動画編集

動画編集を効率化するおすすめマウス7選|トラックボールマウスを使いこなそう

動画編集

「動画編集を効率化するおすすめのマウスが知りたい!」

「トラックボールマウスって良いのかな?」

「マウス使わなくても動画編集できるでしょ!」

という方向けに、動画編集作業を効率化することができる、おすすめのマウス7選を紹介します。

マウスを使わなくても動画編集を行うことはもちろんできますが、編集にかかる時間を少しでも短くするにはマウスが必ず必要になります

実際にプロの映像製作者の方のほとんどは高機能マウスを使用して、編集作業を効率化させています。

動画編集用マウスを選ぶ際の大事なポイントも合わせて解説しているので、参考にしてください

記事中盤では動画編集に最適なトラックボールマウスについて紹介しています。

動画編集用マウスを選ぶ際のポイント

動画編集用マウスを選ぶ際のポイントは以下の通りです。

  • ショートカット機能があるか
  • 長時間作業でも疲れない
  • 接続形式は無線か有線か

動画編集を効率化するためにマウス選びは非常に重要です。

マウスなしでトラックパッドでカーソル操作を行なっている方もいるかと思いますが、動画編集はマウスを使用した方が効率良く作業することができます

編集を効率化させる目的でマウスを選ぶ際は、上記のポイントをしっかり確認してから購入するようにしましょう。

ショートカット機能があるか

マウスはカーソルを動かしたり、スクロールできるだけでなく、ショートカット機能を追加することができる高機能なマウスもあります

左クリックと右クリックだけでなくマウスによっていくつもボタンが搭載されているマウスがあり、

編集ソフトと連携して、今までキーボードで操作していたショートカットキーをマウスに設定することができます。

なので、動画編集用のマウスを選ぶ場合はなるべくボタン数が多く、カスタマイズ性の高いマウスを選ぶようにしましょう

高機能マウスでボタン数が多いほど価格は高くなりますが、その分ショートカット機能をマウスに追加することができ、今までキーボードで操作しなければならなかった分、大きな時短になります。

また、PremiereProなどの動画編集ソフトと連携が行いやすく、ショートカットをマウスに追加できる形式であるかも必ず確認しておかなければなりません。

長時間作業でも疲れないか

動画編集は基本的に長い時間の作業が想定されるので、長時間作業を行なっても疲れないかを確認しておく必要があります

実際に作業して確かめることは難しいので、疲れにくいであろうマウスを探すポイントをいくつか介します。

  • サイズ
  • 重さ
  • 操作感度

【サイズ】

マウスを持った時のサイズ感が手にフィットしていないと、少しの違和感でも長時間使用すると手首が痛くなってしまいます

エルゴノミクスマウスという人間工学に基づいたサイズのマウスを利用すれば、ほとんどの方の手の形にフィットします。

海外メーカーのマウスは日本の手が小さい方では合わない可能性があるので、海外商品を購入するときは日本の方のクチコミをよく確認してください。

【重さ】

マウスの重さも長時間作業を快適に行うには非常に重要です。

重すぎても操作性が落ちるのですが、反対に軽すぎてもカーソルをコントロールしにくくなるので、適度な重量を選びましょう

重さを調節できる商品もあります。

【操作感度】

操作感度はマウスを動かしたり、クリックをした際の反応速度のことで、効率良く動画編集を行うには操作感度の良いマウスを使用する必要があります

特にカット編集や高度なエフェクト編集を行なっている時に操作感度が悪いと、意図しない箇所でカットしてしまったり、快適に編集することが難しくなります。

接続形式は無線か有線か

マウスの接続形式も非常に重要なポイントです。

無線の方がコードが邪魔にならないし便利!と考える方が多いですが、実は一概に無線マウスが良いとは断言できません。

なぜなら無線では有線と比べて、操作の遅延が発生したり、それによる誤動作などの不具合が起きる可能性が高いからです。

有線のマウスでは操作は遅延することなく安定した作業が可能になります

また、無線の場合はマウス本体を充電する必要もあるので、動画編集用としてマウスを探す場合はなるべく有線を選ぶことをおすすめします。

有線を選んで、どうしてもコードが邪魔に感じてしまう場合は、マウスバンジーというケーブルを持ち上げて快適にマウスを動かせるようにするアイテムを利用すると良いでしょう。

トラックボールマウスを利用するメリット&デメリット

トラックボールマウスとは、マウスを動かさなくてもトラックボールを転がすだけで上下左右に自在にカーソルをコントロールすることができるマウスです。

動画編集を効率良く行うには、少しでも無駄な動きを省いて、少ない動きで編集していくことが大切です

トラックボールマウスを使用するメリットは以下の通りです。

  • 親指でカーソルを動かせる
  • 腱鞘炎を防ぐ
  • マウスパッドが必要ない

【親指でカーソルを動かせる】

通常のマウスならカーソルを動かす際にマウスごと動かし、上下の動きは中央のローラーを中指で操作するはずです。

しかしトラックボールマウスなら親指で全てのカーソル操作を行うことができ、動かしやすい親指なので、カーソル移動も一瞬で行えます

【腱鞘炎を防ぐ】

マウス操作のしすぎで手首の腱鞘炎になることは多いですが、親指だけで操作できるトラックボールマウスは手首を動かす必要がないので、腱鞘炎になることはありません

長時間作業が必要になる動画編集者に最適なマウスと言えるでしょう。

【マウスパッドが必要ない】

マウスを動かさないので、マウスパッドが必要ないメリットもあります。

つまり膝の上でもどこでもマウス操作を行うことができ、作業環境の幅が広がります。

次にトラックボールマウスを使用するデメリットは以下の通りです。

  • 持ち運びに向かない
  • 操作に慣れない
  • 壊れやすい

【持ち運びに向かない】

トラックボールマウスはボールが入っているので、サイズが大きく持ち運びにはあまり向きません

しかし、マウスを動かさずカーソル操作ができるので、サイズを全く気にしないのであれば、外出先でマウスを動かせない環境でも動画編集を行うことができる特徴もあります。

【操作に慣れない】

通常のマウスでは親指は全く動かさないので、操作に慣れるまでは違和感があります。

マウスを動かす必要がないのに、最初の内は通常のマウスと同じように動かしてしまうはずです。

逆に編集スピードが遅くなる可能性もありますが、慣れないのも最初だけなので、マウスは動かさないで親指で動かすと意識して続ければすぐに慣れるので安心してください。

【壊れやすい】

ボール部分にほこりやゴミが入ってしまって、壊れやすいデメリットがあります

壊れた場合は簡単にトラックボールを外して、メンテナンスすることもできます。

また取替用のボールも販売しているので、ボールが破損した場合でも問題ありません。

動画編集用マウスおすすめ7選

動画編集を効率化するおすすめマウスをいくつか紹介します。

  • ①エレコム M-DUX30BK
  • ②LOGICOOL ワイヤレストラックボールSW-M570
  • ③LOGICOOL ワイヤレストラックボールMX ERGO
  • ④サンワサプライ ワイヤレスレーザートラックボール MA-WTB43BKN
  • ⑤エレコム M-DT2DRBK
  • ⑥LOGICOOL ゲーミングマウス G300Sr
  • ⑦LOGICOOL ゲーミングマウス G502

操作ボタンの多いゲーミングマウスから、トラックボールマウスまで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

①エレコム M-DUX30BK

エレコム M-DUX30BKは非常にリーズナブルな価格で、ボタン数が多く、様々なショートカットキーを追加することができます。

親指を使用してボタン操作をするので、最初は慣れが必要ですが、慣れれば動画編集をかなり効率化できるでしょう。

操作感度はゲーミングマウスかつ有線形式なので、反応は抜群です。

価格は3000円以下で購入できるので、まだマウスを使用して動画編集をしたことがない方に一押しの商品です。

②LOGICOOL ワイヤレストラックボールSW-M570

LOGICOOL ワイヤレストラックボールSW-M570はトラックボールマウスで動画編集者やEスポーツ選手に人気のマウスです。

サイズ感が良く、手のひら全体にフィットする形状で、手首を動かす必要は全くありません。

トラックボールだけでなく、ボタン数も多いので、ショートカットキーを追加することも可能です。

価格は5000円ほどで購入できるので、トラックボールマウスの中ではコスパの良い商品です。

③LOGICOOL ワイヤレストラックボールMX ERGO

LOGICOOL ワイヤレストラックボールMX ERGOはトラックボールとボタン数の多い動画編集者に人気のマウスで、プロの制作現場でも実際に使用されています。

トラックボールでカーソルを動かしながら、カットやリップル削除、編集点の移動などマウスを持っている手だけで操作できます。

マウスとキーボードでショートカットキーを分けて設定しておけば、編集作業を究極まで効率化した状態で作業できることでしょう。

価格は1万2000円ほどで購入できます。

④サンワサプライ ワイヤレスレーザートラックボール MA-WTB43BKN

サンワサプライ ワイヤレスレーザートラックボール MA-WTB43BKNはトラックボールと6個のボタンを搭載した高機能マウスです。

トラックボールかつボタン数も多いので、ショートカットキーやカーソル操作に慣れるまで時間が必要になりますが、編集効率アップ効果は抜群です。

価格は5000円ほどで購入できます。

⑤エレコム M-DT2DRBK

エレコム M-DT2DRBKは無線形式のトラックボールマウスで、ボタン数はなんと8個もあります。

充電式ですがマウスの電池残量はランプで簡単に確認することができ、電池の減りも遅いので、一回の充電で長時間作業は問題なく行うことができます。

トラックボールの取替用も販売しているので、壊れた場合でも簡単にメンテナンス可能です。

⑥LOGICOOL ゲーミングマウス G300Sr

LOGICOOL ゲーミングマウス G300Srはゲーミングマウスとしてコスパ抜群の商品で、動画編集でも活躍します。

2000円ほどで購入できる低価格ながらボタン数は9個あり、ショートカットキーの設定も非常に簡単です。

ショートカットキーの設定も作業別に3つまでプログラムデータを保存することができるので、動画編集以外でも役立ちます。

有線形式で操作感度も抜群なので、2000円とは考えられないコスパの良い商品です。

<h3>⑦LOGICOOL ゲーミングマウス G502</h3>

LOGICOOL ゲーミングマウス G502はボタン数11個のゲーミングマウスで、カスタマイズ性の高い特徴があります。

カスタマイズできるのはショートカットキーの設定だけでなく、操作感度を作業しやすいようにあえて遅くすることができたり、5個のウエイトを使用してマウスの重量をお好みに変えることもできます。

とにかく自分の作業スタイルに合わせてマウスをカスタマイズしたい方に最適な商品です。

まとめ

今回は動画編集を効率化するおすすめのマウスをいくつか紹介しました。

マウスを使用せずに動画編集をしている方は、高機能マウスを使用してショートカットキーをマウスで使いながら編集したほうが圧倒的に速く作業できるのでおすすめです

特に解説したトラックボールマウスを使用すれば、マウスを動かす必要なく快適に作業可能です。

動画編集用マウスの選び方を参考にして、編集作業を効率化してみてください。

ABOUT ME
Taiwa
最も案件獲得ができるビジネス動画専門の動画クリエイター。 大手の動画スクールでは学べない“超実践式”の独自メソッドで、これから動画編集を始める方でも数ヶ月でスキルを習得して“週末動画クリエイター”として活躍する人を多数輩出。 東南アジア一周や海外ボランティア、カナダ・ワーキングホリデー、タイでの瞑想修行を経験するなど海外生活も長く、海外の動画市場にも精通している。