動画編集

動画編集の基本的な流れを解説【おすすめ編集ソフトも紹介】

「動画編集が仕事として魅力的と聞いたけど、どうやれば良いのだろう?」
「動画編集に必要なものって何かな?」
「動画編集はどのソフトで行うべき?」

といった疑問に答えていきます。

動画編集を副業として始める方や、本職として稼いでいきたい方が増えており、動画編集者の需要はYouTube市場の拡大や、インターネット広告費の拡大により年々高まっています。

動画編集を仕事にするには、基本的な編集スキルを身に付けて、日々学習していく必要があります。

この記事では動画編集の基本的な流れや、必要なスキル、知っておくべき動画編集用語、おすすめの編集ソフトについて解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

動画編集について初めて調べている方でも、ひと通り知識を身に付けれる記事となっています。

動画編集の基本的な流れ

動画編集を行うには、パソコンの用意から始まり、動画を制作するまで以下の流れで行います。

  • パソコンを用意する
  • 動画編集ソフトを選ぶ
  • 素材をソフトに読み込む
  • 基本的な編集を行う
  • エンコードして動画を完成させる

パソコンを用意する段階から解説しているので、この流れに忠実に行うだけで動画編集を行えるようになれます。

パソコンを用意する

まずは動画編集を快適に行うためにパソコンを用意しましょう。

スマホでも簡単な編集を行うことは可能ですが、本格的な動画編集をしようと思うとパソコンが必須になります。

パソコンはウィンドウズとMacどちらでも構いませんが、なるべく最新バージョンでハイスペックの物を用意してください

動画編集はかなりパソコンに負担のかかる作業なので、スペックの低いパソコンでは編集が重たくカクついてしまったり、最悪の場合電源が落ちてしまう可能性もあります。

高負荷の動画編集作業に耐えられるパソコンを多少奮発してでも用意してください。編集作業を快適に行えるパソコンスペックに関しては以下の通りです。

  • メモリ=16GB以上
  • CPU=Intel Core i7以上
  • SSDのストレージ

動画編集ソフトを選ぶ

パソコンを用意したら動画編集ソフトをインストールします。

動画編集ソフトには有料と無料のものがあり、動画編集を仕事にしたい方は迷わず有料のソフトを選びましょう。

無料のiMovieやAviUtlなどの有名な編集ソフトもありますが、仕事として成り立つレベルの動画編集を行うには機能が不足してしまうので、最初から有料ソフトの編集方法を覚えておいた方がコスパが良いです。

おすすめの有料編集ソフトは記事後半で解説しているので、参考にしてください。

素材をソフトに読み込む

編集ソフトをパソコンにインストールしたら、ソフトに動画編集で使用する撮影した素材を読み込みます。

動画編集では撮影した素材の編集しか行えないので、撮影時に低画質な動画を編集で高画質に変更することはできません。

編集で素材の良さを引き出すこともできますが、根本的な素材の良し悪しは変えられないので、良い動画を制作したい方は撮影の段階から良い素材になるように意識しておきましょう。

基本的な編集を行う

素材をソフトに読み込んだら、以下の基本的な編集作業を行います。

  • カット
  • テロップ
  • BGM・効果音
  • エフェクト
  • カラーグレーディング

この作業を行うことで、1本の動画として完成させる準備が整います。

youtube動画の編集や企業広告動画の編集でも基本的な上記の編集スキルが必要になるので、動画編集者は全員身に付けておきましょう。

エンコードして動画を完成させる

基本的な編集作業が完了したら、1本の動画としてエンコードを行います。
エンコードとは動画を書き出して他のプラットフォームやSNSにアップロードできる状態に完成させる作業のことを言います。

エンコードを行わなければソフトの中で編集されているだけなので、動画として完成した訳ではありません。

編集ソフトによってエンコードを行う方法が異なるので、エンコードを簡単に行える仕組みのソフトを利用することをおすすめします。

動画編集の基本的な編集方法

解説した基本的な動画編集スキルを深掘りします。動画編集を仕事にしたい方は以下のスキルを最低限身に付けておく必要があります。

このスキルを身に付けさえすれば簡単な仕事をこなせるレベルなので、目安にしてください。

カット

動画の不必要な部分を取り除く作業をカット編集と言います。動画編集の非常に基本的な作業かつ、重要な作業です。

カット編集は編集者のスキルが直結する部分で、動画に必要な箇所とそうでない箇所を読み解く能力が必要になります。

カット編集の方法自体は1日で覚えることができますが、 動画の魅力を引き出すカット編集を行うには色々な動画を編集して覚えていくしかありません。

日頃からYouTube動画を視聴している方は、動画のジャンルによってカットの頻度やテンポを感覚として身についている可能性もあるでしょう。

テロップ

テロップは動画に字幕やタイトルテキストを入れる編集で、動画の内容を分かりやすく視聴者に伝えるために大切です。

テロップは感情によって色やフォントを変更したり、アニメーションをつけたりして視聴者が見ていて飽きない楽しめる動画にします。

また、YouTubeでは音声を出せない環境の方や、耳が不自由な方もたくさん見ているので、全ての人が楽しめる動画にするためにも字幕テロップの挿入は行う必要があります。

テロップ挿入は慣れていないとかなり時間がかかってしまうので、時短編集方法などを身に付けておく必要があります。

BGM・効果音

BGM・効果音の挿入は動画の内容に合うBGMを選定したり、適切な音量に調節することが大切です。

BGMや効果音の大きすぎる動画は見にくい動画になってしまうので、イヤホンやヘッドホンを使用しながら適切な音量になるように調節しましょう。

BGMや効果音が動画内容と合っていないと動画の印象が大きく変わってしまうので、選定能力も必要になるでしょう。

エフェクト

エフェクトは映像や音声に特殊効果をかけることで、クオリティーの高い動画にすることができる編集方法です。

画面の切り替えで使用されるトランジションエフェクトや、音声にエコーをかけたり、ノイズを消してクリアな音質に変化させたりする音声エフェクトなどが一般的に使用されています。

エフェクトは非常に多種多様で使いこなすことができれば、アニメーション動画の作成やCG合成を行えるようになります。

カラーグレーディング

カラーグレーディングは映像の色味や明るさを調節する編集のことで、動画の印象を大きく変えることができます。

撮影時に明るすぎた映像や、反対に暗すぎた映像でも、編集時にカラーグレーディングを行うことで、見やすい明るさに調節可能です。

映画のような雰囲気に変更することができたり、非現実的な世界観を表現することもできます。

カラーグレーディング技術を身に付ければ、映像制作の幅が大きく広げられるので練習してみてください。

動画編集で知っておきたい用語

動画編集の流れと、基本的な編集スキルについて解説しました。ここからは動画編集を仕事にしたい方が必ず知っておきたい用語を紹介します。

以下の用語の意味を理解していないと仕事にならないので、簡単にでも把握しておきましょう。

  • フレームレート
  • 解像度×アスペクト比
  • コーデック
  • エフェクト
  • エンコード

フレームレート

フレームレートは1秒間に何枚の画像を使用して動画を構成しているかを表しており、「fps」と表記します。

例えば24fpsのフレームレートの動画では、1秒間に24枚の画像が使用されてパラパラ漫画のように動画として再生されています。

同じ映像の動画でもフレームレートが異なるだけで、映像の印象が変わり、フレームレートの数値が高い動画ほど、滑らかな動きを表現することができ、数値が低い動画では多少のブレが表現される動画になります。

一般的に映画では24fps、テレビでは30fps、スポーツ映像では60fpsが使用されています。

解像度×アスペクト比

解像度は動画を構成しているピクセル数のことを言い、高解像度の動画ではピクセル数の数が多く、きめ細かい映像になります。

アスペクト比は画面の縦横比のことを言い、YouTubeで推奨されている16:9やインスタグラムの1:1、TikTokの9:16などのアスペクト比が使用されています。

解像度とアスペクト比は以下のように表記される場合が多いです。

1280×720(HD)・1920×1080(フルHD)・3840×2160(4K)

解像度とアスペクト比はセットで表記されるので、どちらの意味も理解しておくのが良いでしょう。

コーデック

コーデックは動画編集を行って、最終的に1本の動画としてエンコードを行う際に設定します。

コーデックを行わないと動画の容量が膨大になってしまうので、動画編集を行う方は必ず行う必須の工程です。

コーデックには映像コーデックと音声コーデックの2種類があるので、知っておきましょう。

エンコード

エンコードは設定したコーデック形式で映像と音声を圧縮&変換する作業のことを言い、エンコードを行うことで1本の動画として保存することができます。

エンコードする際に必要となるエンコーダーは動画編集ソフトによって利用しやすいソフトが異なるので、互換性のあるエンコーダーを利用するようにしてください。

動画編集のおすすめソフト3選

最後に動画編集を仕事にしたい方向けに、おすすめの編集ソフトを紹介します。

使用する動画編集ソフトによって仕事の獲得しやすさや、行える編集レベルが変わってくるので、じっくり考えてから選ぶことをおすすめします。

無料で利用できるソフトや無料体験期間のあるソフトもあるので、気になったソフトは実際に使ってみてください。

  • プレミアプロ &アフターエフェクト
  • ファイナルカットプロ
  • ダヴィンチリゾルブ

プレミアプロ &アフターエフェクト

最初に紹介するのがプレミアプロとアフターエフェクトです。

1つの編集ソフトではないのですが、同じAdobe社の編集ソフトで、基本的な動画編集が行えるプレミアプロと、高度なエフェクト編集を行えるアフターエフェクトがおすすめです。

どちらも有料ソフトになりますが、Adobeのクリエイティブプランを契約すれば利用することができます。

プレミアプロとアフターエフェクトをおすすめする理由は、単純に高度な編集作業を行うことができ、動画編集を仕事にしている方の多くが利用しているからです。

実際に動画編集の仕事ではプレミアプロのプロジェクトファイルの共有を行ったりするので、編集ソフトはプレミアプロで指定された仕事が多いです。

他の無料ソフトでも基本的な編集は行えるのですが、編集ソフトが原因で仕事を獲得できない可能性もあるので、他の編集者が利用しているソフトを利用することをおすすめします。

他にもプレミアプロやアフターエフェクトの編集方法はYouTube上で多く公開されているので、学習も行いやすい特徴があります。

ファイナルカットプロ

ファイナルカットプロは世界で最も利用者が多い編集ソフトと言われており、プレミアプロ と同じくらい人気があります。

毎月支払うサブスクリプション形式ではなく、買い切り型でパソコンにインストールすることでずっと利用することができます。提供しているのがApple社なので、Macでしか利用できません。

機能はプレミアプロよりも少ないですが、操作も非常に簡単で、初心者の方でもすぐに扱うことができるでしょう。

ダヴィンチリゾルブ

ダヴィンチリゾルブはオーストラリアの映像制作会社が提供しているソフトで、一部機能は無料から利用することができます。

カラーグレーディング機能が非常に優れており、多くの映像制作者の方が愛用しています。

専用のキーボードを利用すれば編集効率を高めることもできるので、本格的に動画編集を仕事にしたい方におすすめです。

動画編集やり方:まとめ

今回は動画編集を仕事にしたい方向けに、編集の基本的な流れと、必要なスキル、おすすめの編集ソフトについて解説しました。

動画編集を仕事にする方は年々増えてきていますが、まだまだ編集者が不足している状態なので、これから学習を開始する方も遅くはありません。

この記事を参考に動画編集を始めてみてください。

ABOUT ME
Taiwa
Taiwa
最も案件獲得ができるビジネス動画専門の動画クリエイター。 大手の動画スクールでは学べない“超実践式”の独自メソッドで、これから動画編集を始める方でも数ヶ月でスキルを習得して“週末動画クリエイター”として活躍する人を多数輩出。 東南アジア一周や海外ボランティア、カナダ・ワーキングホリデー、タイでの瞑想修行を経験するなど海外生活も長く、海外の動画市場にも精通している。
LINEで友達になりましょう

オンラインビジネスラボのLINEを友だち追加してもらうと、記事の最新情報や、LINEでしかお届けしない情報、ライブ配信の告知などが届きます。

まだ友だちになっていなければ、ぜひ登録しておいてください^^

LINEで友達追加する