住民票の除票を提示
  • 姓が変わっている場合(結婚した場合など):戸籍標本

まとめ

今回は、車を売って会社の給料以上のお金を稼ぐ方法をご紹介させていただきました。副業初心者は、収入になるまで続けることができないことから挫折してしまいます。会社の給料以外でお金が入ることが当たり前になっていることから、自分でお金を稼ぐ感覚がありません。副業初心者は不用品を売ることから始まります。乗らなくなった車を売ることで、会社の給料以上のお金が入ってきます。これから副業を始めるいいキッカケとしてまずは高い金額で車を売却していきましょう。