マインド

起業で失敗しない4原則とおすすめのビジネス

オンラインビジネスラボの森です。いつもありがとうございます。最近、ブログの頻度が高めだからか、たくさんのリアクションをもらいます。

LINE、メールなど、もらったメッセージなどすべて見ていますので、ぜひ感想や、こんなことを聞きたい、こんなことで悩んでる、などはどしどし下さいね。

今日のテーマは「起業」です。実は今、出版にむけて動いています。できれば今年、2冊出したいと思っていて、テーマは起業や副業になると思いますが、あらためて今、これからビジネスを始めたいという方に向けてメッセージを届けたいと思ってるんですね。

なので。今日はこのテーマで書きます。特に、、、

「起業で失敗したくない」

という人へむけて書きます。そのためには「失敗しない知識」と「ビジネスの本質」を理解することが大事です。できるだけ簡潔にシンプルに書くので、今日も最後までご覧になってくださいね。読み終えたらスタンプもください。ではいきましょう。

起業で失敗しないために

まず、そもそも論ですが「失敗」とは何でしょうか?僕の失敗の定義は「お金がなくなりご飯が食べていけなくなる」状態が失敗だと思います。

というのも、、、僕が一度、この失敗を経験しています。2011年、僕ははじめて起業しました。会社を登記して、事務所を借りて(しかも東京の青山という一等地で)、高いお金を払ってホームページまで作って、、、

今もし、当時の僕が目の前に現れたら、襟を正して、1つ咳払いをして、はっきりと申します。

「お前はバカか?」

と。まず起業(副業でも同じですが)でもっともやってはいけないこと、それは、「いきなりお金をかけること」です。

これは僕が言うまでもなく、ホリエモンさんも過去にこんなブログを書いています。↓に抜粋して貼り付けましたが、この赤枠の中を見てください。

これです。まず起業や副業を考えた時に、絶対に忘れてはいけないことは、「いかに失敗しないか?」です。これが超重要。

ホリエモンの4原則

・資本ゼロor少資本で始められる
・在庫をもたない
・利益率が高い
・定期的な安定収入がある

ビジネスで失敗しないためにはこの4原則を守ることです。なぜなら、最初から事務所を借りたり、仕入れ資金が必要だったり、店舗を構えたりすると、それだだけでリスクです。

在庫もそう。在庫には色々あって、「財庫」になればいいですが「罪庫」になることも当然あって、いきなりリスクを抱えてビジネスを始めるのはおすすめしません。

そして、利益率が高いのも重要です。僕も起業した当初はあまり分かってなかったのですが、売上と利益は違います。「売上1億円」でも「利益500万円」のビジネスと、「売上3,000万円」だけど「利益1,500万円」ならどちらが良いビジネスと言えるでしょうか?まちがいなく後者ですよね。

よく「月商」と「月収」を混合する人もいますが、これも要注意です。「月商1,000万円です!」と高らかに言っていても、実際の手に残る利益は「10万円」なんてこともあります。でも「利益10万円」とは言えないので、そこをごまかすわけですね。

そして最後は安定収入があること。商品を一度売って終わっていたらもったいないです。マーケティングの話になりますが、最もコストがかかるのは新規集客でして、せっかくコストかけて、手間暇かけて集客できたのに、一度売って終わっていたらものすごくもったいないです。

なので、一度売れたらそのあとも安定して利益が生まれるビジネスが理想です。

ビジネス初心者はまずこれからやる

さて、以上のことをふまえて、これからビジネスを始める人は何から始めればいいのでしょうか?世の中には色んなビジネスがありますが、僕なら絶対にこれ、というのがあるので、解説します。

これは僕の実体験からも言えるのですが、2011年、最初の起業に失敗して、貯金がゼロになりました。なので、資金をかけるビジネスはやりたくてもできませんでした。

お金をかけず、自宅でできるビジネスしか現実的に無理だったのです。なので、当然その時は、インターネットを活用したビジネスを始めようと思いました。

それが僕の場合、ブログだったんですね。このあたりの話はこちらの記事を見てもらうとより分かりやすいと思います。

で、結論。まず起業や副業を考えた時に、自分は「技」でいくのか「数」をとりにいくのか?ここを決めた方がいいです。これはTwitterでもちょっとバズりましたが、

なにもない人がビジネスで結果を出すのは難しくて、やはり人に何かを提供できる「価値」があるからビジネスとして成立します。ビジネスの本質は「価値を提供すること」で、提供された方はその対価としてお金を支払ってくれます。

でも「価値」というとふわっとしていて難しいですよね。なので、ちゃんと定義を決めます。その価値とは何なのか?ずばり、「技」か「数」です。

技とは何か?

技とは、たとえばデザインができる、コピーライティングができる、広告運用ができる、動画編集ができる、セミナーに登壇して話せる(パブリックスピーキングとも言う)、ホームページが作れる、コンテンツが作れる、コーチングができる、コンサルティングができる、などなど。

これらのスキルはどんな資格や免許よりも役立ちます。難しい勉強するよりもこれらのスキルを身につけた方が、より収入にダイレクトに繋がります。

詳しくはこの記事とかでも書いているので、ご覧ください。

この時に大事なことは、より悩みが根深い問題を解決できる技かどうか?です。

たとえば、「ボーリングで10回連続ストライクをとる方法」も立派な技ですが、果たしてそれは悩みが根深いか?というと・・おそらくそうじゃないですよね。

よりも、もっとダイレクトに、「収入をあげる」とか「売上を増やす」とか「売れるホームページが作れる」とか「反応のとれるWEBデザインができる」の方が、より深い悩みを解決できます。

このあたりの詳しい話もこちらの記事で解説しているので、良かったら見てください。

このようにより深い悩みを解決できる技を身につけると、それは立派なスキルです。僕たちは自社でコンテンツを作り、動画編集やデザイン、コピーライティング、広告運用などをしていますが、これらができるスキルがあれば、どんな会社でも重宝されます。

数とは何か?

次に数ですが、これはずばり、再生回数やチャンネル登録数、メルマガ読者数、LINEの友だち数、SNSのフォロワー数などですね。数は武器です。

たとえば、、この動画を見て下さい。YouTuberとして人気のジョーブログさんの動画ですが、なんと、、、EXILEのATSUSHIさんが登場しました。

なぜかわかりますか?この動画が公開されたのは2年ほど前ですが、ジョーブログさんは圧倒的な「数」を持っています。そして、この時、EXILEさんは活動休止していて復活する時だったんですよね。

EXILEさんのメンバーも年齢が高くなっていました。でもやっぱりさらなる人気を集めるには若い層にもリーチしたい。それなら手っ取り早くその若い層の「数」を持っている人とコラボした方が早い。

・・・という算段があったかどうかは分かりませんが、でもおそらく戦略としては正しかったと思います。これが数の力です。そして、一気にブレークスルーするにはこのコラボ(ジョイントベンチャー)は鉄板です。

このあたりの話はゼロから1億円を達成する5ステップの最後のステップで書いているとおりです。

数を持ってるだけでコラボしやすくなりますし、数そのものが武器になるんですよね。

まとめ

さて、まとめます。まずこれからビジネスを始める時、それが起業でも副業であっても、まず失敗しないための4原則を理解すること。

・資本ゼロor少資本で始められる
・在庫をもたない
・利益率が高い
・定期的な安定収入がある

これですね。基本的にオンラインビジネスならこの4つに該当します。お店を出すとか、何か商品を作るとかは初期費用がかかるのと在庫もあるのでやらない方がいいです。在庫を持ったりお店を持つと利益率は下がります。

できたらオンラインで完結できるもの。コンテンツを作って販売するとか、動画編集やデザイン、広告の運用ができるスキルを身につけて、これらの代行ビジネスからやるとか。

コピーライティングのスキルを身につけて集客や売上げアップに貢献するとか。人に何かを伝えたり、人前で話すのが得意なら、コーチやコンサルを目指すとか、セミナー講師を目指すとか。これらも4原則をクリアしているビジネスです。

または、これらの技に興味がなければ、数でいくしかないです。数を集めるにはとにかくトレンドに乗ることです。世間で話題になってることを取り上げて動画にしたり、記事にする。それで数を集める。

数を集めたらコラボもできますし、広告で収益をあげることもできます。リスクなくビジネスを始めるならこの2つの道のどちらに選ぶかを決めるのが大事ですね!

ぜひ参考になれば嬉しく思います。ではまた!

ABOUT ME
森公平
オンラインビジネスラボ代表。 年間10カ国を旅する自由なライフスタイルを実現しながらオンラインビジネスのスキルで複数の事業を経営する起業家。 ベストセラー作家や著名経営者などの教育プログラムも多数プロデュース。
【無料LINE講座】週末WEBライター