動画編集

YouTube動画編集の外注費用は?相場や外注するメリットとデメリットを解説

動画編集

「YouTubeの更新頻度を増やしたいけど、外注ってどうやるんだろう?」

「YouTubeの外注費用の相場はどのくらい?」

「YouTubeの動画編集を外注するメリットは?」

といった疑問に答えていきます。

現在YouTubeチャンネル運営者、もしくはYouTubeの動画編集を行っているフリーランスの方は、外注に関する知識を身につけることができる必見の内容なので、必ず最後までご覧ください。

今はまだ外注を考えていないYouTubeチャンネル運営者、動画編集者の方も将来的に必要な情報となっています。

YouTubeの動画編集外注費用の相場はどのくらい?

YouTubeの動画編集外注費用の相場は以下の通りです。

  • クラウドソーシング=3000円〜
  • 個人に直接依頼する=6000円〜
  • 制作代行会社=1万円〜

おおよその相場はこのくらいです。

クラウドソーシングで依頼した場合が最も安く、制作代行会社だと1本1万円ほどになります。

もちろん会社や個人のレベルによっても変わるので、あくまで参考程度に知っておくと良いでしょう。

YouTubeの動画編集を外注する方法

ではYouTubeの動画編集を外注する方法を紹介していきます。

知り合いの動画編集者の方に依頼する方法もありますが、基本的には以下の3つの方法で外注することになります。

  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • SNSで個人に依頼する
  • 制作代行会社を利用する

どの方法で外注するかによって、動画編集の質や外注費用が変わってくるので、あなたの予算やどのくらいの質を求めるかを元に決めてください。

クラウドソーシングサイトを利用する

最も手軽な外注方法は、クラウドソーシングサイトを活用することです。

大手クラウドソーシングサイトのクラウドワークスやランサーズを利用すれば、すぐに応募を始めることができ、早ければその日の内に契約が完了し、作業してもらうことが可能です。

サイトには多くのYouTube動画編集作業の募集文が公開されており、ほとんどの案件に十数件の応募が来ています。

カットのみやテロップのみといった単純作業だけ外注することも簡単なので、予算の少ない方でも外注しやすいのが特徴です。

クラウドソーシングサイトのメリットは安く早く依頼することができる点で、デメリットは質の高い編集者を見つけるのが難しいことです。

YouTubeチャンネルの外注化を本格的に行う場合は、動画編集者と密にコミュニケーションを取り、編集方法をすり合わせていく必要があります。

継続的に編集を任せられる信頼できる方を見つけるには根気がいるデメリットがあるので、予算のある方は以下の方法を試して下さい。

SNSで個人に依頼する

不特定多数に募集をかけるクラウドソーシングサイトではなく、TwitterやFacebook、もしくはYouTubeなどから優秀な個人に直接依頼する方法もあります。

この方法の場合の外注費用はクラウドソーシングサイトを利用した場合よりも高額になります。

しかし、質の高い方に依頼することができるので、結果的にYouTubeチャンネルの成長にも繋がってくるはずです。

SNSで優秀な動画編集者を探す方法としては、検索窓から「動画編集者」のワードで検索して探すか、動画編集者募集のツイートをして、提案されたアカウントから探す方法があります。

動画編集者として活躍されている方の多くは、ポートフォリオとしてYouTubeチャンネルでスキルを公開していたり、

実績をまとめたブログを運営していることが多いので、スキルを確認した上で依頼してください。

制作代行会社を利用する

最後に、最も安心して外注することができる、制作代行会社を利用する方法を紹介します。

代行会社はYouTubeの動画編集や広告動画の制作を行なっており、スキルの質や納品スピードなどは高いクオリティで制作してもらえます。

ただし、外注費用は紹介した方法の中でもダントツに高く、個人と比べると倍ほどの価格になるでしょう。

予算があり、とにかく早く安定したクオリティで外注を行いたい方には最適ですが、優秀な個人と比べて質が必ずしも高いかというと、そんなことはありません。

制作代行会社と言えど普通の動画編集者が仕事しているので、金額に見合うクオリティかどうかは別の話になります。

YouTubeの動画編集を外注するメリット

YouTubeの動画編集を外注するメリットを紹介します。意外と知られていないメリットもあるはずなので参考にしてください。

  • 企画や構成に時間をかけることができる
  • 一定の質を確保できる
  • PDCAを高速で回すことができる
  • チャンネル開始初期に量を投下できる

企画や構成に時間をかけることができる

YouTubeチャンネル運営で最も時間がかかる動画編集を外注することによって、時間を大幅に削減でき、その時間をチャンネルの企画や動画の構成に使えます。

動画の良し悪しは8割企画と構成によるもので、質の高い編集を行ったとしても、企画や構成が視聴者を惹きつける内容でなければ再生されることはありません。

また、現在チャンネルが伸び始めている方は、伸びる動画を横展開して更新数を増やすことにより、更なる成長が期待できます。

重要な作業に貴重な時間を使えるようになるのは、外注を行う1番のメリットと言えるでしょう。

一定の質を確保できる

外注の際に動画編集者に見てもらう指示内容の書かれた編集マニュアルを作成することで、一定の質を確保できるメリットがあります。

基本的な編集スキルのある方なら行える内容でマニュアルを作成し、継続して依頼することで質を変えずに動画を制作できます。

PDCAを高速で回すことができる

外注を行なって更新頻度が上がれば、その分多くのデータを集めることができ、高速でPDCA(計画・実行・評価・改善)を回すことができます。

良いデータも悪いデータも動画をたくさん更新してこそ適切な分析が行えるので、外注化によりチャンネル運営のスピード感を速くできるのは大きなメリットです。

チャンネル開始初期に量を投下できる

PDCAを高速で回せるメリットにも共通しますが、チャンネル開始初期に外注を行うことで、大量に動画を更新することができます。

すると需要の高い見られやすい動画の傾向を掴むことができるので、チャンネルの運営方針を定められます。

投稿してもほとんど再生されない初期から外注を行えば、コストをかけていることもあり、チャンネル運営に挫折せずに続けることができるでしょう。

YouTubeの動画編集を外注するデメリット

メリットだけでなく、外注するデメリットも紹介します。

  • 質の高い編集者を見つけるのが難しい
  • 編集マニュアルの作成に時間がかかる
  • コストがかかる

質の高い編集者を見つけるのが難しい

YouTubeの動画編集を外注する際のデメリットとして、質の高い編集者を中々見つけられない問題があります。

解説した通り、良い編集者が見つからなければ外注費用が無駄になるだけでなく、編集者との打ち合わせや依頼にかかる時間も無駄になります。

反対に良い編集者さえ見つかれば外注は必ず良い結果を生むので、紹介した外注方法を色々と試して探してみてください。

編集マニュアルの作成に時間がかかる

複数の動画編集者に外注を行う場合、質にバラつきが生じることを防ぐために編集マニュアルを作成します。

編集マニュアルでは、音声やBGM、効果音の音量目安からテロップの大きさフォントなど、あらゆる項目を事前に決めておきます。

YouTube動画編集の外注化で、編集マニュアルは非常に大切で、外注費用を無駄にしないためにも徹底的に作り込む必要があります。

編集マニュアルを作成することに時間がかかり、外注開始後もマニュアルの改善は行なっていくので、始めは外注しているはずなのに忙しくなっていると感じるかもしれません。

ですが、外注を成功させるために欠かせないことなので、手を抜かずに編集マニュアルを作成してください。

コストがかかる

単純に外注には費用がかかるので、予算の少ない方では行えないことや、大きく赤字になる可能性もあります。

避けられないデメリットなので、許容するしかありませんが、作業を部分的に外注したり、比較的低単価で外注できるクラウドソーシングサイトを活用してコストを抑えてみてください。

単純作業だけど時間がかかるカット編集やテロップ入力などは、マニュアルを作成する手間も最小限に抑えられるので、外注を始めやすいでしょう。

動画編集の作業別外注費用の相場

最後に作業別の外注費用の相場を紹介します。

外注予算が少ない方や、編集作業の一部は自分で編集したい方は参考にしてください。

  • カット=2000円〜
  • テロップ=2000円〜
  • BGM・効果音・ノイズ除去=1000円〜
  • オープニング&エンディング作成8000円〜

この金額は全てクラウドソーシングサイトを利用した場合の相場です。

編集作業を部分的に外注する場合はクラウドソーシングサイトが依頼しやすくおすすめです。

YouTubeの動画編集外注:まとめ

今回はYouTubeの動画編集を外注する方法やメリット、デメリットについて解説しました。

時間のかかる動画編集作業を外注することができればYouTubeの企画や運営に時間をかけることができます。

最初は外注を難しく感じてしまいますが、 1度で外注を行えば簡単なことに気がつくので、ぜひこの記事を参考に試してみてください。

ABOUT ME
Taiwa
最も案件獲得ができるビジネス動画専門の動画クリエイター。 大手の動画スクールでは学べない“超実践式”の独自メソッドで、これから動画編集を始める方でも数ヶ月でスキルを習得して“週末動画クリエイター”として活躍する人を多数輩出。 東南アジア一周や海外ボランティア、カナダ・ワーキングホリデー、タイでの瞑想修行を経験するなど海外生活も長く、海外の動画市場にも精通している。
【無料LINE講座】週末動画クリエイター