森です、今日は昨日の記事の続きを。まだ読んでない人は先にこちらから読んでください。

少し復習すると、情報の価値がどんどん高まってるということ。情報を持ってる人はどんな市場でも重宝されます。

飲食店でもただ料理を作って出すのではなく、その食材がどう作れて、どこの産地の食材で、どうゆうきっかけで誕生したのか?などのストーリー(情報)があるだけで単価が上がります。

WEBデザインや動画編集でも、どんなデザインや動画が今求められてるか?どんなデザインが反応が良くて、どんな動画がたくさん視聴されたのか?などの情報は価値があります。

つまり、、

情報や知識は武器になる

ということです。デザインや動画、コピーライティングなどのビジネススキルがある人はいくらでも仕事がある。色んな会社の社長と話していても人手不足で悩んでます。

つまり、、スキルがあって知識がある人には仕事が溢れていて、そうじゃない人はどんどん仕事がなくなっている現状があります。格差社会なんて言われて久しいですがこれからもっと格差は広がります。

その格差の原因が、「情報を持ってるかどうか」です。今後、時代が変わっても知識やスキルで仕事している人は困らないです。その一方で、単純労働やモノつくり系は厳しくなる。。

でも、この情報というのは何も特別なことでなくても大丈夫。どんなビジネスでも知識はあって、あなたが知ってる情報は他の人からしたらとても価値があります。自分の当たり前と他人の当たり前は違う。

コンテンツビジネスで得られるメリット

さて、そのコンテンツビジネス。なぜあなたも始めた方がいいのか?解説していきいます。ざっと4つ、得られるメリットがあるので書きますね。

メリット1:利益率が高い

これは「起業で失敗しないため4原則」でも書きましたが、「利益率が高い」ってとても重要。

そもそも売るのは”情報”なので、商品は音声データとか動画、PDFなどになります。DVDにして販売したら送料などかかりますが、それでも数百円。原価も1枚あたり100円とかです。

データで送ったら当然ながらこれらの原価はゼロ。つまり、、情報だけなら利益率ほぼ100%です。(厳密に言えばサーバー代やインターネット代などがあるので)

飲食店などの店舗ビジネスをやってる人や、物販などをしてる人からしたら「ありえない…」といつも言われます。

利益率が高いと集客に使う広告費も捻出できるので、さらに新規集客ができて、また売れたらさらに利益が出て、さらに広告に使って、、、という良い循環がうまれます。

集客に時間と労力をかけなくていいので、顧客フォローや新商品作りなどもできます。

メリット2:既存のお客さんのアップセルに活用

あなたがすでにお客さんがいる場合、そのお客さんにコンテンツを提案するだけで新しいキャッシュポイントが作れます。

以前、コンサルに入っていた治療院は、何年も経営していたので手元に顧客データが何千件とありました。

なので、そこにDM(ダイレクトメール)とメールを送ってイベントを開催し、その映像を撮影して動画コンテンツとして販売しました。(これで200万円くらいの利益が生まれた)

知人のエステサロンはレジ横にチラシをおいてセルフエステのDVDを売ってます。これも少しチラシを添削したりしましたが、レジ横に置いてるだけで勝手に売れてます。

すでにお客さんがいる店舗や、個人でセッションやセミナーなどを毎回やってる人は、すぐにコンテンツビジネスをやった方がいいです。すぐに新しいキャッシュポイントを作れます。

メリット3:顧客単価が上がる

コンテンツはかたちのないものなので、言ってみれば価格は自由に決められます。「月100万円」がゴールであれば、「10万円のコンテンツ」を作って「10人」に販売したら100万円です。

今、自分ができる集客数から考えて、いくらの価格にしたら目標の売上を達成できるか?を考えて逆算して作るのもOK。

すでに顧客がいる人で、アップセルで別の商品を買ってくれたら、一人あたりの利益が上がります。

今、5,000円の体験セッションを販売しているとしたら、その後で10,000円のセミナー映像コンテンツを売るのもOK。もちろんDVDにして売ってもOK。

すると一人あたりの顧客単価が5,000円から15,000円になるので、単純計算で売上は3倍に。

同じ労働時間で売上が3倍になる

わけなので、これも絶対にやった方が良いです。

メリット4:働く時間を減らして売上が上がる

コーチやカウンセラー、セミナー講師などの個人ビジネスは、自分が動かないと売上になりません。動画編集やデザインなどもそうですね。店舗ビジネスなどもそう。

最初はもちろん仕方ないことですが、売上がたってくると壁に当たります。売上と比例して、自分がどんどん忙しくなるのです。

「自由になるために起業したのに、どんどん自由が減っていく…」

というのはよくある例ですが、ここでもコンテンツビジネスにすることで働く時間を減らしながらも売上が上がる仕組みが作れます。

しかも、今やってることをコンテンツ化するだけ。DVDにしたり動画コンテンツにして販売すれば、いわば自分の分身が仕事してくれるわけです。

まとめ

ゼロイチを超えたら、次はこうした「いかに仕組み化できるか?」を考える段階になります。

僕でいえば集客は広告で仕組み化。起業で失敗しない4原則を忠実に守っているので、これに該当しないビジネスは基本しないと決めてます。

広告で仕組み化するためには高い利益率のビジネスが理想。なのでコンテンツビジネスです。

コンテンツの販売や、販売におけるプレゼンは動画とLINE、メルマガです。これらのツールを使って仕組み化。

コンテンツ作りも仕組み化しています。たとえばこのブログも、ただブログを書いて終わってたらもったいないので、細切れにしてTwitterに投稿。動画にしてYouTubeに投稿。

反応が良かったらそれをテーマにセミナー開催。そのセミナーを収録して動画コンテンツとして販売。

こうしてグルグルと使いまわしするのが好きで、一石二鳥ならぬ三鳥、四鳥とできるように考えています。

インターネットってこうゆう仕組みを作れるので、好きなんですよね。それもパソコンとスマホだけで完結できるので、それも便利ですね。

なので、、、今一度考えましょう。

あなたのビジネスに、コンテンツビジネスを導入できないか?あなたの友人の市場にはどうか?あなたのお客さんの市場は?

きっとコンテンツ化できるはず。というより僕は全業種にコンテンツビジネスが入っていけばいいと思っています。

このコンテンツビジネスに関して、要望があればライブセミナーやりますが、興味ある人いますか?もしいたらLINEにスタンプ下さい。ではまた!