動画編集

映画風な動画編集方法とは?シネマティック動画を制作して視聴者を魅了しよう

動画編集

「YouTubeでシネマティックと言われている映画風な動画はどうやって編集してるんだろう?」

「具体的な編集方法が知りたい!」

という方向けに、映画風な動画編集方法を解説します。

また、編集者の方も映画風な動画を制作するための撮影方法も知っておく必要があるので、合わせて紹介します。

YouTubeではシネマティック動画やVlog動画として、多くのYouTuberの方が動画を公開しています。

映画風な映像の需要は確実に高まっており、今までのザ・YouTuberといったテロップや効果音を多用した動画の編集よりも高単価の案件が増えてきています

映画風なシネマティック動画が編集できるようになれば、企業の広告動画やテレビCMの制作まで行えるようになる可能性があるので、ぜひこの記事を最後までご覧ください。

ネット記事でここまで映画風動画の編集方法をまとめた記事はない自身があるので、動画編集者必見です。

映画風な動画とは?シネマティックとは?

「シネマティック=cinematic」というタイトルの動画はYouTubeで非常に多く投稿されています

シネマという名前の通り、映画風な動画のことを呼びます。

映画風な動画の特徴としては、高画質カメラで撮影され、適度にボケ感があり、魅力的な音楽と映像に一体感がある動画です。

一概にこれがシネマティック動画という定義はできませんが、現在は上記の要素のある動画をシネマティックと表現しています。

映画風な動画編集をするには、編集だけ意識して行っても不可能で、撮影時から映画風にするために意識する項目がたくさんあります。

撮影した素材が適したものでないと、編集で色々と工夫しても限界があります。

なので映画風な動画撮影方法から解説して、その後撮影した素材をより映画風に変化させる編集方法を解説します。

映画風な動画を制作するメリット

映画風な動画を制作するメリットは以下の通りです。

  • 高単価の仕事ができる
  • YouTubeチャンネルを伸ばせる
  • 撮影方法も身につけることができる

高単価の仕事ができる

映画風な動画を撮影から編集まで行えるようになれば、高単価の仕事を獲得できるようになります。

YouTube動画の編集だけでも、ある程度稼ぐことはできますが、やはり稼げる金額に限界があります。

映画風な動画を制作できるようになれば、YouTubeやSNSの広告動画やテレビCMの制作まで行える可能性があり、当然かなりの高単価で仕事することができます

収入を増やすために何か新しいスキルを身につけたいと考えている編集者の方は、映画風な動画の制作にチャレンジすることをおすすめします。

YouTubeチャンネルを伸ばせる

映画風動画を制作できるようになれば、自分のYouTubeチャンネルで公開してチャンネルを伸ばせる可能性もあります

動画編集者が稼ぐ道は、何も他の人のチャンネル動画を編集するだけではないので、自分の資産となるチャンネルを育てるのも良いでしょう。

撮影方法も身につけることができる

映画風な動画を制作する過程で、自然と撮影方法も身につけることができるので、撮影と編集まで一括で仕事にすることが可能になります

撮影を行える動画編集者は少なく、かなり希少価値の高い存在になれます。

有名なYouTuberの専属撮影&編集者になれば、高単価で安定した収入源になるでしょう。

映画風な動画撮影方法

動画編集の方法の前に映画風な映像の撮影方法を解説します。

撮影時には以下の点を意識してください。

  • フレームレート
  • シャッタースピード
  • Log撮影
  • ストーリー
  • ボケ感
  • ドローンやジンバル

フレームレート

フレームレート(fps)とは1秒間の動画で使用している画像数のことで、パラパラ漫画の枚数と考えてもらうと分かりやすいかと思います。

フレームレートの数値が高いほど、1秒間に使用している画像が多いことになるので、映像は滑らかに見えます。

映画風動画の撮影では24fpsが使用されているのが一般的で、ハリウッド映画でも24fpsが採用されています

一般的なテレビでは30fps、ゲームでは60fpsが使われているので、24fpsはかなり低いフレームレートです。

24fpsで撮影した動画は、映画のように自然な滑らかさで表現できるので、多くの人が映画を見て感じる印象と同じ雰囲気にすることが可能です。

シャッタースピード

次にシャッタースピードは、 1フレームを撮影する時間を表しており、フレームレートに適したシャッタースピードを選択して撮影しないと、違和感のある映像になってしまいます。

具体的は映像がカクついたり、残像が映ってしまったりします。

映画風の動画を撮影したい方は、シャッタースピードをフレームレートの2倍、つまり24fpsなので48ssということです

しかし撮影機材によっては50ssしか選択できない可能性がありますが、問題ない範囲なので気にしなくて大丈夫です。

Log撮影

Log撮影といって映像にデフォルト機能でカラーグレーディングを行わない方法で撮影しておくと、編集の際にカラーグレーディングを行いやすい特徴があります

Log撮影が行えるカメラ機材は決まっているので、購入する前にLog撮影ができるか確認してから用意しましょう。

ストーリー

撮影時に意識するといいことはストーリーを考えて構図を変化させることです

ストーリーと言っても本当の映画のようにセリフがある必要はなく、撮影場所や人物の視線、時間の流れを意識するだけで、見ていて違和感のない映像にすることができます。

撮影場面がコロコロと変わってしまったり、時間の流れがメチャクチャだと、記憶に残りづらくなります。

どんな構図で撮影した方が良いかは、多くのシネマティック動画を見て覚えていきましょう。

ボケ感

ボケ感とは映像のピントが合う部分と合わない部分を明確にして、視聴者に見てもらいたい部分に注目してもらうことができます

スマートフォンでも4K動画やスローモーション動画など高画質な動画を撮影することができるようになりましたが、ボケ感のある映像を撮影するにはミラーレス一眼のカメラが必要になります。

映画風な動画を撮影したい方は、なるべくカメラ機材にお金をかけてボケ感のある良い映像を撮れる物を用意しましょう。

ドローンやジンバル

映画風な動画を撮影するには、一人称の視点だけでなく、スタンドを使用して第三者目線で撮ったり、ドローンを使って上空から非日常的な撮影を行うと良いです

また、ジンバルと言ってブレのない滑らかな映像を撮影できる機器を使用することで、印象を大きく変えることができます。

ドローンやジンバルを使用することで、誰でも簡単に素人感をなくした高クオリティな映像を撮影可能です。

映画風な動画の編集方法

撮影した素材を映画風に編集する方法を解説します。

編集画面の参考には、最も利用者が多いAdobeのPremiere Proを使って説明します。

  • タイトル
  • クロップ
  • カラーグレーディング(LUT・色調補正)
  • トランジションを使わない切り替え
  • 日常の効果音を使う

タイトル

映画のような印象を与えるには、タイトルや字幕に使われるフォントやアニメーションを工夫すると良いです。

YouTuberのようなカラフルでポップなフォントを使用する必要はありません。

映像の雰囲気を壊さないように、世界観にあったフォントやアニメーションを使用します

フォント

タイトルフォントをデフォルトのままにしたり、適当に選んでいるのは非常にもったいないです。

フォントを変えるだけで、映画風な印象に変えることができます。

Adobe Creative Cloudを契約している方は、Adobe Fontsで検索すると15000種類以上のフォントを全て商用利用可能で使うことができるのでおすすめです。

アニメーション

フォントもただ表示させるだけでなく、手書き風やタイプライター風のアニメーションを使用するとシネマティックな映像にすることができます。

YouTubeでタイトルアニメーションと検索すると、色々なチュートリアル動画で編集方法を見ることができるので、参考にして編集してみましょう。

クロップ

普通のテレビやYouTube動画と、映画の大きな違いは、画面のアスペクト比です。

アスペクト比は画面縦横比のことで、一般的には16:9の横長の画面が使用されており、映画では更に横に細長い2.35:1です。

このアスペクト比編集するだけで、映画のような印象を与えることができます。

撮影時から映画のアスペクト比で撮ることもカメラによっては可能ですが、編集時にクロップを適用させるだけで簡単にアスペクト比を変えることが可能です

クロップは素材をトリミングできるエフェクトで、エフェクトパネルで「クロップ」と検索して追加したい素材にドラック&ドロップします。

おすすめの適用方法は、全てのクリップ上に調整レイヤーを配置し、一括でクロップをかける方法です。

クロップのトリミング範囲の数値はお好みになりますが、上下に11%か12%で設定すると良い印象になるでしょう。

最も簡単な方法ながらシネマティックな雰囲気を作れる効果的な編集方法なので、試してみてください。

カラーグレーディング(LUT・色調補正)

映画のような印象を見ている方に与えるには、カラーグレーディングを行わないといけません。

カラーグレーディングは映像の色合いを変える編集方法で、色調補正を行うか、LUTと呼ばれるカラーグレーディングをコード化されてものを適用させて色合いを変えます

ネットで「シネマティック LUT」と検索すると、プロが制作した無料で使用できるシネマティックなLUTをダウンロードすることができるので、利用してみてください。

ダウンロードしたLUTの適用方法

Premiere ProでLUTを適用させるには、タイムラインに適用させたい素材または素材の上のレイヤーに調整レイヤーを配置します。

次に画面上部のウィンドウからワークスペース、カラーを選択します。

するとLumetri カラーのパネルが表示されるので、

LUT設定から参照を選択して、ダウンロードしたLUTファイルを適用させます。

色調補正

LUTを適用させない場合は、色調補正で露光量やコントラスト、ハイライトやシャドウを調節して変更します。

人によって好みがあるので、色々と操作してみてお気に入りの設定を探してみてください。

トランジションを使わない切り替え

YouTubeの動画編集ではトランジションエフェクトを使用して、画面の切り替えを行うことが多いですが、映画風の編集を行う場合はトランジションを使用せずに切り替えを行います

理由はエフェクトで切り替えてしまうと、素人感のある印象の動画になってしまうからです。

エフェクトを使わないトランジションは、マスキングやスムーズトランジション、もしくは似たシーンの繋ぎ合わせで上手く表現します。

マスク

マスクトランジションは手間がかかる編集ですが、オシャレでカッコいい表現ができるので試してみてください

編集方法は手間がかかりますが仕組みは簡単で、映像に映る木や壁などの障害物を利用して別のシーンへと自然と繋げるだけです。

タイムラインに障害物が画面上を通過する素材と、次のシーンの素材を重ねて配置し、障害物が映る素材にマスクをかけて、障害物に沿ってくり抜きます。

マスクパスを選択すると映像に合わせてマスクの適用範囲を変えることができます。

フレーム1コマごとにマスク範囲を調節していき、障害物が通過すると次のシーンの映像が見えるようにします。

また、マスクの境界線のぼかしの数値を高めると、違和感なくスムーズにシーンを切り替えることができます。

地味な作業ですが、やり方が分かれば色々なシーンで活用できるテクニックです。

スムーズトランジション

スムーズトランジションは似たシーンを繋ぎ合わせることにプラスして、カメラの動きを合わせてトランジションを行う方法です

エフェクトを使用しないので、自然な切り替えが表現できます。

素材の終わりにカメラを右に振ったら、次の素材は左から振って撮影が始まると言うイメージです。

多用しすぎると視聴者の目が回ってしまいますが、見せたいポイントだけ使用すれば面白い映像になるはずです。

似たシーンの繋ぎ合わせ

加工など必要なく、撮影した素材の中から似たシーンを繋ぎ合わせて場面切り替えを行います。

似たシーンとは、色合いが同じだったり、環境が同じ、構図が同じといったいった意味です。

編集時にこのことを意識していると、違和感のない繋ぎ合わせが行えます。

撮影時に多くの素材を撮っておくことも大切です。

日常の効果音を使う

効果音と聞くと、YouTuberの動画編集をしている方は「ドーン」や「オウ!」といった素材をイメージするかと思いますが、映画風な動画編集では、日常で聴こえてくる環境音を上手く効果音として取り入れて使用します

撮影時に環境音が録音できていれば1番良いですが、上手く入っていない場合は、環境音の素材をダウンロードして違和感のないように挿入します。

インスピレーションが貰える国内&海外の動画クリエイター紹介

最後に映画風な動画を制作するインスピレーションを貰える、国内と海外の動画クリエイターを紹介します。

センスの良い動画を制作するには、色々な動画を見て、撮影方法や編集方法を知らなければなりません。

始めは有名クリエイターの真似からスタートしても問題ないので、参考にしてください

Peter McKinnon

ピーター・マッキンノンさんは独特な挨拶が面白い映像クリエイターで、チュートリアル動画やVLOG、商品紹介を行っています。

映像がとにかく美しくて、音楽も魅力的なので参考になるところがたくさんあります。

Casey Neistat

音楽と映像の組み合わせ方を学ぶにはCasey Neistatさんの動画が1番です。

シネマティック動画とVLOG形式の動画を世界で最初に行ったと言っても良いほど長くYouTubeに投稿しており、チャンネル登録者はなんと1200万人を超えています。

どの動画を見ても面白くて止まらなくなってしまう魅力があります。

大川優介

大川優介さんは日本のシネマティックYouTuberの代表とも言える存在で、シネマティック動画を制作する知識を学べるオンラインコミュニティーも行っています。

カメラレビューやチュートリアル動画、VLOG動画も多く公開されているので、大変参考になるはずです。

AUXOUT

AUXOUTさんの映像やカラーディング技術は他のYouTuberの中でも圧倒的で、これ以上美しい映像を投稿している方はいません。

投稿頻度は多くありませんが、1本1本がとにかく作り込まれているので、本当に映画を見ているような感覚になります。

チュートリアル動画は公開されていませんが、使用しているLUTは販売しているので、利用してみるのも良いかと思います。

まとめ

映画風なシネマティック動画が編集できるようになれば、企業の広告動画やテレビCMの制作まで行えるようになります。

高単価の非常に良い案件となりますので、ぜひ挑戦していきましょう。

Vyond(ビヨンド)とは?動画編集者はアニメーション作成ツールで差をつけよう!

ABOUT ME
Taiwa
Taiwa
最も案件獲得ができるビジネス動画専門の動画クリエイター。 大手の動画スクールでは学べない“超実践式”の独自メソッドで、これから動画編集を始める方でも数ヶ月でスキルを習得して“週末動画クリエイター”として活躍する人を多数輩出。 東南アジア一周や海外ボランティア、カナダ・ワーキングホリデー、タイでの瞑想修行を経験するなど海外生活も長く、海外の動画市場にも精通している。
【無料LINE講座】週末動画クリエイター