動画編集

動画編集の副業は今がはじめどき!メリットやデメリット、始め方を解説

動画編集

「副業で動画編集をやってみたいんだけど、働きながらでもできるかな?」

2018年1月に厚生労働省が「モデル就業規則」を改正したことで、副業ブームが到来しました。

会社に勤めながら動画編集をやってみたい、と思っているのではないでしょうか

今回は、副業として動画編集を行うメリットやデメリット、始め方を解説します。

副業で動画編集をするべきかどうかの、良い判断材料となる内容です。

ぜひ最後までご覧ください。

動画編集の副業のメリット3つ

動画編集の副業のメリットは、次の3つです。

  • 今後も需要がある
  • スキマ時間にPC1台でできる
  • すばやくスキルを身に付けられる

メリットを理解することで、実際に副業を始めたときのイメージが湧きやすくなります。

今後も動画編集の需要が増えていく

1つ目は、今後も動画編集の需要が増えていくこと。

2021年現在でも、YouTubeを中心とした動画市場が盛り上がりを見せています。

さらに2023年の動画広告市場規模は、2021年比で130%も拡大していくと予測されています

(引用:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施|Cyber Agent

この波に乗って収入が上がれば、独立も可能です。

スキマ時間にPC1台でできる

スキマ時間にPC1台でできるお手軽さも魅力のひとつ。

就寝前や通勤中、仕事帰りのカフェでも作業できます。PCを持っていればすぐに取りかかれるので、会社員の方でも始めやすいのです。

スキマ時間が多い仕事に就いている方であれば、とくに動画編集は適しているといえます。

すばやくスキルを身に付けられる

すばやくスキルを身に付けられるメリットもあります。

動画編集では編集ソフトを使って、次の作業をします。

  • カット
  • 文字入れ
  • 効果音 など

これらの基本スキルさえ押さえれば、仕事をこなすスピードも早くなるのです。

一方で、動画編集は覚えることが少ないので、副業としても始めやすいのです。

動画編集の副業のデメリット3つ

動画編集の副業のデメリットは、次の3つです。

  • 1本の動画編集に時間がかかる
  • 基本スキルは単価が低い
  • 納期を守るのが大変

デメリットをあらかじめ知ることで、自分のワークスタイルで続けていけるのかが把握できます。

1本の動画編集に時間がかかる

動画編集は、1本の動画完成に時間がかかるものです。

YouTubeのチャンネル登録者数900万人を超えているHikakinさんも、テレビ番組内で「7分の動画に6時間かけている」と話すほどです。

少しでも時間を見つけて編集しなければならないので、副業に追われている時間が多くなります。単純作業でもあるので、苦痛に感じてしまうこともあるのです。

基本スキルは単価が低い

カットや文字入れなどは、単価が低い傾向にあります

たとえば、大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」のYouTube動画作成・編集では、基本スキルの案件が多くあります。

プロジェクト形式だと、次のような価格帯です(全187件、2021年4月13日現在)。

  • 0円~5,000円以下 64件
  • 5,000円以上~10,000円以下 21件
  • 10,000円以上~50,000円以下 16件
  • 50,000円以上~100,000円以下 28件
  • 100,000円以上~300,000円以下 12件

仕事の合間をぬって編集しないと、希望する収入まで達しないこともあります。

納期を守るのが大変

1つの作品を作り上げるのに何時間もかかるので、納期を守るのが大変です。

相手がいるので、自分のペースでゆっくりと編集できません。

残業が多い仕事だと納期に間に合わず、発注者に迷惑をかけてしまうこともあります

動画編集の始め方

副業で動画編集を始める手順は、次のとおりです。

  • 必要なものをそろえる
  • スキルを習得する
  • 仕事を探す

とくにスキルの学び方で、収入に差が出ます。選択肢はたくさんあるので、あなたに合った方法を選びましょう。

必要なものをそろえる

まずは、動画編集の必須アイテムをそろえます

アイテムと選ぶ基準は、表のとおりです。

アイテム選ぶ基準
編集ソフト無料か有料か、初心者でも使いやすいか
PCノートパソコンかデスクトップか
マウスショートカット機能の有無、操作性
ディスプレイモニターの大きさ、疲れにくいか

詳しい内容は、以下の記事をご覧ください。

スキルを習得する

次に、動画編集スキルを学びましょう

方法は、次の2つです。

  • 独学
  • スクールに通う

それぞれにメリットとデメリットがあります。あなたのワークスタイルに合った方法で、スキルを習得しましょう。

独学

今や、YouTubeや本で動画編集を学べる時代です。

独学のメリットは、次の2つ。

  • 費用を抑えられる
  • 自分のペースで学べる

本で学習したい方は、書籍代が必要となります。まとまった時間が取れなくても、気軽に学べるのが独学の良いところです。

一方で、次の3つのデメリットもあります。

  • 疑問点をすぐに解決できない
  • 仲間を見つけづらい
  • 効率さに欠ける

独学のデメリットは、疑問点をすぐに解消できないことです。自己流になるので、より正確で効率的な編集方法を習得できないこともあります。

独学は、できるだけお金をかけたくない方や自分のペースで学びたい方、普段から動画編集の情報収集をしている方にオススメです。

スクールに通う

動画需要が増えている中で、大手から小規模なものまで数多くのスクールがあります。利用者の目的にあったものを選べます。

スクールに通うメリットは、次の3つです。

  • 最新の情報が手に入る
  • 仕事の紹介もある
  • 仲間ができる

スクールに通えば、専門の講師から業界のニュースをいち早くキャッチできます。仕事を紹介してくれるスクールであれば、サポートが手厚いといえます。

一方で、次の2つのデメリットも覚えておきましょう。

  • 費用が高くなる
  • 途中で進路変更しにくい

独学よりも費用がかかってしまい、一度始めたらなかなかやめづらいこともあります。

スクールは、勉強の仕方やどのように仕事を獲得するべきか、不安なことが多い方にぴったりです。

オンラインビジネスラボでも週末動画クリエイターを開講しています!

無料LINE講座を実施しているので、ご登録してくださいね。

仕事を探す

最後に、仕事を探します

探し方は、次の2つです。

クラウドソーシングでは、応募から納品、支払いまでスムーズに行えます。副業初心者にもおすすめです。

求人サイトにも、WワークOKの求人がたくさん掲載されています。

応募する際には、ポートフォリオを作って営業しましょう。案件を獲得しやすくなります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

動画編集の副業は、今がはじめどきです。今後も需要が見込めるので、収入・スキルともにアップできます。

ただし、始める場合には、あなたのワークスタイルに悪影響をおよぼさないか見極めることも重要です。

動画編集は魅力的な仕事です。十分に納得した上で、副業を始めましょう!

ABOUT ME
Taiwa
最も案件獲得ができるビジネス動画専門の動画クリエイター。 大手の動画スクールでは学べない“超実践式”の独自メソッドで、これから動画編集を始める方でも数ヶ月でスキルを習得して“週末動画クリエイター”として活躍する人を多数輩出。 東南アジア一周や海外ボランティア、カナダ・ワーキングホリデー、タイでの瞑想修行を経験するなど海外生活も長く、海外の動画市場にも精通している。
【無料LINE講座】週末動画クリエイター