WEBライティング

アフィリエイト初心者が月10万円を稼ぐための方法

アフィリエイトはサラリーマンや専業主婦の方などの初心者でも月5万~10万円の収益が得られる副業として知られています。

アフィリエイトをするキッカケは、本業でなかなかまとまった時間を取ることができない人たちがアフィリエイトを始めています。

商品を広告するための文章作成や投稿をする必要がありますが、宣伝している商品が売れるたびにそれが収入になります。

広告用のサイトやページを作成することがあなたの資産になり、1つ売れる毎に2000円の報酬が発生する商品が10個売れる広告を3時間で作成すれば、時給3333円になります。

そして、売れる広告を多く出せば出すほど、それだけ収益が上がります。

今回は最低でも初報酬を得るまでに半年かかると言われるアフィリエイトでも短期間で初報酬が得られている方法を紹介していきます。

アフィリエイトを基本から解説

1-1:アフィリエイトとは

アフィリエイトは「不労所得」が得られることで多くのユーザーに選ばれているビジネスです。

私生活でアフィリエイトと聞くと、何か悪いことしているのではないか。

そんな声も上がっていますが、アフィリエイトは合法で商品を提供している企業を助けるビジネスなので、安心して読み進めてください。

一言で表すと、アフィリエイトは”個人が広告主になれるビジネス”です。

企業が広めたい商品を代わりに宣伝する個人をアフィリエイターと言います。

このアフィリエイターになるためには、企業と個人をつなぐASP(Affiliate Service Provider)と言うと仲介業社から宣伝する商品の広告を取りにいきます。

そして、ネットで商品を探しているユーザーやネットサーフィンしているユーザーの目に止まる紹介文を宣伝していきます。

このことから、アフィリエイトには4人の登場人物が出てきます。

・広告主である企業の代わりに商品を宣伝するアフィリエイター

自社商品の販促をしたいメーカー企業である広告主

・広告主とアフィリエイターを繋ぐ仲介役

・広告を見て商品を購入するユーザー

アフィリエイトの全体像は、

「広告主」→「ASP」→「アフィリエイター」→「ユーザー」

となっています。

具体例を出していくと、

1、ダイエット商品を販売している会社が新商品を宣伝したいと考えたら、新商品をアフィリエイターに宣伝してもらうようにASPに商品を登録します。

2、アフィリエイターはASPに登録されているダイエット会社の広告から収入を得るために自身が作成した宣伝用のサイトにASPで指定される「アフィリリンク」を貼ることでアフィリエイトを始めることができます。

3、ネットで商品を探しているユーザーが投稿している広告から商品を購入することで、初めてアフィリエイト報酬が発生します。

1-2:広告主とアフィリエイターを繋ぐASPとは

広告主とアフィリエイターを繋ぐ仲介役であるASPです。

広告主もASPに登録することで自社だけでなく、アフィリエイターにも宣伝をお願いすることができるので集客力を強化することができます。

また、アフィリエイターには商品が売れてから報酬を支払えば良いので、企業側も集客コストを無駄にすることがなくなるメリットがあります。

このようにASPで発生した報酬を「成果報酬型広告」と言います。

仲介役であるASPをアフィリエイターが利用することに料金は発生しません。ASPには広告主側から利用料や手数料を取っているので、商品を宣伝するあなたからお金を取ることはありません。

ASPにも、インフォトップ 、A8.net、バリューコマース、Amazonアソシエーション、楽天など取り扱っている商品ジャンルによって様々なASPがあります。

広告するジャンル(FX、資産運用、美容、脱毛、クレカ、不動産など)によって収益性が違ってきます。あなたがどんなジャンル、どんな商品を広告したいか、でASPを使い分けることもできます。

1-3:アフィリエイトの種類

アフィリエイトと言ってもその種類は多岐に渡ります。

媒体、商材、集客方法と3つの大枠に分けることができます。それぞれ特徴があるので、収益性や難易度も異なってきますが、アフィリエイトで稼ぐポイントはこれらの要素を掛け合わせるということです。

・ブログ×SNS×物販

・サイト×ASP×SEO

などなどこのような掛け合わせでアフィリエイトで収益を加速させる方法は組み合わせ次第になります。

まずは様々なアフィリエイトの要素を知って、その特徴にあなたに合っているものを選んで取り組んでいきましょう。 

1、媒体:サイト・ブログ・SNS(twitter、Facebook、Instagram、LINE@)・メルマガ・YouTube

2、商材別:物販(楽天、Amazon)・ASP・アドセンス・情報商材・オプトイン・アダルト

3、集客方法:SEO・PPC広告・自己アフィリ・トレンド

ブログやSNSなど無料で始められるものもあれば、自分でHPを作って紹介する商品特化型のHPにしていくこともできます。

これからアフィリエイトを始める初心者であれば、まずは無料のブログやSNSから始めてアフィリエイトに慣れていくことで、無駄なコストをかけずに進めていくことができます。

1–4:アフィリエイトの報酬と報酬条件

アフィリエイトの報酬額は成果に応じて支払われるので、人によってはその報酬金額も変わってきます。アフィリエイトマーケティング調査では、アフィリエイターの収入額をアンケーを集計しています。 

引用:http://affiliate-marketing.jp/release/201906.pdf

アフィリエイトで収益を上げるためには、随時更新をしていかないとアクセス数は伸びていきません。

収益が発生するには早くても3ヶ月、アフィリエイトを始めたばかりの初心者であれば、半年は必要と言われています。

ですが、記事を更新したり、リライトを続けることで収入は上がっていきます。

アフィリエイトの報酬条件

先ほどアフィリエイトの報酬は、ASPから取得したアフィリリンクから購入されると報酬が発生する「成果報酬型広告」のイメージを持っている人が多いです。実は商品の購入だけがアフィリエイトの成果ではありません。

1–4-1:成果報酬型広告

掲載している広告から購入される度に、広告主から報酬が支払われる報酬形態です。あなたが作成したHPやメルマガから商品が購入されれば、それが収益になるアフィリエイト広告とも言われています。

1–4-2:クリック報酬型(PCP広告)

「クリック報酬型(PCP広告)」という報酬形態は名前のとおり、クリックするだけで報酬が発生する広告のことです。

報酬額は成果報酬型広告に比べると単価も低いので、高収益はあまり望めないのが特徴です。また、資料請求や会員登録を目的とした広告も単価は低いです。

1–4-3:表示回数報酬型

自分の作成したアフィリエイトタグや画像が埋め込まれているページ、つまり掲載している広告がユーザーが閲覧するたびに報酬が発生する報酬形態のことです。

成果報酬型とクリック報酬型アフィリエイトとは違い、購入やクリックしてもらうアクションを起こしてもらう必要がないので、ハードルの低く初心者でもやりやすいです。

ハードルが低い分、単価も低く1アクセス0.01円~0.1円が相場になっています。

1-4-2:報酬が発生する場合としない場合がある

報酬を獲得するためには、ASPの承認が必要になります。

あなたのサイトで売れた商品がASP側で正常に商品が売買されたかなども含めた承認作業が行われます。アフィリエイトの報酬はこのASPの承認率で大きく変動します。

化粧品やサプリなどの物販系を扱うASPは、承認が確定するまで約30日~45日かかります。

そして、無形である情報商材は決済後にすぐに商品が購入者の手元に届くので、決済と同時に報酬が発生し確定します。

しかし、承認されないケースがいくつもあります。

・注文キャンセル

・返品

・システムエラー

・期限切れのクレジットカードでの申込み

・満額になっているクレジットカードで決済

・いたずら

・重複購入

物販商品の承認が長いのは、商品が発送されても受け取り拒否が発生すれば「非承認」になります。

アフィリエイトの案件を選ぶ時は、「承認率」もチェックしてきましょう。ASPによっては承認率が8割~9割になっていますが、中には承認率が4割の案件もあるので注意が必要です。

2:サイトアフィリエイトとブログアフィリエイト

「アフィリエイトの種類」でも紹介したどの媒体でアフィリエイトを行っていくのか、始めの取り掛かりの部分になります。

ここではサイトアフィリエイトとブログアフィリエイトの特徴を説明してきます。

2-1:初心者はまずブログアフィリエイトから始めよう

アフィリエイトで稼いでいくためには、コンテンツ力、つまり、あなたの広告の中身を良くする必要があります。

そのためには、ライティング力が必要不可欠になってきます。

ユーザーに読んでもらえて、商品を購入してもらえる文章力を身につける必要があります。文章に苦手意識を持っている人にも始められやすいのが、ブログアフィリエイトです。

初心者がアフィリエイトを始めるとなると、アクセス数を集めるためにボリュームの多い文章を書くのは非常にハードルが高い作業です。

アフィリエイトで収益を上げるためには、初心者、上級者とレベル問わず、記事を更新していかないといけません。そのために、まずは短い文章からでもいいので、文章を書くことに慣れていくことが必要です。

例えば、無料ブログを使って、日常生活で感じたことや購入した商品の感想などのレビューを書くことです。

本格的なノウハウを使って書いた記事よりかはアクセス数は劣りますが、それでもアクセス数を増やしながら文章を練習できます。

ブログアフィリエイトの特徴

1、無料でもできる

2、googleアドセンスと相性が良い(1ヶ月に数万、数十万のアクセスが必要)

3、Amazon、楽天アフィリエイトとも相性が良い

4、1つのブログをじっくり育てる

2-2:ジャンルに特化した収益性が高いサイトアフィリエイト

サイトアフィリエイトとは、サイトを立ち上げて広告していくアフィリエイトです。

つまり、宣伝したい商品やジャンルに合った特化型のページになります。例えば、「ダイエット」をテーマでサイトを立ち上げるとします。

ダイエットに役立つ情報などダイエットがしたい人のためにダイエットに特化したサイトを作り、ダイエットユーザー向けに宣伝していくアフィリエイトです。

ブログアフィリエイトとの違いは、ターゲットを絞ることでより収益を上げる仕組みを作ることができます。

ターゲットが決まっていることで、体重を減らしたい、体を絞りたいと思っている購買意欲のあるユーザーを集めて商品を販売していくことが目的です。

購買意欲の高いユーザーを集めているからこそ、アクセス数が少なくても収益を上げることができます。

ブログアフィリエイトはアクセス数が多ければそれだけ収益が見込めますが、サイトアフィリエイトは少ないアクセス数でも大きな収益が見込めるのが大きな特徴です。

サイトアフィリエイトの特徴

1、単一テーマので方向性がブレない、

2、報酬が膨らみやすい

3、少ないアクセス数でも収益が見込める

4、ASP最大大手のa8.netと相性が良い

3、初月からアフィリエイト報酬を得るために必要なこと

月5万円~10万円であれば、半年~1年はかかる、というのがアフィリエイトで稼いでいる人たちは口を揃えて言っています。

アフィリエイトで挫折する人のほとんどが記事の更新や管理ができなかった人たちがほとんどです。

報酬が発生するまでの道のりが長く、慣れない作業も発生するため無給の作業が続くことに不安やストレスを感じてしまうのが離脱ポイントになっています。

ですが、これからお伝えする方法やこれから参入していくジャンルで記事を更新していけば初月から報酬を発生させることが可能なので、このまま読み進めてください。

3–1:サイトアフィリエイトに絞っていく

ブログアフィリエイトでは、アクセス数が伸びるまで時間がかかります。

特に初心者であると、読者にあなたを認知してもらい信頼関係を気づくまでに少なくとも3ヶ月はかかるので、初月から報酬を獲得していくとなるとブログアフィリエイトは現実的ではありません。

購買意欲の高いターゲットを狙ったサイトアフィリエイトの方が、たとえアクセス数が少なくても収益が見込めるため初月から報酬を狙っていくならサイトアフィリエイトが適しています。

3–2:ライバルが少ない参入しやすいキーワードを選ぶ

ダイエットや英会話などライバルが多く、強いキーワードを選んでしまうと作ったページが上位表示されるまでに時間も労力もお金をかかってきます。

キーワード選定を間違ってしまうと稼ぐことが出来ずに、コストだけがかかってしまう状況にもなりかねません。

アフィリエイト初心者が初月に報酬を発生させるためには、ライバルが少ないニッチなキーワードを選ぶことが基本です。

3–3:広告商品を選ぶポイントは報酬単価の高い商材

初月から報酬を狙っていくので、少ないアクセス数でも商品が売れることに注力していきます。月に5万円を稼ぎたいのであれば、高単価の報酬が見込める商品を選ぶのが重要になってきます。

単価1000円の商品よりも単価5000円の商品では売らないといけない数が違ってきます。サイトアフィリエイトを始めるにあたって、サイトを作る労力は同じように発生します。

なので、取り扱う商品の報酬額は高い商品を選ぶことポイントです。

3–4:報酬を取りこぼさないために確定率の高い案件を選ぶ

アフィリエイト報酬を発生させるためには、ユーザーが商品を購入しないと報酬は発生しません。

しかしASPの承認がなければ、あなたの口座に報酬は振り込まれないので、確定率の高い案件を選ぶことは必須条件になってきます。

例えば、商品が50個売れたとしても、5個しかASPに承認されなければ、承認率は10%になってしまいます。

売上発生は多いけど、報酬の確定率が低いので避けなければいけない状況です。商材を選ぶ際には必ず【確定率】をチェックするようにしましょう。

3–5:数で勝負するためにキャッシュポイントを増やす

アフィリエイトは1つのサイトを作っただけで、報酬を獲得していくことはよほどのことがない限りできないと認識してください。

よほどライバルや市場をリサーチして準備していかないと、難しい条件になります。キャッシュポイントを増やすことで、少しでも報酬が発生する確率を増やしていくことが必要になってきます。

サイトを量産することで1つのサイトで2万円の報酬が発生するサイトを5つ作ればそれだけで月10万円の収益になります。

4:初心者が初めに取り組むべきジャンル7選

これからお伝えするのキーワードは2019年もアフィリエイトで売れやすいジャンルです。

このジャンルが選ばれるポイントを解説しながら、これからも売れ続ける初心者が参入しやすいジャンルを理解することができます。

キーワードが変わったとしても、変わらないニーズは存在するので、その点も踏まえながらインプットしていくとより参入しやすいジャンルが見えてきます。

4-1、悩みが尽きないニーズ

・ニキビ

・ワキガ

・キャットフード、ドッグフード

・育児

この4つのキーワードは、悩みが尽きないニーズです。

例えば、「ニキビ」や「ワキガ」などは人には知られたくない悩みでもあります。これらの悩んでいる人たちの心理状況は、悩みを解決する商品を購入したいけど、店舗のレジで商品を見られたくない欲求があるためネットで購入するユーザーが毎年多いです。

「キャットフード、ドッグフード」は家族同然のペットを大切に思うユーザーが、少しでもペットに長生きしてもらうように健康食品を探す感覚で購入しています。「育児」も同じことが言えます。

「人に知られたくない悩み」、「家族を大切にする」この2つはキーワードはアフィリエイトの定番になっています。

4–2、トレンド系

・格安SIM

・動画配信サービス

・ファッション

2019年になり、ますます認知度が上がってきたのが、「格安SIM」「動画配信サービス」です。

ユーザーニーズには商品に限らず、料金を安く抑えたいニーズがあることから人気のキーワードに挙がってきています。

特にこの2つキーワードは案件紹介でも確定率が高く、ASPが広告を推しているので、好条件な案件です。

「ファッション」はシーズンによって左右され、さらにその年に合った服装など変化が激しいジャンルになっています。その時々に合ったニーズがあるため、常に新しい流行があります。

4–3、ライバルの多いキーワードはロングテールで狙う

悩みが尽きないニーズ、トレンド系のジャンル以外で参入してみたいキーワードがあって、それが激戦キーワードだった時の対処法があります。ロングテールでキーワードを選んでいくことです。

ロングテールとは、「ダイエット サプリ オススメ」のような複数の検索ワードで選んでいくことのことを言います。実際にライバルが多い市場では、検索ワードを3語、4語に増やしていき、

穴場キーワードを見つけていくことができます。自分の興味がある分野にライバルが多くてもロングテールを意識して、サイトアフィリエイトを実践してきましょう。

まとめ

初心者がアフィリエイトで稼ぐために、サイトアフィリエイトに特化することが得策です。

最初に説明した通り、アフィリエイトは媒体や集客方法など様々な要素を組み合わせていくことが重要になってきます。

アクセス数を上げて、収益を出すには読者が求めている文章も重要な要素ですが、サイトアフィリエイトでポイントを押さえることで初月から報酬を得ることが可能です。

今回の記事でアフィリエイトのとは何か、その種類や報酬体系を知って頂けたのでぜひ参考にしてくださいね。

ABOUT ME
森公平
オンラインビジネスラボ代表。 年間10カ国を旅する自由なライフスタイルを実現しながらオンラインビジネスのスキルで複数の事業を経営する起業家。 ベストセラー作家や著名経営者などの教育プログラムも多数プロデュース。
【無料LINE講座】週末WEBライター