WEBライティング

Webライティングは時間がかかる!?記事作成を早くするコツとは!

WEBライティング

Webライティングは初心者でも気軽に始められることもあり、現在人気のお仕事です!

でも、ライティングに思った以上に時間がかかる場合があるんですよね。

タイピングが遅いわけではないのになぜ?と不思議に思っている人もいるでしょう。

では、Webライティングを早くするにはどうすれば良いのでしょうか?

記事作成が早い人はどんな方法でライティングを行っているのでしょう?

今回は、Webライティングに時間がかかる人が記事作成を早くするコツをご紹介します!

ライティングが遅いことに悩む人が多い?

Webライティングを行っている人の中には元々タイピングが得意という人もいるでしょう。

そういった人は記事作成も得意そうで、早く記事を作り上げれそうな気がしますよね!

しかし、タイピングが早い=ライティングが早いというわけではないんです。

もちろんタイピングが早いのも記事を早く書く上で必要なスキルではあります。

しかし、ただそれだけではライティングを早く行うことはできないんですよね。

実はWebライターを始めた人の中にはライティングが遅いことを悩んでいる人も多いんですよ。

では、ライティングに時間がかかる理由は何なのでしょうか?

そして、どのような対処を行えばライティングのスピードを上げることができるのでしょうか?

ライティングを早く行えれば書ける記事数も増えるので、それだけ収入にも繋がります。

できるだけライティング速度を早めたいですよね。

ライティングに時間がかかる理由とは?

そもそもライティングに時間がかかる理由は何なのでしょうか。

それが分かれば自ずと対処法も見えてきますよね!

ライティングに時間がかかる原因には、主に以下のことが考えられます。

  • ライティングの進め方が分からない
  • 情報が十分に収集できていない
  • 必要な文字数に辿り着けない
  • 気が散ってしまう

それぞれについて詳しく見てみましょう。

ライティングの進め方が分からない

まずはライティングの進め方が分からない場合です。

Webライティングを始める時、発注者から記事作成のマニュアル等を渡されることがあります。

しかし、記事の書き方はマニュアルで理解できても、どのような手順で組み立てて良いのか理解できないこともありますよね。

また、案件によってはそもそもマニュアルがない場合もあると思います。

この理由で記事作成に時間がかかってしまっている人は多いのではないでしょうか。

情報が十分に収集できていない

続いては情報収集が十分ではない場合です。

最初に情報が十分に集めれていなければ、ライティングを行いながら情報を集めなければいけません。

調べて書いて、また調べて書いて…の繰り返しになってしまいますね。

そうすると、どうしても作業の効率が落ちてしまうでしょう。

必要な文字数に辿り着けない

ライティングを行うにあたって、

  • 〜文字以上
  • 〜文字程度

という文字数を指定される場合がほとんどかと思います。

ですが、その必要な文字数に辿り着けずに記事作成に時間がかかることもあります。

文字数は最低限クリアしなければいけない条件ですし、避けては通れないですよね…。

気が散ってしまう

作業する環境によっては、気が散ってしまって集中できないこともありますね!

どこでもできる仕事だからこそのデメリットでもあります。

気付いたらスマホを触ってしまったり、漫画やゲームを始めてしまうことも。

手がぴたりと止まってしまったら、ライティングが遅いのも納得ですよね。

ライティングを早くするために実践したコト!

ではライティングを早くするためにはどのような対策を行えばよいのでしょうか!?

実践したいコツはこちら!

  • 見出しを先に作成する
  • 先にざっと完成させる
  • 文字数は最初は気にしない
  • ターゲットを明確にする
  • テンプレートを決める
  • 情報収集をしっかりする
  • 集中できる環境を作る

どういうことなのか、具体的な内容を見ていきましょう!

見出しを先に作成する

まずは見出しを先に作成するという方法です。

見出しを先に作ることで、記事を作成する設計図を作ることができますね。

ライティングを行うにあたって、まずは何を伝えるための記事なのかを明確にしておく必要があります。

先に大まかな設計図を作っておくことで、どのような情報が必要なのかも分かりやすくなりますよね。

情報収集すべきことがはっきりするので、調べる時間の短縮にも繋がりますよ!

先にざっと完成させる

先にざっと記事を完成させるのも記事作成を早くするのに有効な手段です。

最初から1見出しずつ完璧に仕上げていく必要はありません。

最初は50%くらいのざっくりしたものを作ってみましょう。

何なら、どのような内容をその見出しに書くのか箇条書きに並べておいても構いません。

最終的に100%になれば良いんです。

最初から完璧に作りこむのではなく、ざっくり作ってから肉付けしていきましょう。

文字数は最初は気にしない

必要な文字数が定められている場合、その文字数に合わせた記事作成が必要となります。

ですが、文字数にばかり捕らわれているとなかなか記事作成が進まないんですよね。

なので、まずは文字数を気にせずに書き始めましょう!

文字数の確認は一通り書き終えてからでも構いません。

足りなければもう少し情報を足せば良いですし、多ければ余剰分を削除すればOK。

後からでもいくらでも調整ができますよ。

ターゲットを明確にする

ライティングをする上でターゲットを明確にすることは非常に重要なことでもあります。

誰に向けて書いているのかがはっきりすれば、どんな情報を書けば良いのかも分かりやすいですよね。

求められている情報がどのようなものなのか把握がしやすくなるためです。

年齢や性別、どんな人物像なのかターゲットを明確にした上で情報を集めていきましょう。

テンプレを決める

ライティングのテンプレートを決めることでも作業効率を上げることはできますよ。

色んな手法があるので、自分にしっくりくるテンプレは経験を積んでいく中で出来上がっていきます。

最初はネットでどのようなテンプレがあるのかを調べてみるのも良いでしょう。

例えば、よく使われる手法としてはPREP法というものがあります。

まずは結論(Point)、その次に理由(Reason)、具体例(Example)を上げ、最後にまた結論を述べるというものです。

全ての記事作成に使えるわけではありませんが、非常に汎用性の高い手法ですよ!

情報収集をしっかりする

どのような相手にどんな内容の記事を作成するか明確にできたら情報収集もしやすくなりますね!

この時しっかりと記事を肉付けできるだけの情報を集めておくことが大切です。

記事を作成しながら情報を集めるのは作業の効率を悪くしてしまいますからね。

後で文字数の調整をしやすくするためにも情報収集をしっかり行いましょう!

集中できる環境を作る

記事作成に集中できるための環境作りも大切なポイントですよ。

家で作業ができるということもあり、ついついながらで記事作成を行ってしまう人もいるでしょう。

誘惑が多いですからね、家の中だと。

ライティングを行う時はスマホの通知をオフにしたり、ゲームや漫画はしまっておきましょう。

仕事の時間と割り切ることで作業時間も短くすることも可能になります。

自分の集中しやすい環境を整えることを心がけて下さいね。

まとめ

今回はWebライティングに時間がかかる人に向けて記事作成を早くするコツをご紹介しました。

ライティングを早くするために必要なのはタイピングのスキルだけではありません。

いかに必要な情報を上手くまとめられるかどうかが重要となってきます。

そのためにも最初から文章作成を行うのではなく、見出しを作成して肉付けしていく工夫が必要となります。

誰に向けたどんな内容の記事を作るのかを明確にしておきましょう!

情報収集もしやすくなりますよ。

気が散りやすい人は集中しやすい環境づくりにも力を入れて下さいね。

数をこなしていくことでもライティングスキルが上がり、自然とかかる時間も短くなりますよ!

まずは今回ご紹介したことを取り入れてライティングの効率を上げていきましょう!

ちなみに、オンラインビジネスラボでは『Webライターコース』を4月から開講する予定となっております。

ご興味がある方は、こちらからLINEを登録してお待ち下さい!

【無料LINE講座】週末WEBライター