WEBライティング

【無料】WEBライティングのおすすめツール7選!生産性アップの味方

WEBライティング

「WEBライティングを始めてみたものの、なかなか効率が上がらなくて困っている」という方は多いのではないでしょうか?

1本の記事を書くのに思った以上に時間がかかると、自分自身の予定や収入などにも影響してしまい、ついつい焦ってしまいますよね。

そこでこの記事では、WEBライターなら絶対に押さえておきたい無料の便利ツールを7点ご紹介します。

ツールを上手く使いこなすだけで作業効率を倍近く上げることができますので、WEBライティングとしてスキルアップを目指す方は、ぜひ参考にして下さい。

WEBライティング | 便利ツールを使う3つのメリット

WEBライティングにおいて便利ツールを使うと、どのようなメリットが得られるのでしょうか?ここでは大きく分けて3つのメリットをご紹介します。

  1. 文章の質が上がる
  2. ライティングのスピードが上がる
  3. 読者のニーズが分かる

メリット 1:文章の質が上がる

便利ツールを使うだけで文章の質をグンと上げることができます。

例えば、自分では気付くことのできない誤字脱字を簡単に教えてくれるツールもありますし、自分が普段は使わないような表現に言い換えてくれるツールもあります。

こうしたツールを活用すれば、文章の正確性が格段に上がるだけでなく、読者にとって飽きのこない文章を書けるようになるでしょう。

メリット 2:ライティングのスピードが上がる

便利ツールを活用すれば、ライティングのスピードを上げることもできます。特にWEBライター初心者の場合、キーボード入力に苦労しているという方は意外と多いのではないでしょうか?

そんな時、ネット上の無料ツールを活用するだけで、入力スピードは簡単に上げることができます。1記事あたりにかかる執筆時間も、大幅に削減できるようになるでしょう。

メリット 3:読者のニーズが分かる

WEBライティングの中には検索上位表示を目指すSEOライティングという分野がありますが、SEO対策の基本は無料ツールでも十分に対応することができます。

こうしたツールを使うことで、読者が何を知りたいのかというニーズに沿って文章を組み立てることができます。

読者の検索意図をくみ取らないと一方的な記事になってしまいますが、そうしたリスクもツールを利用することで回避することができるのです。

記事作成におすすめの便利ツール

では実際に、WEBライティングにおすすめの便利ツールを7点ご紹介していきましょう。いずれも無料ですので、気になるものはまずは試してみてください。

Google日本語入力:キーボード入力を簡略化

Google日本語入力とは、文字通りGoogleが開発した日本語入力システムです。公式HPで簡単にダウンロードでき、手間もほとんどかかりません。

一般的なパソコンにはMicrosoftの入力システムが導入されていることが多いですが、Google日本語入力は予測変換や固有名詞の入力に優れているツールと言えます。

キーボードを打つ回数も大幅に減らすことができ、生産性の向上に直結するでしょう。

Weblio類語辞書:別の単語に言い換え

記事をたくさん書き続けていると、「いつも同じ表現ばかり使っている」と感じることはありませんか?

実際、こうした文章のクセは、WEBライターのほとんどの方に無意識にそなわっているものです。

そんな時には、一つの単語を何通りもの単語に言い換えてくれるWeblio類語辞書がおすすめです。

表現のバリエーションが増えれば、読者が飽きてページから離脱してしまうということも回避することができます。

記事チェックにおすすめの便利ツール

文章を書き終えたら、ご自身でセルフチェックを行うよう心がけましょう。以下2つのツールを使うことで、クライアントにも安心して記事を納品することができます。

【文字数カウント】:記事の文字数をチェック

記事の文字数をチェックする際には、【文字数カウント】というツールが便利です。

完成した記事をコピペすれば、ボタン一つであっという間に正確な文字数を知ることができ、自分で地道に数えるという手間も必要ありません。

特に記事の文字数が指定されている場合には、必ず【文字数カウント】を使用してから納品するようにしましょう。

Copy Content Detector:コピペ率をチェック

WEBライターにとって命取りになるのが、他サイトに掲載されている記事の流用やコピペです。

もちろんわざとコピペする方はいないかと思いますが、場合によっては無意識のうちに記事内容が被ってしまうということも無くはありません。

そこでCopy Content Detectorを使えば、完成した記事が他の記事に類似していないかを簡単にチェックすることができます。

コピペ率は高くても50%以下、理想としては40%以下を目指すようにして下さい。

SEOライティングにおすすめの便利ツール

WEBライターとして経験を積んだら、ぜひとも挑戦したいのがSEOライティング

検索上位表示を目指すには様々なSEO対策を行う必要がありますが、初心者の方は以下の3つを使うだけでも基礎はバッチリです。

ラッコキーワード:キーワードを選定

SEOライティングの基本となるキーワード選定なら、ラッコキーワードがおすすめです。

読者がどのようなキーワードで検索するかが一目瞭然で、複合キーワードを決める際には非常に心強い味方になることでしょう。

気になる複合キーワードをクリックすれば、実際のGoogle検索ページが表示されるため、自分で検索する手間も要りません。

Ubersuggest:検索ボリュームをチェック

複合キーワードがある程度絞れたら、Ubersuggestで検索ボリュームをチェックしましょう。自分にとってどれだけ理想的なキーワードでも、読者に検索されなければ意味がありません。

Ubersuggestならキーワードの検索ボリュームが一目瞭然で、競合性も併せてチェックできます。

共起語検索:共起語をチェック

質の高いSEOライティングを目指すなら、共起語チェックも欠かせません。

共起語とはキーワードと併せて使われることが多い単語のことで、共起語を上手に文章に取り入れることで、検索上位表示の可能性を高めることができます。

共起語検索を使えば、狙ったキーワードに対して使うべき共起語の一覧を簡単に手に入れることができます。無闇に文章に盛り込むのではなく、あくまで自然な文章を心がけるようにして下さい。

便利ツールを使えばWEBライティングの生産性は上がる

WEBライティングに欠かせない、おすすめ便利ツールを7点ご紹介しました。

〈まとめ:WEBライティングにおすすめの便利ツール〉

  1. Google日本語入力
  2. Weblio類語辞書
  3. 文字数カウント
  4. Copy Content Detector
  5. ラッコキーワード
  6. Ubersuggest
  7. 共起語検索

いずれも無料で利用できますで、活用しない手はないでしょう。一気に導入すると混乱してしまいますので、優先度の高いものから徐々に使ってみてくださいね。

便利ツールを使いこなせるようになれば、WEBライターとしてのスキルや収入も確立できます。気になるものはぜひ積極的に活用し、WEBライティングの効率を向上させてください!

コピーライティングスキルの記事についてはこちらをご覧ください。

【無料LINE講座】週末WEBライター