WEBライティング

Webライティングのペルソナの意味って?ブログを書く上で大切な理由とは!

WEBライティング

Webライティングを行う上で、ペルソナを設定することが大切になってきます。

しかし、そもそもペルソナってどういう意味なのでしょうか?

普段の会話では聞きなれない言葉ですよね。

実は、ペルソナ設定をしていないと読者に伝わりにくい記事になってしまうんです。

読者に読まれる記事作成をするためにも、ペルソナについての理解を深めておきたいですよね!

ここでは、

  • ペルソナの意味
  • ペルソナが大切な理由
  • ペルソナを設定してライティングするコツ

などの基礎知識を身に付けて頂きたいと思います。

ペルソナについての知識を深めれば、より読者に伝わりやすい記事作成ができるようになりますよ

今回は、Webライティングをする際のペルソナ設定についての情報をご紹介します。

ペルソナって何?

そもそもペルソナというのはどのようなものなのでしょうか?

ペルソナというのは、記事を向けた相手のことを指しています。

では、『ターゲット』とは何が異なるのでしょうか?

詳しく見てみましょう。

ターゲットとペルソナの違い

まずはターゲットとペルソナとターゲットの違いを見てみましょう。

ターゲットを設定する、と言われると分かる人も多いのではないでしょうか。

ターゲットというのは、Webサイトを閲覧すると考えられる全ての人のことを指します。

何となくイメージしていたものと同じではないですか?

では、ペルソナは何なのでしょうか?

ペルソナというのは、性別や年齢、職業、趣味などを事細かく設定した相手のことです。

イメージ図で見てみると以下のようになります。

つまりペルソナを設定するというのは、ある1人の人に向けて記事を書くということになります。

ペルソナが重要な理由

では、ペルソナが何故重要となるのでしょうか?

一般的に考えて、実際に読むのは多くの人なのだから、万人に向けた記事の方が良いのではないかと思えますよね。

その理由について詳しく見ていきましょう。

万人受けする記事は響かない

まず、万人受けする記事は響かないという難点があります。

多くの人に向けた記事は当たり障りがない記事とも言えるでしょう。

ですが、現在ネット上には数えきれないほど多くの記事が存在します。

万人受けする記事では特徴がないので、膨大な記事の中に埋もれてしまうんですね。

ペルソナを設定しないと話がそれがち

更に、ペルソナを設定しないと話がそれてしまいがちです。

ペルソナを決めずに万人受けする記事を作ろうと思うと、非常に多くの情報が必要となりますよね。

あれもこれも説明しなくては!となりかねません。

ですが、全ての人がその膨大な量の情報を必要としているわけではありません。

むしろその全ての情報を網羅したいと思っている人はごく稀でしょう。

不要な情報は離脱者を増やす

膨大な情報を記事に乗せると、その分ユーザーにとって不要な情報が多くなってしまいます。

自分にとって不要な情報の方が多いと感じると、ユーザーは離脱してしまう可能性が高くなります

なぜなら、ネット上には他にも多くの記事が存在しているから。

情報を取りに来ているユーザーは、すぐに情報をゲットできる記事を求めて他のサイトへ行ってしまうでしょう。

不要な情報を省くためにも、ペルソナを設定することは重要になってくるんですね。

ペルソナによって記事の書き方が変わる?

ペルソナによって、記事の書き方は変わってきます。

記事のテーマが同じだとしても、誰に向けて書くかによって変わってくるのはなぜでしょうか?

詳しく見ていきましょう!

求める情報は人によって違う

まずは求める情報の違いがあります。

年齢や性別などの属性によっても求める情報は異なってきますよね。

それだけでなく、どれほど興味を持っているのか等、様々な要素があります。

ペルソナに次第で求める情報に違いが出てくるので、記事を書き始める前にペルソナを決める必要がありますね。

価値観の違い

続いて価値観の違いもありますね!

全人類が、同じ価値観で生きているわけではないですよね?

そのため、ペルソナの価値観に合わせた価値を記事に持たせてあげる必要があります。

ペルソナを間違ってしまうと、記事の持つ価値は実際のユーザーの価値観とは異なってきてしまいます。

同じキーワードでも、価値観が異なれば必要な情報、不要な情報が変わって来るので注意が必要です。

言葉遣いの違い

最初にペルソナを設定しておくことは、記事内での言葉遣いを変えていく上でも重要です。例えば40代会社員男性に向けた資格取得のため記事を書くとしましょう。

ほど同時に20代女子大生に向けたアニメの記事を書くとして、同じテンションで書いてよいのでしょうか?

答えはNOです。

記事の内容はもちろん、性別や年齢によってもテンションや言葉遣いを使い分けるようにしましょう。

同じ内容でも記事の印象が全く変わってきますよ。

ペルソナ設定の仕方

続いてはペルソナの設定の仕方をご紹介します。

ペルソナはどのように決めていけば良いのでしょうか?

検索意図から考える

まずは検索意図から考える方法です。

検索意図はキーワードから検索した人がどのような意図で調べたのかを指しています。

その意図を持っている人物が一体どういう人なのかを想像することから始めましょう。

検索意図については詳しくはこちらの記事を見てください。

ターゲットから絞る

最初はざっくりとターゲットを絞り、その中からペルソナを決めるのも効率的ですね。

まずは大きなくくりを決め、その中からグッと絞り込みましょう。

あるキーワードを検索する人に対して「若い人が多そう」「男性が多そう」というイメージはあるかと思います。

そのイメージを増やしていって、少しずつ絞っていくのも良いですね。

ペルソナはできるだけ細かく設定する

ペルソナを設定するにあたり、できるだけ細かく設定することも大切なんですよ。

例えば20代男性とするよりも、26歳会社員男性と設定した方がイメージが湧きやすくなります。

ある程度の絞り込んだ相手に向けて記事を書くのではなく、1人に向けて記事を書くイメージを持ちましょう。

特定の誰かをイメージするのも良い

ペルソナを考えるのが難しい…という人は、特定の誰かをイメージするのも良いでしょう。

自分自身や家族、友達など、身近な人と会話をするような感じでライティングしてみるのも良いですね。

特に自分に興味のあるジャンルの記事を作成するのであれば、自分をペルソナに設定するのが手っ取りばやいといえます。

自分だったらどんな情報が欲しいと思うのか?というのを主観的にも客観的にも見れますからね!

需要を考えてみる

設定したキーワードの話題に誰が興味を持つのか需要を考えてみることも大切ですよ。

女性向けのヘアケア商品であれば、どんな人が興味を持つと考えられるでしょうか。

まず男性ではないですよね。

ヘアケア商品の効果によっては、ユーザーも異なって来るでしょう。

例えばスカルプ効果のある商品なら、産後で抜け毛に悩む女性が興味を持つでしょう。

ダメージヘアに効果がある商品はカラーやパーマで髪が傷んでいる女性が検索すると想定できます。

そのキーワードは誰が調べるものなのかを考えると、ペルソナも設定しやすそうですね。

ペルソナを考えてライティングをするコツ

最後にペルソナを考えてライティングするコツを見てみましょう!

ペルソナの悩みを考える

まず、ペルソナがどんなことに悩んでそのキーワードを検索したのかを考える必要があります。

検索キーワード自体がペルソナの悩みとも言えますが、キーワードだけで全て網羅できるわけではありません。

そのキーワードには付随するどんな意図があるのかを汲み取る必要があります。

まずは悩みに同調してあげることがライティングの冒頭で必要となるでしょう。

解決のための糸口を紹介する

ペルソナの悩みを理解できれば、次に解決のためにはどうすれば良いのかを紹介します。

この記事を読むことでどんなことができるのかということをしっかり伝えましょう。

商品紹介の場合は、その商品を使うことでどう解決できるのかを紹介します。

ペルソナは自分の持つ悩みや疑問を解決するために記事を読んでいます。

そのことを念頭に入れた上で、ペルソナに合った情報を提供してあげるように心がけましょう。

ペルソナの知識量を設定しておく

記事を書き始める前に、その情報についてのペルソナの情報量も設定しておきましょう。

基礎知識のない人とかなり詳細まで知っている人に説明するのとでは内容が大きく異なってきます。

小学1年生に中学生で習う言葉を使って説明しても理解できませんよね。

逆に中学生に小学生の勉強を教えても「そんなことはもう知っている」となってしまいます。

ペルソナの知識量は予め設定しておき、無駄な情報は入れず、かつ情報が足りなくならないように気を付けましょう。

言葉遣いには注意を!

最後にライティングを行う際、もう1つ気を付けておきたいことがあります。

それは言葉遣いです。

難しい場合は、2歳年上くらいの先輩と話す時のような言葉遣いで記事を作成すると当たり障りがないでしょう。

また、ペルソナを年下に設定したとしても敬語などはしっかり使うようにした方が無難です。

タメ口で書いて良い場合もありますが、不快に思われない程度に調整するのはかなり難しいとですよね。

ペルソナを意識しすぎるがために言葉遣いがおろそかになるということはないように注意してくださいね。

まとめ

今回はペルソナの意味や必要な理由についてご紹介しました。

ペルソナを設定することで特定の1人に向けて記事を作成するようになります。

記事自体が書きやすくなりますし、情報もまとまっていて分かりやすくなりますよ。

万人受けを狙った記事は情報が散らばりやすいので、かえってアクセスが伸びなくなってしまうことも…。

年齢や性別、職業などの属性や、趣味、特技、性格などを事細かく設定してみましょう。

難しい場合は自分や身の回りの人をペルソナにしてみるのも良いですよ。

大切なのはそのペルソナの悩みを解決するイメージで記事作成を行うということ。

記事の個性にも繋がります。

記事を書き始める前にまずはペルソナを設定するようにしましょう。

オンラインビジネスラボでは、Webライターコースを開講しました!

ご興味がある方は、こちらから無料LINE講座のご登録お願いいたします!

ABOUT ME
山崎涼
WEBライティングのプロ集団 「チーム:ゼロイチ」のトップWEBライター。 ブラック企業から脱サラして 未経験からフリーランスのWEBライターになり、 記事執筆ライター、WEBサイト売却、 Youtubeシナリオ、著名経営者のゴーストライター、 アニメーションシナリオ、セールスライティングなど 幅広いライティング業務を統括。 「文字を書いて望む収入と理想のライフスタイルを手に入れる人を育成する」 がモットーの、WEBライター育成のプロ。 ライティングスキルだけでなく、 リピート率アップや単価アップ方法、 継続案件のとり方など、 効果があった集客方法もメソッドを確立。
【無料LINE講座】週末WEBライター