WEBライティング

WEBライターはきついって本当?初心者が知っておくべき原因と対処法

WEBライティング

「WEBライターはきつい」

そんな噂を聞いて、WEBライターになることを躊躇していませんか?

しかしWEBライターがきついと感じてしまうのには必ず原因があり、そうした原因を解き明かすことでWEBライターとしてのメリットをすぐに実感できるようになります。

そこでこの記事では、WEBライターがきつく感じられる原因と対処法を分かりやすく解説します。

事前に原因と対処法を知ることで、WEBライター初心者が陥りがちな失敗を回避することができますので、これからWEBライターを目指す方はぜひチェックして下さい!

初心者のWEBライターがきついと感じる3つの理由

インターネット上でも「WEBライターはきつい」という声は多数見受けられますが、それには必ずと言って良いほど原因があります。まずは主な3つの原因を解説していきましょう。

  1. 文字単価が低い
  2. 文章を書くのに慣れていない
  3. 仕事を一気に抱えすぎる

理由 1:文字単価が低い

WEBライターはきついと感じる方のほとんどが、文字単価の低い案件を受注しています。

実際、WEBライターは新しい職種であることから法整備が徹底されておらず、法外に安い報酬の案件が後を絶ちません。

中には「未経験歓迎」と謳って、文字単価0.1円を切るような案件も多数存在します。5,000文字書いても500円以下という計算ですので、それでは当然WEBライターとして消耗してしまうだけでしょう。

理由 2:文章を書くのに慣れていない

誰でも初めのうちは、文章を書くのが大変に思えてしまうものです。1,000字書くのに2~3時間かかってしまうことも、初心者からすれば決して珍しいことではありません。

例えば文字単価1.0円で1,000字の案件を受注したと仮定しましょう。これを時給に換算すると、以下のように計算できます。

〈文字単価1.0円&1,000字の案件〉

  • 1時間:時給1,000円
  • 2時間:時給500円
  • 3時間:時給333円
  • 4時間:時給250円

1時間で完成すれば良いですが、2時間以上かかると時給は国内の最低時給を下回ってしまいます。

報酬から事務手数料などが引かれれば、WEBライターのモチベーションはさらに下がってしまうでしょう。

理由 3:仕事を一気に抱えすぎる

初心者WEBライターのよくある失敗談として、多くの案件を一気に抱えてしまうということが挙げられます。

初めのうちは自分がどのくらいの文量を書けるのかイメージが湧かず、タスク管理にも慣れていません。

特に自分の得意でないジャンルの案件を受注すると、調べものが多くなり、それだけ時間もかかってしまうのです。

「WEBライターはきつい」から抜け出すための3つの対処法

「WEBライターはきつい」という噂には、必ず原因が存在することがお分かりいただけたでしょう。

事前に対処法をしっかりと知っておけば、こうしたデメリットは十分に回避することができます。ここでは主な対処法を3つご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

  1. 文字単価を上げる
  2. ブログを書く
  3. 得意ジャンルに絞って少しずつ受注する

対処法 1:文字単価を上げる

「WEBライターはきつい」とならないための鉄則は、とにかく文字単価を死守することです。

具体的には、初心者の方でも文字単価1.0円以下の案件は避けるべきでしょう。

経験や実績を積むという意味では0.8円程度の案件でもやる価値があるかもしれませんが、それでも文字単価1.0円を切っているので決しておすすめはできません。

10~20本ほど継続したら、クライアントに交渉して文字単価を上げてもらうのも効果的です。

対処法 2:ブログを書く

文章を書くのに慣れていないという方は、ブログを始めてみましょう

本格的な有料ブログが理想ですが、最初ははてなブログなど無料のもので問題ありません。

毎日思ったことや楽しかったことなどを日記形式で書くだけでも、文章力を身に付けるのには十分と言えます。

ブログのクオリティが十分であれば、WEBライターの仕事に応募する際の実績としても活用することができます。

こちらで読まれるブログの書き方について紹介してます。

対処法 3:得意ジャンルに絞って少しずつ受注する

WEBライター初心者の方は、まずは得意なジャンルから受注してください。

自分に興味のないジャンルを選んでしまうと調べごとに大量の時間を要してしまうだけでなく、記事の質もなかなか上がりません。

また、できれば1本ずつ丁寧にこなしていくこともポイントです。少しずつタスク管理する癖も付け、将来的にたくさん受注できるよう準備をしておきましょう。

WEBライターになることで得られるメリット

「WEBライターはきつい」と言われていますが、対処法を知ったうえでWEBライターを始めれば、それだけたくさんのメリットを享受することができます。

ここでは特に嬉しい3つのメリットについて解説しましょう。

働く時間や場所を選べる

WEBライターの一番大きなメリットは、とにかく好きな時間に好きな場所で働けること

納期さえしっかり守っていれば、いつどこで働くかは基本的に自由です。

毎日決まったオフィスに通う会社員と違って、WEBライターは自宅、カフェ、コワーキングスペースなど、日々好きな場所を転々とすることができます。

私服で出かけられるのも大きなポイントと言えるでしょう。

人間関係のストレスがない

WEBライターの仕事は基本的にクライアントとの1対1の関係で、人間関係が非常にシンプルです。

コミュニケーションもメールやチャットがほとんどなので、多くの人とコミュニケーションを取るのが苦手という方にとってはぴったりの職業だと言えるでしょう。

ブログを収益化するスキルが身に付く

いわゆる「ブロガー」を目指してWEBライターを始める方は多いですが、いきなりブログを収益化するのは決して簡単ではありません。

しかし、WEBライターとして十分なスキルが身に付けば、自分自身のブログを収益化するためのスキルとしても十分に応用できます。

実際、仕事と並行してブログを運営するWEBライターは多く、それぞれの業務の互換性も非常に高いと言えるでしょう。

対処法を事前に知ればWEBライターはきつくない

「WEBライターはきつい」という声は広く見受けられますが、それには明確な原因があることが実感できたのではないでしょうか?

これからWEBライターになりたいとお考えの方は「WEBライターはきつい」という声に躊躇するのではなく、ぜひ事前に対処法を身に付けてください。

「WEBライターになりたい」という気持ちを諦めてしまうのはもったいないですし、事前に対処法を知っておけば、こうした辛い状況に陥ることは十分に回避することができます。

ぜひこの記事を参考にはじめの一歩を踏み出し、WEBライターとしての明るい未来を手に入れてくださいね。

オンラインビジネスラボでは2021年4月よりWEBライターコースを開始します。

ぜひこちらのLINEに登録をして、最新の情報をお待ち下さい!

【無料LINE講座】週末WEBライター