動画編集

動画編集案件の相場はいくら?高単価の案件を受注する方法もあわせて解説

動画編集

「動画編集を始めたいけど、実際の相場ってどれくらいなのかな」

これから個人で動画編集をしたい方であれば、そう悩む方も多いのではないでしょうか。

今回は、YouTube動画や会社のPR動画などの、1案件あたりの相場を解説します。

この記事を読めば、どの程度の収入になるのかイメージが湧きます。未経験から高単価の案件を受注する方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

動画編集の案件相場は受注方法によって異なる

動画編集の案件相場は、受注方法によって異なります。おもな受注方法は、次の2つです。

  • クラウドソーシング
  • 直接応募

2つの違いをあらかじめ知っておくことで、応募する際の注意点がわかります。

クラウドソーシング

クラウドソーシングの相場は、直接応募と比べると安い傾向にあります。企業のほかに個人も募集しているので、全体として相場は下がるのです。

さらに手数料が引かれることにも注意しなければなりません。クラウドワークスとランサーズの報酬10万円以下の手数料は20%です。

(参考:ワーカーシステム手数料|CrowdWorks

(参考:仕事が成立した場合の利用手数料はいくらですか?|Lancers

クラウドソーシングで受注する場合には「手数料が引かれたあとの金額」で、収入の見通しを立てるようにしましょう。

直接応募

求人サイトや、Web制作会社のホームページへ直接応募したときの相場は、クラウドソーシングと比べると高い傾向にあります。企業だと予算が大きくなるので、相場も上がるのです。

また、手数料が引かれることはありません。

動画編集案件の相場はいくら?

個人で受注するときの相場は、動画の種類によっても若干異なります。ここではクラウドワークスでの、YouTube動画とその他会社のPR動画などの相場を解説します。

YouTube動画

YouTube動画の相場は、1,000円~10,000円程度です。

以下、クラウドワークスのYouTube動画作成・編集、プロジェクト(固定報酬制)より、報酬額ごとの件数を算出しました。(「予算はワーカーと相談」以外の全163件、2021年4月20日現在)

報酬額件数
0円~5,000円以下68
5,000円以上~10,000円以下29
10,000円以上~50,000円以下19
50,000円以上~100,000円以下30
100,000円以上~300,000円以下16
300,000円以上~500,000円以下1
500,000円以上~1,000,000円以下0
1,000,000円以上~5,000,000円以下0

10,000円以下の案件が、全体の60%を占めています。

その他会社のPR動画など

会社のPR動画などの相場は、1,000円~100,000円程度です。YouTube動画のように、突出して5,000円以下の案件が多いわけではありません。

以下、クラウドワークスの動画作成・動画制作、「YouTube」を含めないで検索、プロジェクト(固定報酬制)より、報酬額ごとの件数を算出しました。(「予算はワーカーと相談」以外の全48件、2021年4月20日現在)

報酬額件数
0円~5,000円以下13
5,000円以上~10,000円以下8
10,000円以上~50,000円以下4
50,000円以上~100,000円以下6
100,000円以上~300,000円以下16
300,000円以上~500,000円以下1
500,000円以上~1,000,000円以下0
1,000,000円以上~5,000,000円以下0

100,000円以下の案件が、全体の65%を占めています。

動画編集者の毎月の収入・年収のめやす

クラウドソーシングで5,000円(税抜)の案件を月10本納品した場合の月収と年収は、以下のとおりです。

5,000円(税抜)×10%(消費税率)=5,500円(税込の契約金額)

5,500円(税込)×20%(手数料率)=1,100円(税込の手数料)

5,500円-1,100円=4,400円(1案件あたりの手取り金額)

4,400円×10本=44,000円=月収

44,000円×12か月=528,000円=年収

未経験から高単価の案件を受注する方法3つ

未経験から高単価の案件を受注する方法は、次の3つです。

  • 求人サイトやWeb制作会社のサイトから直接応募する
  • 仕事用SNSで営業する
  • 付加価値を提供する

上記の3つを実践することで、できるだけ早い段階で収入アップが見込めます。

求人サイトやWeb制作会社のサイトから直接応募する

1つ目は、求人サイトやWeb制作会社のサイトから直接応募することです。はじめから高単価の案件を依頼されることが多くなります。

ただし、クラウドソーシングと比べると、採用のハードルが高くなることも。そこで、次の2つを押さえて応募しましょう。

  • 応募するメディアのテイストに合った短めの動画を、作成して添付する
  • 自分が採用されたらどのようなメリットがあるのかを、志望動機や自己PRに記載する

仕事用のSNSを作り営業する

仕事用のSNSを作成し、営業することもおすすめです。とくにTwitterでは、募集している個人・会社が多くあります。

具体的には、次の3つを実践しましょう。

  • ポートフォリオ動画を作成し、固定ツイートにする
  • 「#動画編集者募集」のタグから応募する
  • YouTuberにDMを送る

注意点は、丁寧なやり取りを心がけること。SNSというフランクな場ですが、クライアントとの関係はすでに始まっています。日頃の発言にも気を付けて、営業しましょう!

営業方法についてはこちらの記事でも詳しく解説してます。

付加価値を提供する

付加価値を提供することも重要です。クライアントから重宝される動画編集者になれます。

たとえば、次のように自分ができることを箇条書きで上げてみてください。

  • After EffectsやVyondが使える
  • 改善点を見つけ修正案を出せる
  • 撮影ができる

とくにVyondを使う案件は、クラウドソーシングで数多くあります。

さらに、仕事への態度が単価アップにつながることも。受け身にならず「動画をより良くするには何をすればいいのか」を提案しましょう。「クライアントが離したくない」存在になれますよ!

まとめ

動画編集案件の相場は、受注方法や動画の内容によって大きく変わるものです。

おおよその相場がわかれば、収入の見通しが立ち、動画編集にどのくらい時間をあてるべきかがわかります。

最後にご紹介した高単価の案件を受注する方法も、ぜひチャレンジしてみてくださいね。「未経験だから」と消極的になる必要はありません。積極的に行動して、希望する案件を獲得しましょう!

ABOUT ME
Taiwa
最も案件獲得ができるビジネス動画専門の動画クリエイター。 大手の動画スクールでは学べない“超実践式”の独自メソッドで、これから動画編集を始める方でも数ヶ月でスキルを習得して“週末動画クリエイター”として活躍する人を多数輩出。 東南アジア一周や海外ボランティア、カナダ・ワーキングホリデー、タイでの瞑想修行を経験するなど海外生活も長く、海外の動画市場にも精通している。
【無料LINE講座】週末動画クリエイター