今回は起業・フリーランスに問わず、これからビジネスを始めていくためのビジネスマインドをお伝えしていきます。これからお金を稼いでいくにあたって、消費者はどんな商品にお金を払っているのか、またこれからあなたがビジネスを継続していくために必要な5つの基準もご紹介してきます。

1:ビジネスには”難易度”があることを知る

副業からビジネスを始める人が増えている中で、共通しているテーマが「好きをビジネスにする」ことです。好きなこと、興味のあることから始めていくことでビジネスを楽しみながら出来る秘訣でもあります。

ただし、ビジネス初心者、上級者に限らずこれから行うビジネスによって失敗率がかなり大きくなります。ビジネスを成功させている人の傾向としては、儲かるビジネスしかしていません。自分が何をして稼いでいくのか、具体的に考えていく必要があります。ビジネスを選ぶ際には次の5つの条件を満たしているかどうかで判断していきます。

1-1:小資本

初期投資が少ないビジネスを始めることです。ビジネスでやることは決まっていて、商品やサービスを提供することです。この商品やサービスを提供する時にかかる費用やラーニングコストなど始めるだけで100万かかるビジネスはあまり好ましくありません。まずはコストがかからないビジネスから始めることが、失敗した時のリスクを軽減することが出来ます。

1-2:無在庫

在庫を必要としないビジネス、あるいは少ない在庫で始められるビジネスのことです。転売など物販が在庫を抱える必要が出てきます。商品の売上を上げていく際には、それだけ在庫を抱える必要があります。また商品の大量仕入れにより、在庫を置く場所を確保していかないといけません。

1-3:高利益率

ビジネスを成功させていくためには、利益率が大きく関わってきます。たとえ10万円の商品を売ったとしても、利益が100円ならそのビジネスを続けていくのは困難です。利益率の高い商品を販売していくことで、それだけ収益を上げていきます。

1-4:ストック性

ビジネスを始めるのであれば、自分が作成した商品が資産になっていくビジネスモデルを選ぶことが必須の条件になっていきます。1度でもお客さんと取引するとその関係性からまた商品を購入してもらえる仕組みづくりができるのがストック性が高いビジネスの特徴です。

1-5:成長産業

銀行は今の時代は成長産業ではなくなっています。産業自体が成長していけば、参入するとうまくいきやすい傾向があります。これからビジネスを始めるのであれば、これから伸びていく産業に参入していくことがビジネスを決める1つの基準になっていきます。

2、始めは誰しも失敗する

ビジネスには失敗がつきものです。特に新参者は失敗する確率が高くなります。すでに飽和している市場や稼げる市場は、稼げる人と稼げない人で極端に別れます。その理由は、お客さんが商品を購入する判断基準として”実績がある”ことが大前提です。この実績を作るためにかかる時間や労力に挫折していく人が失敗していきます。

また良いビジネスほど始めは儲からない傾向があります。長期間も儲からないからみんな脱落していき、その中でも続けていく事で儲けられるようになっていきます。

この儲からない期間、赤字が続く期間が続いた時にどのように考えるかであなたが「起業家思考」か「労働者思考」かがわかってきます。

労働者思考:労働量の分だけ対価をもらう考え方

起業家思考:高い利益が見込めるなら時間をかける考え方

これから始めるビジネスを選んでいくときは、5つを基準して考えていくことで続けられるビジネス見つけていきましょう。そして、続ければ続けるほど楽になっていくビジネスつまりストック性の高いビジネスを重視することが、稼げるビジネスのポイントになります。

3、資金がないならアイデアで勝負する

5つの基準からこれから始めるビジネスが決まっても、資金がないから活動していけない、資金力のない起業家を大勢知っています。その場合、あなたのビジネスアイデアを売って資金を集める方法もあります。

商品企画やアイデアだけで勝負できるソーシャル・プロダクトのサイトもあります。例えば、商品の企画書を投稿してアイデアが認められたら、販売までの資金を提供してもらえます。これらのようにクラウドファンディングなどを活用して資金を集める手法も取ることができます。

投資家になりたい人は世の中には大勢いて、まだ世の中に実現できていないアイデアに出資をしています。そのために投資家になるためのプラットフォームもあります。

ファンディーノ:https://fundinno.com/

4、あなたの事業が億単位で売却される

あなたが始めた会社やその事業を売却することができます。作成期間2年のサイトが3億円で売却された例もあれば、28億円でYouTubeチャンネルが売却された事例もあります。最近ではZOZOの社長であった前園社長が事業を2000億円で売却しました。グーグルなどで検索してみると事業の売買は頻繁に行われています。事業売却と聞くと大手企業だけの話に限らず、大企業が個人の事業や資産を売却するケースもあります。

5、儲かるビジネスを見つけるために必要な考え方

総務省が試算した6.4%という数字があります。この6.4%は今ある会社が10年後に生き残っているかどうかの数字のことです。この数字からビジネスを継続していくことが難しいと考えるのが自然かも知れません。

これは市場の新陳代謝が早まっていき、94%の会社が潰れればそれだけ新しい会社が生まれている証拠です。市場にとって良い会社が残っていることになるので、市場全体で見ると良いことが起きています。

なぜ94%の会社が潰れていくのか、その理由は今と昔ではマーケティング戦略が変わってきているからです。昔はテレビの信頼性がありTVCMで広告を流せば、商品が爆発的に売れるようになりました。しかし、世の中に物が溢れてきたことで物が売れない時代に変わっています。

ネットが普及したことで一般消費者にも情報が得られるようになり、TVの信頼性が個人の信用に移りました。今ではマイクロインフルエンサーのような信用残高を増やす時代になっています。

6、これから儲かるビジネスモデル

オリジナリティを高めて売る商品は新しさと実用性を兼ね備えているビジネスが儲かります。

旅行先で部屋を借りたい人と貸したい人のマッチングサイトのAirbnb(エアビーアンドビー)が当時市場に参入してきたときは斬新すぎて上手くいくのか、と否定的な評判ばかりでした。しかし、今では世界191カ国300万件以上の物件があり、通算1億5000万人以上が利用しているサービスにまでなりました。

たとえ個人が新しく実用性のある商品やサービスを作ったとしても、資金力のある大企業が先に作ってしまう、ということを考えてしまいます。しかし、大企業が新しいジャンルや業界に参入し始めると、大企業であっても新参者には変わりないので上手くいくとは限りません。むしろ、失敗しているケースの方が多いです。そのため大企業はすでに上手くいっている事業を個人から買収する方がリスクも少なく、効率的な方法を取ります。

7、信用がものを言う時代で成功するために

今の時代で起業家や個人など関係なくビジネスを成功させている人は、信用残高があります。特にマイクロインフルエンサーが信用を獲得している時代です。マイクロインフルエンサーとは、InstagramやTwitter、YouTubeのフォロワー数が5000人以上を抱えるユーザーのことを言います。 

引用:https://ferret-plus.com/5736

マイクロインフルエンサーの影響力は大きく、1回の商品宣伝で200万円の売上を上げることができています。大手化粧品会社が女子高生のマイクロインフルエンサーに1回の広告のために20万円を支払っています。マイクロインフルエンサーはこのような案件を月10件も抱えています。

これは極端な例ですが、信用があることで影響力を評価されてビジネスを展開することができます。初めからマイクロインフルエンサーを目指すことは現実的ではないので、個人が信用を勝ち取るための方法をお伝えしてきます。

8、信用残高を増やす「情報発信」

これからのビジネスは、どれだけ信用を持っているかで売上が大きく変わってきます。それだけではなく、信用を集めることが1番のリスク回避になります。仮にあなたのビジネスが失敗に終わったとしても、これまでに手に入れた信用があればいつでもやり直しが効きます。あるテレビ番組でホリエモンが「信用で100万円は作れるが、100万円で信用は買えない」と言っていました。今の時代は広告を打てば何でも売れた時代ではなく、信頼残高を増やすことがビジネスを成功させるための鍵になります。ここから信用残高を増やす情報発信ツールをお伝えしてきます。

・SNSで稼ぐ

「SNS消費」という言葉が存在するように、Twitter、Facebook、Instagram、YouTube

を活用して収益を上げることが現代では当たり前の時代になっています。SNSからセミナーや情報商材を販売したり、リスト取りをしてバックエンドの販売にも繋げています。

また、情報を販売する他にも商品やサービスを宣伝することでも収益を上げることができます。SNSでビジネスを展開していくために必要なことは、どれだけのファンがいるかに左右されます。Twitter・Instagramならフォロワー数、youtubeならチャンネル登録数とこれらのファン数で影響力が図られます。

・メルマガで販売する

個人も法人もメールマガジンを活用することで信用残高を増やし、ファンを作る戦略を取っています。自分で集めた見込み客のメールアドレスに、読者のお役立ち情報や商材を発信をして販売する方法です。LINE@が出てきてからはメールアドレスを持つ人が少なくなったので、メルマガの需要が下がりました。しかし、LINE @がビジネス系の投稿に規制をかけたことで再びメルマガを始める人が増えてきました。SNSに限らず、メールマガジンも活用することで、より見込み客とあなたの関係性を築いていけるツールになります。

・ブログで販売する

あなたの信用残高を増やす方法として用いられるのがブログです。日記と同じ感覚で書くことができ、あなたのキャラクター性を表現しやすい媒体です。あなたが日頃どんなことにアンテナを張っているのか、信頼残高を増やしていくことでファンを獲得していきます。ブログを始めてファンを獲得するには、最低でも1年はかかると言われています。ですが、今後メディアを作ることで圧倒的に稼いでいくことができるので、ブログを作成することは非常にオススメしています。自分のメディアを持つことは、資産を増やすことです。あなたのビジネスを加速させるための強力なツールになります。

・プラットフォームで稼ぐ

プラットフォームは、商品やサービスを売買できる場所を提供しているビジネスモデルです。CMでも話題のココナラ 、Facebook、アマゾン、楽天などがプラットフォームに当たります。あなたが商品やサービスを販売する時に、このプラットフォームを活用すれば1から集客をする必要もなく、また営業もする必要もありません。提供する商品とサービスを準備するだけでビジネスが始められます。これからビジネスを始める方は初期費用もかからないビジネスモデルになっているので、プラットフォームを活用していきましょう。

まとめ

今回はこれからビジネスに参入するのであれば、どんなビジネスが良いのかお伝えしました。ビジネスモデルを選ぶ基準を参考にしながら、信用を増やしてファンを獲得するビジネスがこれからビジネスを成功させられる決め手になってきます。信用残高を増やしていけるツールや媒体を活用してファンを獲得していくことを目的に活動してきましょう。