WEBライティング

【初心者必見】副業におすすめのWebライティングのメリットとデメリットは?

WebライティングはWeb関連の仕事の一種として知られています。

でも、実際のところ具体的にどんな仕事なのかを理解している人は少ないのではないでしょうか?

Webライティングを行うことでどんなメリットやデメリットがあるのかも気になりますよね。

Webライティングの仕事をすることでどんなメリットを得ることができるのでしょう?

その反対にどんなデメリットや注意点があるのかも把握しておきたいですよね。

今回はWebライティングのメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

Webライティングってどんな仕事?

そもそもWebライティングというのはどのような仕事なのでしょうか?

簡単にいうとWebサイトに掲載する記事を作成する仕事です。

もっと正確に言うと、読みやすい、分かりやすい記事を作成する仕事とも言えます。

Webサイトと言うのは非常に多くの情報で溢れています。

その中でより注目される記事を作成するのがWebライティングに重要なことなんですね。

Webライティングを行うライターは企業に属している場合とフリーランスで活躍している場合があります。

昨今は後者が多く、フリーランスでライターとして活躍している人が増えていますね。

所属の有無に限らず、Webサイトに掲載する記事の作成がWebライティングの仕事と言うわけです!

詳しくは下記の記事をみてください。

Webライティングのメリットは?

それではWebライティングを行うメリットを見ていきましょう。

  • 初心者でも始めやすい
  • ライティングスキルを上げられる
  • その他のスキルも身に着く
  • 初期投資が少ない
  • どこでも仕事ができる

Webライティングには上記のようなメリットがあります。

具体的に見ていきましょう!

初心者でも始めやすい

まずは初心者でも始めやすいという点から。

Webライティングは始める上で何か特別な資格が必要な仕事ではありません。

文章を作成するための最低限の能力さえあれば誰でも始めることができます。

要は国語力さえあれば良いというわけなので、初心者でも簡単に始められるものなんですね!

ライティングスキルを上げられる

Webライティングの仕事を続ければ、ライティングスキルを向上させることも可能となります。

自分1人の独学だと何においても限界がありますよね。

もちろんライティングスキルに関してもそうです。

Webライティングの仕事をすればどうすればより良い文章を作成できるか教えてもらえます。

ライティングスキルが上がればより単価の高い仕事も着手できるようになりますよ。

その他のスキルも身に着く

ライティングスキル以外のスキルも身に着けることができるのもメリットですね!

例えばSEOのスキルがあります。

よりWebサイトへの集客を増やす方法を身に着けることができますね。

そこから改善点も見出せることができるようになればマーケティング能力も養えます。

すぐに身に着けられるものではありませんが、こういったスキルも手に入れておいて損はないですね!

初期投資が少ない

少ない初期投資で始められるのもWebライティングの良いところですね!

パソコン1台とネット環境さえあれば今すぐにでも始めることができます。

元々環境が整っている人であれば、投資額0円で始めることができます。

パソコンがない人でも安いものであれば数万円で購入可能です。

数万で始められると考えると、初期投資はかなり少額で済みますね。

どこでも仕事ができる

Webライティングの仕事は場所を選ばずにできる仕事です。

パソコンとネット環境があれば、家の中でも外出先でもどこででも仕事ができます。

たとえ今より遠いところに引っ越したとしても仕事を辞める必要もありません。

場所を問わずできるので、融通の効きやすい仕事と言えますね。

Webライティングのデメリットや注意点は?

続いてはWebライティングのデメリットや注意点を見ていきたいと思います。

考えられるデメリット、注意点は以下のようになっています。

  • 収入が不安定
  • 確定申告が必要
  • 家にこもりがちになる
  • Webライティングの仕事は見下されやすい?

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

収入が不安定

まずは収入が不安定という点についてです。

Webライティングは「1記事〇〇円」「1文字〇〇円」と言ったように単価が決まっています。

書いた分だけ収入になるというわけなんですね。

なので必然的に書かなければ収入には繋がらないことになってしまいます。

会社のように月給いくらというわけではなく、頑張った分だけ収入に反映されるというわけです。

確定申告が必要

Webライティングで得た収入は確定申告をする必要があります。

本業であれば38万円以上、副業であれば20万以上が目安となります。

これ以上の所得を1年間の内にWebライティングで得ていれば確定申告しなくてはいけません。

毎年2月半ば~3月半ばに税務署への申告が義務付けられていますよ。

この申告作業を面倒に感じる人も多いようですね。

税理士に委託したり会計ソフトと取り入れることで負担は軽減されますよ。

確定申告についての詳しい説明はこちらの記事を見てください。

家にこもりがちになる

Webライティングの仕事は家を出ることなく行うことが可能です。

取材が必要となれば別ですが、そうでなければ家の中で全て完結させることができるんですよね。

そのため家にこもりがちになることも。

運動不足になる人もいるようなので、意識して外に出るようにしてみると良いでしょう。

Webライティングの仕事は見下されやすい?

Webライターの中には仕事を見下されたことがある人もいるようです。

Webライティングの仕事は初心者でもできる仕事です。

誰でもできる仕事というイメージから見下してくる人がいるのも事実のようですね。

確かに誰でも始められますが、決して見下して良いわけではありません。

自信を持って仕事を続けましょう!

Webライティングはこんな人におすすめ!

最後にWebライティングがどんな人におすすめなのかご紹介します!

  • 人に何かを教えるのが好きな人
  • マニュアル通りの作業が得意な人
  • 家の中で仕事がしたい人
  • 1人で黙々作業したい人

上記に当てはまる人はWebライティングの仕事が向いていると思われます!

1つずつ見ていきましょう。

人に何かを教えるのが好きな人

まずは人に何かを教えるのが好きな人です。

いち早く情報をキャッチしていたり、調べるのが好きな人は特に向いていますね。

Webライティングの仕事はサイトを通じて人に情報を教えるものです。

普段から人に新しい情報を教えたり、説明をしたりするのが好きな人にはおすすめですね。

マニュアル通りの作業が得意な人

続いてはマニュアル通りの作業が得意という人です。

Webライティングは文章作成や装飾などにマニュアルが存在します。

パターン毎にこんな時はこう、などと事細かく決まっているんですよね。

そのマニュアル通りに作業を行うことが重要となります。

渡されたマニュアルをしっかり理解し、その通りの作業ができる人にはぴったりでしょう!

家の中で仕事がしたい人

小さい子供がいたり、持病があって外に働きに出れない!

そんな人も少なくはないでしょう。

家の中で仕事がしたい人にもWebライティングがおすすめです。

パソコンとネット環境さえ整えれば家にいながら仕事ができますよ。

1人で黙々作業したい人

Webライティングは1人で黙々作業したい人にもおすすめ!

もちろん記事作成の指示等でやり取りは発生しますが、ライティングを行う時は基本1人ですよね。

横から他の仕事が回ってきたり、作業を中断しなければいけなくなることもありません。

1人で集中して作業したい人にうってつけの仕事と言えるでしょう。

まとめ

今回はWebライティングのメリットとデメリットをご紹介しました。

初心者でも揃えるものが少なく始められる仕事ということが分かりましたね。

ライティング等のスキル向上にも繋がりますし、家でも作業できる強みもあります。

ただ、やった分だけ収入になる分、収入が不安定になりがちです。

所得額によっては確定申告も必要となるので、その点は注意しておきましょう。

基本的にはメリットも多く、気軽に始められる仕事です。

メリットとデメリットをしっかり理解した上でWebライティングに取りかかりましょう。

オンラインビジネスラボでは、2021年4月からWebライターコースを開講します!

楽しみにしていてくださいね^^

ABOUT ME
山崎涼
WEBライティングのプロ集団 「チーム:ゼロイチ」のトップWEBライター。 ブラック企業から脱サラして 未経験からフリーランスのWEBライターになり、 記事執筆ライター、WEBサイト売却、 Youtubeシナリオ、著名経営者のゴーストライター、 アニメーションシナリオ、セールスライティングなど 幅広いライティング業務を統括。 「文字を書いて望む収入と理想のライフスタイルを手に入れる人を育成する」 がモットーの、WEBライター育成のプロ。 ライティングスキルだけでなく、 リピート率アップや単価アップ方法、 継続案件のとり方など、 効果があった集客方法もメソッドを確立。
【無料LINE講座】週末WEBライター