森公平@マルタです。

もりもりTwitterを更新しています。

しばらく雨が続きましたがこれから晴れるみたいです。

学校の初日、いきなりテストがありまして、なぜか中学生コースに入れられました。

授業が始まり、先生からの第一声が、

「動物が化粧品作りの実験にされてることについて議論せよ」

なんて無理難題から始まるという・・汗

となりのドイツのオジサンと一緒に目が点になりました。

クラスはブラジルの人が半分、スペイン、ドイツ、コロンビア、韓国、ウクライナ、スイスといて休憩時間はみんな色んな国の言葉で話すので、ある意味でカオスです。笑

効率的インプット

さて、ではいきましょうかね、

今日のテーマは

「超効率的にインプットする方法」

です。

僕も英語で実践nowです!

何かを学ぶために、

・本を読む
・セミナーに参加する
・コンサルをうける
・教材を実践する

などなど、色んなやり方があります。

でも、色んなことを学んではいるものの、現実、何も変わってない・・というケースもよくあります。

でも、その一方で、少しの時間だけインプットして、自己投資の何倍ものリターンを得る人もいます。

一体、この違いは何でしょうか?

僕が考えるに、答えは2つです。

1,リターン思考を持つこと
2,アウトプット前提のインプット

です。

■1,リターン思考を持つこと

これはシンプルに、かけた投資以上のもとをとるという意識です。

僕は毎日本を読みます。

教材も最近、YouTubeのものを買いました。

セミナーにも行きます。講座にも参加します。

どんなインプットでも同じですが、かけた金額の10倍のもとをとる、と常に考えています。

たとえばYouTubeの教材は3万円でした。

なので、30万円分はもとをとると決めて、今YouTube攻略に取り組んでいます。

チャンネル登録まだの方はこちらからお願いします!
https://www.youtube.com/user/kouhey07

本は1500円くらい。

であれば、15000円はもとをとるという意識。

その内容をセミナーにしたり、ブログに買いたり、YouTubeに投稿したり、できる・できないは二の次で、とにかくカタチにして10倍のリターンを得る、そんな考え方が大事ですね。

■2,アウトプット前提のインプット

これも繋がるのですが、ただ聞くだけではほとんど意味がありません。

人はただ聞いたことは翌日に半分くらい忘れてます。

さらに翌日にはもう半分忘れて、1週間くらい経ったらほとんど忘れています。

また、ただ聞くだけではたった5%しか理解していないという統計もあります。

なので、ただインプットするのではなく、アウトプット前提で聞くことが大事です。

セミナーでも、メモをとるのではなくて、自分が同じテーマで開くセミナーの資料をその場で作るとか。

入れるよりも出す方が大事で、出す前提で聞いて、出して投資金額を回収するというイメージですね。

■まとめ

最も気軽にできるインプットは本です。

本もただ見るだけでなく学んだことをブログに書きましょう。

YouTubeで話して、メルマガにも書きましょう。

PDFにまとめて、プレゼントしましょう。

こうした積み重ねが仕組みとなって、集客に繋がります。

入れる<出す

方が大事なので、出すことを前提でどんどんインプットしましょう。

ブログ書けない…メルマガのネタがない…

というのは、インプットが足りてない証拠。

その場合はもっとインプットの量を増やしましょう。

で、入れたものは、どんどん出しましょう。

この意識を持って取り組めば、3ヶ月くらい経てばまったく結果が変わってるはずです。

ぜひ参考になれば嬉しいです。

では、これから授業にいってきます!