WEBライティング

WEBライティングの効果的な練習方法3選!スキルアップに役立つ

WEBライティングの仕事をはじめてみたが、「想像よりも文章を書くことが難しい!」と感じていませんか?

またクライアントからSEOを意識した文章を求めてられても、SEOの意味すら知らない方も少なくないでしょう。

納期までに間に合わせないと気持ちは焦る一方ですが、焦れば焦るほどに書けないものです。

スマホが普及している今、紙面の広告からWEBを利用したセールスに切り替わりつつあります。

WEBライティングのスキルを持っていると、自宅にいて副収入を得られますし、フリーランスのライターとして起業して活躍できるかもしれません。

そこで、今回は、WEBライター初心者のみなさんにおすすめのWEBライティングの練習方法をご紹介します。

この記事を参考にしていただくことで、WEBライティングの効率的な練習方法が分かり、ご自身の腕で安定した収入を稼げる日もそう遠くはないでしょう。

WEBライティングの練習方法の前に最近の傾向を知ろう!

WEBライティングの練習方法の前に、ライターとして意識すべき以下の4つのポイントを押さえておきましょう。

  • 最初に結論を書く
  • 「キーワード」を複数回、文章にちりばめる
  • キーワードと一緒に検索されやすい「共起語」を入れる
  • 誰が読んでも分かりやすい文章表現を目指す

最初に結論を書く

「起承転結」の構成で文章を作成するように学校で指導されましたが、WEBライティングでは最初に結論を書くことが必要です。

読書のほとんどがスマホの小さな画面で読むため、文章の最後に結末を書くとスクロールすることが面倒になって、ユーザー離れの原因につながるからです。

通勤通学の電車の移動や昼休みの休憩などの隙間時間に、スマホでネットサーフィンをする方が多く、必要な結論だけを得たい傾向が強いからです。

キーワードをちりばめて、共起語を入れる

また、検索エンジンでリサーチした時、上位にランキングをするために「キーワード」や関連する「共起語」をできるだけ、うまくちりばめるように意識してください。

参考までに「共起語」とは、「WEBライティング」で検索をした時に「WEBライティング 勉強」、「WEBライティング やり方」のようにキーワードと一緒に検索される機会の多い言葉です。

キーワードと共起語はWEBマーケティングに重要なツールで、ターゲットにしたい読者を効率的に集客できます。

中学生でもわかる文章にする

さらに、活字離れが進んでいますから社会人向けの文章であったとしても、小中学生でも分かるような簡単な言葉を使うことも大切です。

遠回りでくどい表現はユーザー離れの原因になるほか、せっかく最後まで読んでくださった読者が十分に内容を理解しにくい恐れがあります。

そうは言ってもWEBライティング初心者が、全てを意識して文章力を付けようとしても無理があるため、最初は「簡単な文章を作成する」ことを心がけましょう。

記事構成から作ろう

「アフィリ用のブログを作ろう」と考えてライティングしたが、文章の作成を終えた後に読み返すと内容がかぶっていたという経験はありませんか。

同じ内容を何度も繰り返すとしつこく感じられますし、説得力に欠けてしまうためNG行為です。

最悪な場合には内容がグダグダになって、伝えたいことが全く読者に伝わっていないこともあります。

ひどい文章になってしまった理由は、WEBライティングの基本となる記事構成を計画しないで、書きたいことをただ並び立てているからです。

WEBライティングの練習方法を学習中の方は、以下の2つに注意して文章の作成をはじめてみてください。

  1. キーワードで検索をして上位1位にランキングをしたサイトの記事構成を確認する
  2. 1の情報を参考に記事構成を作成する

WEBライティングの練習方法でランキング1位のサイトを参考にする理由は、ユーザーがほしい情報がしっかりライティングされているからです。

読者がキーワードについて「どのような情報を求めているのか」を知るために、他のサイトで書かれている内容をリサーチし、次に以下のようにフレームワークを構成します。

  • 結論・・・サイトを読むことでどのような知識を得られるのか。結論を冒頭に置くことで読者を引き寄せる狙い。
  • 理由・・・結論の信ぴょう性を高めるために「なぜそうのような結論に至るのか」が必要
  • 具体例・・・やり方を掲載する。複数の事例を掲載した方がアクセス数UPにつながりやすい。
  • まとめ・・・内容を集約して簡単にまとめる。

さらに、記載した内容の信用性を高めるために、統計やデータなどの数値、マスメディアで公に発表された内容を含めましょう。

仕事や家事育児の隙間時間に手短にライティングの練習方法を実践したい方は、KeywordmapのようなSEO対策用のツールを使用すると、短時間でスピーディーに読者が求めている情報を探れますので、併用してみてはいかがでしょう。

WEBライティングの練習方法3選

ちょっとした手紙やあいさつ状などを書くだけでも「日本語の言い回しは難しい」と感じられますから、人に読んでもらうWEBライティングとなるとなおさらです。

そこで、短期間で効果を得られる練習方法を3つご紹介します。

1.わかりやすい記事を探して構成をまねる

初心者ライターが記事構成からはじめるのは時間も労力もかかり、途中挫折の原因になりかねません。

ステップ1の練習方法として、読みやすいと感じるライターの記事構成をまねてフレームワークを作成してみましょう。

ただし、丸ごとモデリングをすると著作権侵害に該当しますから、表現方法を変えたりするなどの工夫をしてオリジナリティがある文章を作成してください。

次のような練習方法のポイントを抑えて、まねをしながら自分のブログに記事を書いてみましょう。

  • 書きたいキーワードを決める
  • テーマ設定
  • インターネットでキーワードに関連する共起語をリサーチ
  • キーワードと共起語から記事の材料を集める
  • 記事構成を練る
  • 文章およびデザインなどの装飾をする

2.写経する

記事構成を考えて文章を書く練習方法も確かに大切ですが、人の文章をモデリングすることも文章力を養うためには必要です。

文章がうまいライターや表現が上手な語彙力が豊かな人の文章を、ノートに写経する練習方法にトライしてみましょう。

パソコンのワードのソフトやテキストにタイピングしてもOKですが、ノートに時間をかけて手書きで書き写した方が高い学習効果を得られておすすめです。

モデリングをする時には以下の5つのポイントを押さえましょう。

  • タイトルの表現方法
  • 単語
  • 記事構成
  • 接続詞の使い方
  • 句読点の入れ方

3.実際ブログに記事を書く

1と2のライティングの練習方法で、ある程度記事構成のコツがつかめますし、どのような感じで文章をまとめていけばいいのか、なんらかの手応えを感じられます。

同じことを繰り返していても進歩がないですから、どんどんブログに記事を書いて投稿していきましょう。

「案ずるより産むが易し」ということわざにあるように、最初はライターの仕事は自分に向かないのではと悩んでいる方も、練習方法を実践することでそんなに難しくないと感じられるでしょう。

最初から1,000文字や2,000文字と頑張る必要はありません。

100文字から200文字と文字数を増やしてブログを作成するうちに、2,000文字、5,000文字もスラスラと書けるようになります。

WEBライティングの練習方法でさらにスキルアップするには?

真面目に練習方法を実践しているからこそ、よりライターとしてスキルアップしたいと思いませんか。

せっかくいい文章を書いていても誤字脱字や分かりづらい表現があると、クライアントの評価が下がってしまいます。

これまでコツコツとWEBライティングの練習方法を実践してきただけに、もったいないです。

そこで、WEBライティングをスキルアップさせる2つのコツをご紹介します。

・書いた文章を声に出して読む(違和感のあるところがわかりにくい部分)

ライティングした文章を黙読でチェックすると、頭の中に文章がインプットされづらく、誤字脱字や表現がが正しいかどうか、判断が付きにくいです。

必ず書いた文章は声に出して最低でも2回は読むようにしましょう。

声に出すことで黙読では違和感が感じられなかった部分も「言い回しがおかしい!」と、微妙な表現に気付けます。

自分では自分の文章がどのくらいの難易度であるか分かりづらいですし、確認しても誤字脱字などを見逃してしまう場合があります。

人間ですから人工知能ロボットのように完璧なワケにいかないのは当然のことですが、記事のグレードが下がってしまうため、以下の2つのツールでチェックしましょう。

文章難易度チェッカーは文章の分かりやすさを確認するためのツールです。

WEBライティングの場合には、中学2年生程度の表現が好ましく、どなたも読みやすいとされています。

誤字脱字チェッカーについては誤字脱字に加えて、WEB上の表記外や避けるべき不快語なども確かめられます。

まとめ

今回、WEBライティングの練習方法についてお話させていただきました。

ライティング経験がない初心者がWEBライティングでフリーフランスを目指すことは、無理な話ですし、最初から文章を書けないことは当然と言えます。

逆に、正しいライティングの練習方法に基づいて学習をすれば、短期間に成長できる職種です。

文章がかけないと運営しているブログやアフィリエサイトを投げ出す前に、地道でありながらも継続して、今回ご紹介した練習方法をぜひお試しになってみてください。

今、やるべきWEBライティングの練習方法は3つです。

  1. 記事構成を練ってから密度の濃い文章作成を心がける
  2. 文章のうまいライターのまねや写経をして学習する
  3. ブログへの記事作成やタスク、ハードルが低い案件に応募してスキルアップを狙う

「3つもやらなければいけない練習方法がある」と思うのか「たった3つの練習方法でWEBライティングの世界で活躍できる可能性が残されている」と感じるのか、どちらを選択するのかは自分次第です。

1つ言えることは若者のテレビ離れが加速している今、スマホやパソコンを媒介にした企業の販売促進活動はますます増えていくでしょう。

当然、WEBライターの求人募集も増加傾向にありますので、ダブルワーク希望者や育児や介護の隙間時間を利用して稼ぎたい方にはうってつけな仕事です。

今回ご紹介した練習方法は初心者向けのカリキュラムのため、記事を書いたことがない人、学生時代に国語の授業が苦手だった方も大丈夫、少しずつですが反復していくことで上達を目指せる内容です。

「書けない!」「WEBライティングは難しすぎる!」と感じている方は、今回ご紹介したライティングの練習方法を試してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
山崎涼
WEBライティングのプロ集団 「チーム:ゼロイチ」のトップWEBライター。 ブラック企業から脱サラして 未経験からフリーランスのWEBライターになり、 記事執筆ライター、WEBサイト売却、 Youtubeシナリオ、著名経営者のゴーストライター、 アニメーションシナリオ、セールスライティングなど 幅広いライティング業務を統括。 「文字を書いて望む収入と理想のライフスタイルを手に入れる人を育成する」 がモットーの、WEBライター育成のプロ。 ライティングスキルだけでなく、 リピート率アップや単価アップ方法、 継続案件のとり方など、 効果があった集客方法もメソッドを確立。
【無料LINE講座】週末WEBライター