動画編集

脱素人感!動画編集者必見のフォントタイプの選び方【YouTube編】

動画編集

「なんとなくテロップが素人っぽい」

「フォントタイプがありすぎて何をどう選べばよいかわからない」

こんな悩みを抱えていませんか?

動画編集を始めると、必ずと言って良いほどぶつかる壁です。

この記事ではそんなフォントに関する悩みを解消すべく、フォント選びの基本からYouTubeでよく使われているフォントタイプまで、解説していきます。

これで素人感の漂うテロップから卒業できます。

フォントタイプの基本的な選び方とは

選び方は「視聴者に合わせる」基本はそれだけです。

想定する視聴者はどんな人でしょうか。年齢は?性別は?目的はビジネスか?バラエティやエンタメか?

といったことを考え、想定する視聴者にとってどんなフォントが見やすいか、伝わりやすいかを意識して選んでいきます。

見やすさと与える印象の違い

フォントタイプ、大きさ、太さの別に違いを説明します。

・フォントタイプ

日本語表記に使われる主なフォントタイプは、ゴシック体と明朝体です。

ゴシック体は縦横の文字の太さが均一なため、一目で見て分かりやすいという特徴があります。

そのため、文字が書かれている下地が動く、動画向きのフォントタイプと言えます。

一方、明朝体は書籍や教科書によく使われていることからも分かりますが、長く読み続けても疲れないという特徴があります。

しかし、横線や曲線が細いため、一目で見たわかりやすさという点ではゴシック体に劣ります。

そのため、表示時間の短いテロップにはあまり向かず、表示時間の長いテロップで使用される傾向があります。

ゴシック体は、よりポップないしはシンプルな印象を、明朝体はよりエレガントな印象を与えます。また、優しさや柔らかさを出したいときには丸ゴシックを活用することもできます。

・大きさ

当然ですが、大きければ見えやすく、小さければ見えにくくなります。

誰がどんな環境で視聴するか、何歳くらいの人がやスマホを使って視聴するか、パソコンのモニターを使って視聴するか、といった点を意識しながら決めていきます。

スマホで視聴する層を想定する場合は、スマホの縦画面で視聴するという想定もありえます。

また、フォントサイズが大きいと賑やかで派手な印象を、小さいと落ち着いてスタイリッシュな印象になります。

ビジネスで使用されるのか、バラエティ・エンタメ動画なのか、目的に合わせて決めていきます。

・太さ

太いフォントは力強さを、細いフォントは安心感を与えます。

一般的に太いフォントは男性に好まれ、細いフォントは女性に好まれる傾向があります。

動画編集初心者がやってしまいがちなミス

意識しているつもりでも次のようなミスをやってしまうことがあります。

  • 想定している視聴者が20-30代男性なのに、丸ゴシックを多用。
  • 女性の視聴者を想定して細いフォントを使用したのに、縁が太い上に真っ黒。
  • 割と固めの企業の人材採用のための動画なのに、太く大きいフォントがびっしり。

全て、想定する視聴者とマッチしていないという事象です。

フォントタイプの入手方法

デフォルトでパソコンにインストールされているフォントタイプも、種類が豊富で使いやすいものも多くありますが、新たにフォントを加えていくことでより表現の幅を広げていくことができます。

絶対に外せないAdobeフォンツ

AdobeクリエイティブクラウドにあるAdobeフォンツには日本語だけでも約150ものフォントタイプが用意されています。

ゴシック、丸ゴシック、明朝だけではなくデザイン性のある個性的なフォントまで揃っています。

Adobeフォンツのサイト内で使用したいフォントを検索し、画面の上のアクティベートボタンをクリックするだけで使えるようになります。

Adobeクリエイティブクラウドのユーザーであれば、月額使用料に含まれているので、全て追加料金なしで使用できます。

手軽に使えるフリーフォント

王道の定番フォントから、個性派フォントまで、数多くのフォントが無料で提供されています。

Web上で検索してダウンロードすることで入手できます。フリーフォントをまとめたサイトもあるので、目的に合ったフォントを探してみると良いでしょう。

【フリーフォントまとめサイト例】

フリーフォントケンサク

日本語のフリーフォント49選

https://jp.stanby.com/media/free-font/

ただし、商用利用時の条件を定めているフォントもありますので、利用規定はしっかりと目を通しましょう。うっかり規定違反をして、クライアントに迷惑をかけてしまうなんてことは絶対に避けましょう。

プロ専用!?有料フォント

見やすさ、読みやすさ、デザイン性を追及して開発されたフォントです。私たちも普段から、テレビや雑誌、標識などで何気なく目にしています。

買い切りのタイプとサブスクリプションのタイプがあります。買い切りのタイプでは1フォントあたり約10,000円のものから30,000円以上のものまで様々です。

動画編集で収益化ができれば、追加導入を検討しても良いでしょう。

【有料フォントサイト例】

Adobeフォンツ

モリサワのフォント

ヒラギノシリーズ(株式会社SCREEN)

簡単!フォントタイプのインストール方法

ダウンロードするタイプのものは次の手順でインストールします。

  1. 圧縮フォルダでダウンロード
  2. 展開
  3. フォントのファイルを開く
  4. インストールボタンをクリック
  5. インストール完了

こちらの講座生が作った動画で説明しています。

YouTubeでよく使われるフォントタイプ

よく使われているということは、多くの視聴者にとって見慣れたフォントであるということです。

見慣れたフォントは初めて見るフォントに比べて、違和感なく自然に読むことができますので、何を使えばよいか分からないときは、よく使われているフォントを使うと良いでしょう。

安定の王道的フォントタイプ

YouTubeに限らず、普段の生活で誰もが見慣れたフォントです。全てに共通してどのYouTuberが使っているのかまでわかれば記載お願いいたします。

・新ゴ

駅名標など公共のサインからゲーム機の標準フォントまで、広く使われていいるゴシック体のフォントです。

公共のサインに使われることからも分かりますが、誰にでも見やすい万能タイプのフォントです。Adobeフォンツにも用意されていますが、太さは1種類のみ。

他の太さを使いたい場合は、有料で追加する必要があります。

・ヒラギノ角ゴ

macOSやiOSの標準フォントとして、macユーザーの方には特に馴染みのあるゴシック体のフォントです。

高速道路の標識にも採用されており、新ゴと同じく見やすさが特徴です。

windowsの場合は、デフォルトでは装備されていませんので、有料で追加する必要があります。

・noto sans 

GoogleとAdobeによって開発されたゴシック体のフォント。アンドロイド端末の標準フォントとして馴染みのあるフォントです。

やや角ばった形が特徴。6種類の太さのフォントを無料で利用できることも魅力です。

・小塚ゴシック

角ゴシック体でありながら、比較的優しい印象を与えるフォントです。

IllustratorやPhotoshopなどのAdobe製品には標準装備されており、Premiere proにもAdobeフォンツから追加することができます。6種類の太さが用意されています。

・リュウミン

多くの書籍で標準的に使用されている、定番の明朝体のフォントです。「明朝と言えばリュウミン」とも言われるほど。

明朝体の持つエレガントさだけではなく、柔らかな印象も与えることができます。

Adobeフォンツでも入手できますが、用意されている太さは1種類のみ。他の太さを追加したい場合は、別途費用が掛かります。

バラエティ感強め!?個性派フリーフォント

人気ユーチューバーも使用している、フリーのフォントです。まずは、マネから入るのも良いでしょう。

・コーポレート・ロゴ

その名の通り、会社のロゴ風のフォントで、ベースは丸ゴシック、2種類の太さが用意されています。

親しみやすさを感じるデザインですが、色や太さの選択しだいでキュートな印象にもなり、メイク動画で人気の「くまみき」さんなど女性ユーチューバーが使用しているケースもよく目にします。

・チェックポイントフォント

往年の名クイズ番組「ウルトラクイズ」風の、丸くて太くてクセのあるフォントです。

遊びのあるフォントなので、ゲーム実況やバラエティ系の動画でよく使われています。格闘家ユーチューバーの「朝倉未来」さんも使用しています。

・ラノベPOP

ライトノベルっぽいポップさが特徴のフォントです。

軽さ、楽しさ、賑やかさを感じられるフォントなので、バラエティやエンタメ系の動画でよく使われています。

「ヒカル」さんも使用しています。

・ふい字

サインペンで書いたような手書き風のフォントです。

子供向けの動画やファッション・メイクの動画など、女性のユーチューバーの動画で、ポイントとなる部分のテロップなどに使われています。

・たぬき油性マジック

書店やスーパーの個性的なポップのようなフォントです。

値札やチラシのような演出もできるので商品紹介の動画と相性が良いようです。

また、「こばしり。」さんなど、メイク動画で使用されているケースも目にします。

映画風な動画編集方法の解説はこちらから

まとめ

今回はフォントタイプの選び方から定番のフォントまで解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

テレビ制作の現場にはテロップだけを専門に扱うテロッパーという職業もあります。それだけテロップの世界は奥が深いとも言えるでしょう。

ですのでテロップの腕を磨くことで、他の編集者との差をつけることができます。まずは、様々な動画を見ながら研究して、マネをしてみることで、動画の表現力も上がっていくことでしょう。

当メディアでは動画編集を始めたばかりの方向けに、他にもたくさんの記事も掲載しており、今後も記事を追加していきます。ぜひ、動画編集の参考にしてみてください。

ABOUT ME
Taiwa
最も案件獲得ができるビジネス動画専門の動画クリエイター。 大手の動画スクールでは学べない“超実践式”の独自メソッドで、これから動画編集を始める方でも数ヶ月でスキルを習得して“週末動画クリエイター”として活躍する人を多数輩出。 東南アジア一周や海外ボランティア、カナダ・ワーキングホリデー、タイでの瞑想修行を経験するなど海外生活も長く、海外の動画市場にも精通している。
【無料LINE講座】週末動画クリエイター