WEBライティング

スマホで読みやすい記事が大切?スマホファーストを意識しよう!

WEBライティング

Webライティングを行う上で、読みやすい記事を作成することは非常に大切です。

特にスマホで読みやすい記事作りが重要視されるんですよ。

記事作成を行う時はパソコンを使うことが多いかと思います。

では、何故スマホで読みやすい記事作りが大切なのでしょうか?

そこにはスマホとパソコンの違いが関係しています。

スマホで読みやすい記事作りが大切な理由と、どうすれば良いのかが気になりますね。

今回はスマホで読みやすい記事作りが重要な理由とポイントをまとめてみました!

スマホで読みやすい記事を書くのが重要?

そもそもスマホで読みやすい記事を作ることが何故重要なのでしょうか?

記事を作成する時は、パソコンで作業することがほとんどですよね。

文章入力はもちろん、装飾等もやりやすくて作業効率が良いものです。

そうにも限らず、スマホで読みやすい記事を作成必要があるのは何故か?

それは読者目線で見る必要があるからです。

実は、記事を読んでくれる人のほとんどがスマホユーザーなんですよね。

サイトや記事のジャンルにもよりますが、8~9割がスマホユーザーと言われています。

確かに何か気になることがあって調べ物をする時、スマホを使用しますよね!

気軽にサクサク検索できるスマホは、誰にとっても主流の情報収集手段!

そして検索して出てくるサイトだってかなり膨大な量が出てきます。

そのため、読みにくい記事だとすぐに離脱されてしまうんですね。

そうなってくると、サイト自体の評価が落ちかねません。

今では、検索エンジンがスマホサイトを評価基準としています。

その為、記事自体をスマホユーザー向けにすることが重要視されるんですね。

スマホで読みやすい記事作りがサイトの成長、延いては収益に影響してくるというわけです!

スマホとパソコンの違いを把握しよう!

スマホで読みやすい記事を!と言っても、実際に作業はパソコンで行います。

では、スマホとパソコンとでどのような違いが見られるのでしょうか?

考えられる違いは以下の点です!

  • 画面の違い
  • スクロールの長さの違い
  • 画面サイズの違い
  • 表の見え方の違い

それぞれについて詳しく見てみましょう!

画面の違い

まずは画面の違いです。

スマホは縦長の画面になっていますよね。

しかしパソコンは横長の画面となっています。

そのため、サイトのデザインや配置も異なって見えたりします。

それと同じように記事の文章自体も見え方が違ってくるというわけですね。

スクロールの長さの違い

続いてはスクロールの長さの違いです。

パソコンはスマホに比べて画面自体が横長となっています。

そのため、一行に表示される文字数が多いんですよね。

逆を言えば、スマホで一行に表示される文字数はパソコンよりも少ないということ。

パソコンの感覚で文章を作ってると長すぎるように見えてしまいます。

画面サイズの違い

続いては画面サイズの違いです。

ポケットサイズのスマホとデスクで使用するパソコンとでは、当然画面サイズも異なります。

そのため、スマホの場合パソコンよりも縮小されて画像等が表示されますね。

パソコンでは問題なく読めていた画像内の文字でも、スマホでは違って見えることも。

あまり小さすぎる文字は潰れてしまって読めなくなることもあり得ます。

表の見え方の違い

スマホとパソコンとでは表の見え方も異なってきます。

パソコンでは問題なく端まで表示されていた表も、スマホだと途切れてしまうことも!

折角情報を綺麗にまとめても表が見えなかったら意味がないですよね…。

スマホとパソコンの画面を実際に比較してみた!

スマホとパソコンとの違いが分かったところで実際の見え方の違いを見てみましょう。

文章の見え方を比較

早速文章の見え方を比較してみたいと思います!

まずはパソコンでの見え方から。

今回の冒頭文の一部を例に取って見ましょう。

パソコンで見てみると以下のようになります。

特に違和感ないですよね。

では、同じ文章をスマホで見た場合はどうでしょうか!?

全く同じ文章でも上記のようになります。

この短い文章で比較してみても、スマホとパソコンとで見え方に大きな違いがあるのが分かりますね!

悪い例を見てみましょう!

では、もう一例見ていきましょう。

今回はスマホで非常に読みにくく感じる悪い例です。

例えば文章が文章が長すぎたり、改行がないとどのように見えるのでしょうか。

まずはパソコンでの見え方です。

先ほどとほぼ同じ文章を使用してみました。

ただ文章感の改行を無くし、一文を長くしています。

それでもパソコンでは2行程度なので、そこまで読みづらくはないですよね。

これがスマホになると…

いかがですか?

長くした文章は3~4行になっていますね。

行間がない分、更に読みづらさを感じます。

記事を開いた時にパッとこの画面が表示されたら、読みづらいと感じてしまうでしょう。

第一印象で読みづらいと感じられてると、離脱されてしまう可能性は非常に高いです。

パソコンで作成する時は問題ないように思えても、実際にはこれだけの違いがあります。

完璧と思っていても、スマホで見ると読みにくい記事だった…ということは結構多いんですよ。

スマホで読みやすい記事を書くには!

では、スマホで読みやすい記事を書くにはどうすれば良いのでしょうか?

気を付けたい点はこちら!

  • 一文一文は短めに
  • 改行の位置には注意を!
  • 画像の文字は小さくならないように
  • 表の設定に気を付ける
  • 作成した記事はスマホでチェック!

それぞれ詳しくご紹介していきます。

一文一文は短めに

1つ目は一文一文の文章は短めにするという点です。

先ほどの例で見ていただいた通り、スマホとパソコンとでは見え方の違いが大きいんですよね。

スマホは画面が縦型のため、一行で表示される文字数がパソコンより少なめです。

そのため、パソコンではちょうど読みやすい文字数に見えても、スマホではぎっちり詰まって見えます。

一文一文の文字数は長すぎない方がスマホでは読みやすいというわけなんですね。

もし文章が長くなりそうなときは二文、もしくは三文に分けるようにしましょう。

改行の位置には注意を!

続いては改行の位置についてです。

基本的には句点で改行を行いますが、たまに読点で改行する人もいますよね。

パソコンではその方が読みやすい場合もあるでしょう。

ですが、それをスマホで見ると中途半端なところで行が変わって見えることも!

文章自体がガタガタに見えて、非常に読みにくくなる可能性もあります。

他にも改行のし過ぎ、もしくはしなさすぎは記事全体の見え方に大きな影響を与えます。

マイクロコピー等は改行の有無でクリック率が変化することもありますよ。

一言で改行と言っても、気を付けなければいけない点はたくさんあります。

パソコンとスマホ両方で見え方を確認することが大切ですね。

画像の文字は小さくならないように

文字入れした画像を挿入する時は、画像の文字が小さくならないように気を付けましょう!

スマホで見ると、パソコンで見る時より画面が小さい分縮小されてしまいます。

パソコンでは読める文字でも、スマホだと小さすぎて読めないことも。

折角文字入れした画像を使用して綺麗に記事をまとめても、読めなくては無意味ですよね。

画像の文字は大きくいれるようにしましょう。

小さくなりそうな時は、文字入れする情報を減らして下さいね!

言い回しを変えたり要約することで、より記事が分かりやすくなることもありますよ!

表の設定を気を付ける

記事に表を挿入する際は、表の設定にも気を付けましょう。

設定を誤ると、スマホでは表が端まで全て表示されないこともあります。

パソコンでは全て見えていても、スマホでは途中で途切れているように見えることも。

見えやすいように良かれと思って表を作成するのに、勿体ないですよね。

スマホでも表示される設定になっているか、表を作成した時は忘れずチェックしましょう。

作成した記事はスマホでチェック!

最後に最も重要なポイントをご紹介します。

それは、パソコンで作成した記事をスマホでもチェックするということです。

同じ文章なのに、わざわざスマホからも見なくても…と思われるかもしれません。

ですが、こちらでご紹介してきた通り、スマホとパソコンとでは見え方が全く違います。

パソコンで読みやすい記事がスマホでも読みやすいとは限りません。

むしろ、スマホでは読みにくい記事になっている可能性もあります。

ユーザーのほとんどがスマホで記事を読んでいるのに、読みにくかったらがっかりですよね。

折角記事を作成するんですから、ユーザーの読みやすい記事を作成しましょう!

そのためにも作成した記事をスマホでチェックするというひと手間は怠らないようにしましょうね!

まとめ

今回はスマホで読みやすい記事作りが重要な理由とポイントをまとめてご紹介しました!

記事を読んでくれる人の8~9割以上がスマホを使っているとは驚きですよね。

いつでもふと思いついた時、検索して欲しい情報が得られるスマホ。

気軽に検索できることがスマホユーザーが多い理由と言えるでしょう。

そのため、記事を作るパソコンよりも、スマホで読みやすい記事を作成するのが大切になります。

最後にはスマホで実際の記事をチェックするようにして、読みやすい記事を作成しましょう!

合わせて読まれるブログの書き方について興味があれば、こちらの記事をご覧ください。

【無料LINE講座】週末WEBライター