WEBライティング

検索意図の考え方は?SEO対策の為に理解を深めよう!

WEBライティング

Webライティングを行う上で、検索意図はとても大切な考え方です。

検索意図を汲み取ることで、読者目線の記事を書けるようになります。

逆に言うと、その考え方や意味が理解できていなければ、読者が求める記事を書くことができません。

また、検索意図はSEO対策の視点からも重要な要素となります。

よりSEOに強い記事・サイトを作成するためにも、理解を深めておきましょう!

この記事を読むことにより、

  • 検索意図とは何か
  • 検索意図の考え方
  • 検索意図を使った記事作成の方法

についての知識・スキルを身につけることができます。

今回は、検索意図についての理解を深めていきましょう!

検索意図ってなに?

検索意図とは、文字通りユーザーがそのキーワードを検索した意図のことです。

キーワードを検索した意図って、つまりどういうことでしょうか?

具体的に見ていきましょう。

例えば、「かわいい マスク 作り方」で調べた人の検索意図は、「かわいいマスクの作り方を知りたい」ということになります。

これはキーワードがそのまま検索意図になっているので、簡単ですよね。

しかし、中には検索意図を考えることが難しいものもあります。

もう1つ例を考えてみましょう。

「布 マスク 息苦しい」だとどうでしょうか?

先ほどの様に文字通り文章に直すと、「布マスクが息苦しい」となってしまいますよね。

しかし、これでは検索意図とはいえません。

もう少し踏み込んで、

布マスクが息苦しい→息苦しい理由を知りたい→息苦しさを解決したい

というところまで考えていくと、検索意図が見えてきますよね。

このように、検索意図は検索キーワードから予想していくことが大切になります。

検索意図がSEOで大切な理由とは?

では、検索意図がSEOで大切な理由は何なのでしょうか。

それは、検索意図から逸れた内容は記事やサイト自体の品質を下げてしまうことにあります。

具体的に見ていきましょう。

検索意図から逸れると読者の離脱率が下がる

もしも検索意図から逸れた内容の記事を書いてしまうと、どうなるのでしょうか?

「この記事には、私が知りたいことは書いていない」とがっかりしてしまうことでしょう。

その結果、読者はブログから離脱してしまいます。

離脱率が上がれば上がるほど、記事やサイトのSEO評価は下がっていってしまうんですね。

いかに検索意図を大切にすることが重要なのかが分かりますよね。

検索エンジンも検索意図を重視している?

検索意図を汲み取ることは、SEO対策にも繋がります。

検索エンジンも現在かなり賢くなっていて、検索意図に沿った記事かどうかの内容まで判断するようになっています。

検索意図に沿っている記事は検索結果の上位に表示されますし、そうでないと検索圏外に飛ばされることも。

より多くのアクセスを集めるためにも、検索意図を考えることは重要です。

上位表示されて離脱されにくい記事を作れば、自ずとサイト自体の評価も高くなるでしょう。

検索意図の考え方

検索意図はどのように考えれば良いのでしょうか?

他人の考えを汲み取るというのは難しいように思えますよね。

検索意図を汲み取るコツとしては、

  • キーワードを質問文に直す
  • 読者の悩みを考える

というものがあります。

それでは、詳しく見ていきましょう!

キーワードを質問文に直す

検索意図に沿った記事を作るためには、キーワードを質問文に直すことがおすすめです!

検索キーワードというのは、読者から投げかけられた質問であることが多いです。

例えば、『かわいい マスク 作り方』のキーワードで考えてみましょう。

  • キーワード:『かわいい マスク 作り方』
  • 質問:『かわいいマスクってどうやって作るの?』
  • 検索意図:『かわいいマスクの作り方が知りたい』

となります。

質問文に直すことによって、読者の検索意図が見えやすくなりますよね!

読者の悩みを考える

次は、読者が何に困っているのか、悩みを考えることです。

先ほど例にも出した、「布 マスク 息苦しい」のパターンに使えますよね。

この場合は、質問というよりも読者から相談を受けていると考えた方が分かりやすいです。

「布マスクをしていると息苦しくなっちゃうんですよ」と相談を受けている場面をイメージしましょう。

「そうなんだぁ」と会話を終わらせる方もいるかもしれませんが、ブログ記事を作成する側としてはそれではいけませんよね。

「原因はなんだろう?一緒に解決策を考えよう!」

と気配りができる人になりましょう!

考えているうちに、自然と検索意図が見えてくると思います!

検索意図を考えて記事を書くコツ

検索意図が見えてきたところで、具体的にどのように記事作成をすればいいのでしょうか?

検索意図を考えて記事を書くコツとして、

  • 検索意図に対する答えを考える
  • 読者の悩みに1つずつ答えていく
  • 検索意図から逸れることは書かない
  • ブログ記事は読者との会話だと考える
  • ペルソナの設定をする

などがあります。

SEO対策を行う上でも欠かせないことなので、ぜひおさえておきたいところですね!

検索意図に対する答えを考える

まずは、先ほどの要領で検索意図に対する答えをひとつずつ考えていきましょう。

要するに、読者の悩みに対する解決策の部分ですね。

布マスクが息苦しい→夏なのに冬用のマスクをしているのかも→夏用のマスクにしてみたら?

という風に、読者の悩みをどうすれば解決できるのかを簡潔にまとめてあげましょう!

読者の悩みに1つずつ答えていく

1つの質問や悩みに対して1つずつ答えていくことも大切です。

一気にいろんな情報を伝えてしまうと、混乱してしましますよね。

情報を整理して、

  • マスクを作るのに必要なモノ
  • マスクを作る際のおすすめの素材
  • マスクを作る工程

など、読者の悩みを1つずつ解決してあげましょう。

検索意図から逸れることは書かない

検索意図に答えることも大切ですが、検索意図から逸れることを書かないよう意識することも大切です。

例えば、「かわいい マスク 作り方」と調べている人は「マスクの感染対策の効果」についての情報は求めていないですよね?

親切心で書いてあげたんだとしても、読者からしたら不必要な情報です。

検索意図から逸れると、読者はストレスを感じてしまうこともありますし、さらに検索エンジンからの評価も下がってしまう傾向にあります。

できるだけ、検索意図にはピンポイントで答えられる様にしましょう!

ブログ記事は読者との会話だと考える

私はよく、ブログ記事を読者との会話に例えます。

読者の質問に対して、ブログ記事で返すようなイメージですね。

会話をスムーズに成り立たせるためには、相手の気持ちを汲み取ってコミュニケーションを取ることが重要になってきます。

例えば、仕事での疑問を上司に質問した際に、聞きたいこととズレた答えが帰ってきた経験はありませんか?

また、会話していてすぐに話が逸れていく人にストレスを感じることもありますよね。

まさにこれが、ブログで言う検索意図から逸れている状態になります。

読者にストレスを与えないためにも、検索意図に沿ったブログを書くことが大切なんですね。

このように、私たちが普段行っている会話をイメージすることで、ブログも書きやすくなると思います!

ぜひ、読者とのコミュニケーションを意識しましょう!

ペルソナの設定をする

検索意図を理解する上で、ペルソナを設定することも非常に重要です。

ある1人の人と会話をしているような気持ちで記事を作ることが、最も伝わりやすい方法ですしね。

記事を書くのも、会話しているように書く方が書きやすかったりします。

読者のためにも自分の為にも、まずはペルソナを決めて記事を書き始めましょう。

まとめ

今回は検索意図の考え方についてご紹介しました。

SEO対策をするためにも検索意図への理解は欠かせないものだということが分かりましたね。

もしも検索意図にそぐわない内容の記事を作ってしまうと、離脱者が増えてしまうでしょう。

検索エンジンも、検索意図に沿っている記事かどうかを判断するようになっています。

検索意図に合った記事を書くことは、記事を上位表示させるためにも読者を増やすためにも欠かせません!

まずは読者が何を求めているのかを理解することから始めましょう。

読まれるブログの書き方についても合わせて読んでください!

ABOUT ME
山崎涼
WEBライティングのプロ集団 「チーム:ゼロイチ」のトップWEBライター。 ブラック企業から脱サラして 未経験からフリーランスのWEBライターになり、 記事執筆ライター、WEBサイト売却、 Youtubeシナリオ、著名経営者のゴーストライター、 アニメーションシナリオ、セールスライティングなど 幅広いライティング業務を統括。 「文字を書いて望む収入と理想のライフスタイルを手に入れる人を育成する」 がモットーの、WEBライター育成のプロ。 ライティングスキルだけでなく、 リピート率アップや単価アップ方法、 継続案件のとり方など、 効果があった集客方法もメソッドを確立。
【無料LINE講座】週末WEBライター