マインド

お金の稼ぎ方、使い方、守り方、増やし方

オンラインビジネスラボの森です。今日のテーマはお金です。

僕たちの生活にとても大事なお金。でもそのお金について学ぶ機会って少ないです。というよりほぼないです。それって、、どうなの?ってことで、今日はお金について書きます。

まず、大きく分けてお金には4つの特徴があります。それが「稼ぎ方」「使い方」「守り方」「増やし方」です。

どれもめちゃくちゃ大事。そしてこれらは掛け算なので、何かがゼロになったら他もゼロになります。一生かけて学び続けるのがこのお金の知識なので、まず基本的な考えを覚えましょう。

お金の稼ぎ方

まずは稼ぎ方から。これからビジネスを始める方であれば、何度も言ってますが、技を磨くか、数を集められる人になるか?です。これが最初のステップ。

技か、数か?

繰り返し、この記事を読むようにしてください。

パソコンが得意、パソコンスキルを磨きたい、とかであれば動画編集、WEBデザインですね。あとは広告運用、コピーライティングなど。このあたりできたら月10万円〜30万円くらいは全然いけます。

パソコンが苦手、まったく未経験でできる気もしない、、ということであればネット物販。特にオンラインビジネスラボでもやってるネット物販はスマホで完結するので、初心者の方にはおすすめ。これはまた別途アナウンスします。

または体張ってYouTuber路線。たとえば今、中国の武漢に体当たり取材しにいったらバズると思います。とにかく世の中のトレンドに乗っかる戦略です。

僕が起業当初にブログ書いてた時もひたすたトレンドネタ書いてました。アクセス集まりやすいので月10万円くらいはけっこう簡単にいけます。

ゼロイチの次はマーケティング

ゼロイチはいま書いたやり方で、その次はマーケティングですね。ひとまず情報発信から始めてファン作り。コミュニティ作り。そしてマーケティングです。

社長の仕事はマーケティングです。見込みとなるお客さんはどこにいるのか?どやって集めて、どうやってプロモーションしていくか?ですね。

僕たちは基本的にすべてLINEで仕組み化しています。SNS集客×LINE。これが今の時代の鉄板のマーケティングですね。

これらのスキルや知識を学ぶこと。これがまず個人ビジネスできる稼ぎ方です。

このあたりの細かいやり方や作り込みのところは別途、講座にしますので、こちらにご参加ください。

お金の使い方

そしてこれもめちゃくちゃ大事。使い方ですね。まず、お金の使い方は3つあります。

1,自己投資
2,事業投資
3,金融投資

です。先日、「100万円の貯金があるのですが何に投資したらいいですか?」と質問がありましたが、100万円くらいじゃFXも株もやる意味ないのでやめた方がいいですと言いました。

なぜなら安全に金融投資をやろうと考えたら年利3〜5%とかが常識です。(これ以上もあるかもですがほぼ詐欺です)であれば、100万を投資しても結果は、、、です。

まずは自己投資で土台を作る

まずは何より自己投資です。セミナーに行く、本を買う、情報を買う、スキルを身につける、など。まずここからです。

僕なら100万円貯金があるなら全額知識に投資して1,000万円を作ります。さらに1,000万円をまた知識に投資して2,000万を、、というように知識のわらしべ長者的に伸ばします。これが賢い使い方。

その上で、事業投資ですね。広告にお金を使ってもっと集客する、システムを入れて顧客管理をしやすくする、ツールを使って仕組み化する、人を雇用する、事務所を借りてチームの作業効率をあげる、など。

僕たちが物販をはじめたのもこの事業投資です。すでに売れる仕組みがあるので、投資してそれに乗っかってます。でもこれもメインの事業があってこそ。まずは自己投資、からの事業投資ですね。

そして最後に金融投資。ここはFXやら株やらありますが、まだまだ僕たちも勉強が必要なところです。なのでコンサル入ってもらったりセミナーに行ったりなどもしてます。

知識と広告に投資が最もリターンが大きい

でも、、リスクがありますし、中途半端に投資するくらいなら広告に投資した方が利益出るよなと思うんですよね。広告ならすべて数字を自分で管理できますからね。

100万円を投資するなら、100万円を広告に使った方が利益出ます。なので、この金融投資ゾーンはまだまだ先になりそうです。

ちなみにシンガポールとかのプライベートバンクとか、3億くらいの金融資産があれば開設できるそうです。これなら超ガチガチの国債レベルの商品で年利3%とかあるみたいなので、やるとしたらこっちですかね。

お金の守り方

次に守り方です。先ほど投資には3つあるという話をしましたが、ここではもう少し身近な話をします。今、いただいている給料をどう使っているか?にもなりますが、

・消費
・浪費
・投資

の3つがあると思うんですね。消費とは、家の家賃や光熱費、携帯電話などのお金ですね。生きてたら必ず使うものです。

浪費はいわらないものを買ったり、生産性のない飲み会に行くとかですね。投資は先ほどあげた3つです。

無駄なものに使わないこと

お金の守り方を考えた時に、そもそもこの「無駄なものにお金を使わない」という意識も大事です。特に「リターンのないもの」ですね。無駄使いをしてたら当然お金はたまらないです。

消費3:浪費1:投資6:くらいの割合とか理想ですね。

あとは身近なところで言えば税金や社会保障費など。多くの人が理想の収入を「年収1,000万円」と掲げますが、1,000万円の収入があっても実際の手取りは700万円くらいです。

手取りで1,000万円を目指そうと思ったら1,500万円くらいは必要です。ここのゾーンまできたら「年収の3分の1」はひかれると思った方がいいです。

年収300万の人で手取りが240万くらい、年収500万の人で手取りが390万くらい。ざっくりこれくらい引かれます。

日本は累進課税なので所得があがれば上がるほど税率も上がります。年収1億円までいけば半分減って5,000万円くらいです。これって驚愕ですよね。

収入の半分がなくなるなんて。。でもこれからさらに高齢化になるので、手取りはもっと少なくなります。

なので、たとえ会社員でも法人化するのもありです。自分で確定申告をしたら節税できます。

誰でもできる節税:ふるさと納税

あとは最近よく聞く「ふるさと納税」なども。これは年収150万円以上の方からメリットがある節税方法で、自治体へ寄付をすると寄付金の3割に当たる返礼品がもらえます。

友人からこんなサイトも教えてもらいましたが、ネットショップみたいにこの中から選べるみたいです。

ふるさとチョイス
https://www.furusato-tax.jp/

このふるさと納税をすると、税制では寄付金として扱われるので、所得控除を受けることができます。つまり分かりやすく言うと、本来ひかれる税金を割り引いてくれるのです。税金が割引になったり還付というかたちで返ってくるということですね。

ビジネスを始めて経費計上

経費を使えると節税の幅も広がります。本来、会社員の人は、「給料ー税金=手取り」です。会社から給料をもらう前に税金が天引きされてるわけですね。

健康保険料や厚生年金などもここに入ります。いわば100%、強制的に引かれて、手取り収入になっています。これを変える最も手っ取り早い方法がビジネスを持つことです。

個人事業主でも良いのでビジネスを始めるとお金の流れが変わります。

売上ー経費=利益

となり、

利益ー税金=手取り

になります。ポイントは売上そのものに税金はかからず、あくまで利益にかかります。ちなみに法人にすると、自分(社長)の給料も、会社からみたら経費にならいます。法人と個人ってまったく別物です。

個人と法人で使える経費は違うのですが、たとえばカフェで飲んだお茶代も経費です。パソコンやスマートフォンも経費になります。電車代なども経費ですね。

家賃はどこまでを仕事で使ってるかで割合が変わりますが、たとえば家の半分を仕事場所で使っているとした場合、家賃の半分は経費になります。

飲食代やもっと言えば飲み代もですね。笑 経費です。あとはセミナーの参加費や、教材や講座、本のお金なども経費になります。

なぜ多くの中小企業は赤字なのか?

誤解を恐れずに言えば、ほとんどが税金対策です。本当はダメですが、個人の生活費を法人の経費に回して経費にしているからですね。

ここが難しいところで、社長の給料は年に1回決めるのですが、あえてこれをめちゃくちゃ下げる人もいますね。給料5万円とか。

でも年度末にボーナスとして1,000万円とかにしておけば、利益がでたらこれをボーナスとしてもらって、でなければもらわない、みたいなこともできます。

個人の所得をあげても所得税がかかるので、法人に残しておいて法人税として払うとか、このあたりは業種によって変わってきますが、こうしたお金の守り方はたくさんあるので、詳しくは税理士に相談するのがベストです。笑

年度によってルールも変わるので、プロをつけた方がいいですね。僕は会社の顧問税理士がいるので定期的に会って聞いてます。

でもマーケティングもそうですが、分からないことはプロをつけてプロに聞く。これが鉄則です。自分一人でやらないことですね。

お金の増やし方

最後に増やし方です。ここはもうマーケティングと投資ですね。先ほども書きましたが、変な投資話に騙されるなんてこともよくあるので、よく分からない詐欺商品には本当に気をつけましょう。

特に少しお金を持つと、まわりからそんな話が舞い込んできたり、自分もちょっと気持ちが大きくなってやってみたくなりがちです。そんな時にぽろっと騙されるので注意です。

増やし方はまず事業投資ですね。特に広告に投資と人に投資です。

自分がいなくても回るように仕組み化

ここまできてる人はすでに事業があってお金が回ってると思うので、次はいかに仕組みを作れるか?です。自分がいなくてもまわる仕組み作りですね。

そのために集客は広告で仕組み化。現場は人で仕組み化。あとはツールを使って作業効率化、です。(LINEやメルマガシステムいれて集客から販売を仕組み化、顧客管理ツールをいれてCRMを強化など)

出版やメディア戦略などもここですが、ここまでくると一人ではさばけないとお思うので、人を入れた方がいいです。人を雇用することに躊躇する人も多いですが、僕はいれた方がいいと思ってる派です。

一人社長でずっと現場にいるとやっぱり成長がないですし、人を入れて、一時的には収入が減ったとしても、スタッフが成長してくれたら次に新しいことをできる余裕も作れます。

人が増えたらその分できることも増えるので、さらなる売上アップにも繋がります。あとは人がいると、彼らのためにもやらなければと思って、仕事にかけるモチベーションも変わりますね。

投資脳を持とう

時間もお金も、どれだけ投資してどれだけリターンを出せるか?を考えるのが大事です。ビジネスはどこまでいってもゲームで、いくらBETしていくらリターンがあるか?その期待値はどれくらいなのか?をはかるゲームです。

たとえば今も毎日3万円、ある広告に投資してます。でもここから毎日集客ができて売上が上がっています。これがよく分からない金融商品に毎日3万円投資するのは怖いです。

でも広告ならすべて管理画面で分かりますし、いつでもやめられます。こうした自分の管理下にある投資以外はあまりやらない方が良いですね、、

まとめ

まとめます。それぞれの状況でやることも考えることも違いますが、お金と一言で言ってもやることは違います。

まず稼ぎ方と使い方からですね。ここはセットなので、真剣に考えましょう。特に使い方のところ超大事です。無駄なものに使ってないか?あらためて確認しましょう。

基本的にリターンが見込みないものに使わない方がいいです。僕も起業当初から知識と体験に投資してきました。起業したばかりの頃は人間関係もリセットして無駄な飲み会とか遊びにも行かなかったです。

そのお金でセミナー行くわ!と思ってましたね。特に最初は知識もスキルも無い中で始めるので、どれだけ早くここをクリアするか?が大事です。

ここをサボって簡単片手間系の道にいってもダメですし、ケチって独学にこだわったりしても難しいです。

このお金の知識のところはかなり大事で、生きていくでだれにとっても重要なポイントなので、また今度、ライブセミナーにもしたいと思います。

開催するときはまたアナウンスするので、ぜひご参加下さい!

ABOUT ME
森公平
オンラインビジネスラボ代表。 年間10カ国を旅する自由なライフスタイルを実現しながらオンラインビジネスのスキルで複数の事業を経営する起業家。 ベストセラー作家や著名経営者などの教育プログラムも多数プロデュース。
【無料LINE講座】週末WEBライター