こんにちは、山田浩太(@kt_yamada)です。

実は最近、「アニメ」にハマっています。

友人に勧めらて
「鬼滅の刃」というアニメを
Netflixで観ているのですが、
面白くて次々と見進めてしまいます。
(数日でもう観終わっってしまいましたw)

ここ最近は会う人会う人に
その面白さを興奮気味に伝えるのですが
イマイチ伝えきれず歯がゆい思いをしています(笑)

ただそんな最近面白かった出来事を
伝えたくてメールしているのではありません。

アニメや漫画から学ぶことは
実はとても多いのです。

僕は今30代半ばですが、
アニメや漫画というと
未だに「子供っぽい」とか
「オタクっぽい」という
イメージを持っていました。

が、、、
最近のアニメの進歩は改めてすごいなと感じます。

少し調べてみると、
電通の調査によると
アニメに対する興味関心度は

年代別アニメ興味関心度

・30代でも56.0%
・20代で64.3%
・10代後半で72.4%

もあるそうです。

アニメや漫画は日本が海外に誇る
カルチャーと呼ばれるようになっていますが、
どこかで一部の人たちの趣味であると
思っている場合ではないかもしれません。


若い人に対してはもはや
サブカルチャーではなくメジャーカルチャーです。

そしてそれだけの市場があるので、
コンテンツ提供側の本気度合いも半端ではないのです。

ストーリーも奥深く、
描写もきれいで感動します。

登場キャラクターのセリフに
「はっ!」とさせられることもあります。

マーケティングの勉強になることが
随所に含まれています。

最近では大手企業だけではなく
多くの企業がCMや広告に
アニメや漫画を使っているのを
よく見かけませんか?

アニメや漫画の市場は
国内でもとても大きいのです。


さらに言うと
流行っているアニメや漫画から
時代背景を読み解くこともできます。

例えば僕が子供ころに流行っていた
(というか僕が読んでいた)漫画といえば

  • ドラゴンボール
  • スラムダンク
  • 幽遊白書
  • ろくでなしBLUES
  • るろうに剣心

などでした。


はい、
90年代週刊少年ジャンプの黄金世代です。

この頃の漫画というのは
ざっくりいうと

  • もともとダメな主人公が登場
  • その主人公が成長して強くなっていく
  • 強い敵を次々に倒していく(バトルが中心)
  • 登場人物は基本的に主人公を引き立てる「脇役」

だったのですが、
最近のアニメ漫画は少し毛並みが違うようです。

  • 「共感」ポイントが多い
  • 「主役」が1人ではなく複数いる


このような要素が追加されているように思います。

ワンピースがヒットした頃から
こういった展開が受け入れられています。


「共感」や「複数の主役」は
ビジネスの世界でも同じことが言えて、
昔は1人社長のワンマン会社が溢れていましたが
情報と選択肢が多い今の時代に
そんな会社が生き残っていくのは困難です。

社員全員が主人公の会社が注目を集め、
共感される商品サービスが世の中に求めれます。


こういった視点で
読み解くとどんどん面白くなりますね(^o^)


ビジネスを学んだり
知識を得るために本を読む人は多いですが、
活字が苦手だという人は、
マーケティングを学ぶ目的で
アニメや漫画を読み漁ってもいいと思います。


VTuber(バーチャルYouTuber)が流行っている
背景にもあるように、
様々なコンテンツがアバター化していますし、
これからさらにそのスピードは加速すると予想します。

僕らが日常的に使っているSNSも
考えてみればアバター化したキャラクターです。

リアルではないインターネットを通じた
コミュニケーションに仮想の自分をつくり、
コミュニケーションをとっているとも言えます。

マーケティングを学んでいて
アニメや漫画にあまり馴染みがない人は、
一度固定概念を振り払って
触れてみる機会をつくってみてください。