WEBライティング

売れるブログの書き方とは?売るために意識するべきこと!

WEBライティング

売れるブログの書き方を知っておくことは、ブログ作成をしていく上でとても重要なことです。

商品を売るためのコツでもあり、そこを意識して記事を書くことで記事の質も上がっていきます。

でも、そうは言ってもどうすれば売れるブログを書けるのかイマイチピンとこないですよね。

ここでは

  • 売れるブログはどんなものなのか
  • どうすれば商品が売れるブログになるのか
  • 売れるブログを書くために意識すべきことはどんなことか

といったことを学んでいきましょう。

これを知っておくことでWebライターとしての活躍の幅を大きく広げられますよ!

今回は、売れるブログの書き方についてご紹介していきます!

売れるブログ・売れないブログの書き方がある?

ブログ記事を書き始めた人の中には、売れるブログ・売れないブログの書き方を意識している人は少ないでしょう。

商品を紹介すればいずれ売れるようになると思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、ただ商品を紹介するだけでは売れるブログを作ることはできません。

ここでのポイントは

  • 売り込み方を間違っていると売れない
  • 売れないと収益にならない
  • 正しいやり方で継続することが大切

というところになります。

詳しく見てみましょう。

売り込み方を間違っていると売れない

まずは売り込み方を間違うと売れないという点について見てみましょう。

1つの同じ商品を売り込むにしても、アプローチの方法は色々あります。

ですが、その方法を誤ってしまうと売れるはずのものも売れなくなってしまいます。

とにかく「何かしらの商品を紹介すれば売れるだろう」という考えはここで捨てておきましょう。

アフィリエイトは売れないと収益にならない

絶対的な意識として持っておいてもらいたいなのは、売れないと収益にならないということです。

Webライターとしての仕事は1記事〇円、1文字〇円といった単価が決まっていますよね。

そのため、商品が売れるか売れないかを意識したことがない人もいるのではないでしょうか。

ですが、Webライティングにおいてその商品がそのブログから売れたかどうかは非常に重要となってきます。

「売れても売れなくてもいいや」ではなく「より売れる記事を書くにはどうすれば良いか」を考えるようにしましょう。

正しいやり方で継続しないと効率が悪かったり、身につかないことが多いです。

ぜひ、今紹介した点は意識していきましょう。

売れないブログの特徴は?

続いては、売れないブログの特徴を見てみましょう。

商品が売れないブログには、以下のような共通点が見られます。

  • 読者の気持ちや悩みを理解していない
  • ペルソナを絞れていない
  • メリットしか書いていない
  • 数字を上手く使えていない
  • 単純に読みにくい

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

読者の気持ちや悩みを理解していない

まずは読者の気持ちや悩みを理解していないブログ記事の場合です。

商品を紹介するからには、その商品を使うことでどんな結果を得られるのかを明確にしなくてはいけません。

読者の気持ちや悩みを理解していないブログは、そういったところが明記されていないことが多くなっていますね。

また、それらしいことは書いていても、読者層とはかけ離れたいる場合もあります。

その記事を読む人が何に悩んでいるのか、を意識しましょう!

ペルソナを絞れていない

続いてはペルソナを絞れていないブログです。

ペルソナというのは、ある1人の人物にターゲットを絞り込んだもののことです。

これを決めてブログを書くことで、より個性のあるブログを作成することが可能となります。

逆を言えばペルソナを絞れていない、万人に向けたブログは印象に残りにくくなります。

人の心に響かないブログが出来上がってしまうわけなんですね。

ペルソナについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

メリットしか書いていない

商品のメリットしか書いていないブログも商品が売れにくくなっています。

一見、いいことだけを書いていると売れそうな気がしますよね?

しかし、商品のことを調べる時に読者が特に知りたいのはデメリットの方です。

商品を良く見せるために良いことしか書いていないと、何だか怪しく思えてしまうんですね。

信憑性にかけるブログになってしまうので、おすすめできません。

数字を上手く使えていない

売れないブログの中には数字を上手く使えていないブログも多いですね。

具体的な数字を出してあげることで記事の信頼度というのもがグッと上がります。

「価格が安い」と紹介しているのに、金額を一切書いていなかったらおかしなことになりますよね。

また、商品単体の価格だけでなく、比較対象を出すことも大切です。

数字の表記の仕方に気を使うことでも、読者からの印象が変わってくることもありますよ。

比較対象がなければ説得力と分かりやすさにかけるブログになってしまいますね。

単純に読みにくい

単純に読みにくいブログも、売れないブログのうちの1つですね。

そもそもブログが読まれなければ収益には繋がりません。

例えば、文章だけで商品を説明されているブログは読む気がおきませんよね。

スマホで読んだ際に、文字が詰まりすぎていても読者は離脱してしまいます。

視覚的にも読者の満足を得られないブログは、読みにたくないと判断されてしまいますよ!

売れるブログを書くコツ!

売れないブログがどういったブログなのかが分かりましたね。

では、売れるブログを書くにはどうすれば良いのでしょうか?

その方法として今回ご紹介したいのは

  • ペルソナを設定する
  • 読者の悩みを見極める
  • 読者に共感する
  • 煽って商品購入を促す
  • ベネフィットを示す
  • 買わない理由を消していく
  • リアルな口コミを書く
  • 比較を上手く使う

といった方法です。

具体的に見ていきましょう。

ペルソナを設定する

まずはペルソナを設定するということです。

年齢層や性別等によっても売り込み方というものは変わって来るものです。

紹介する商品はどんな人が使うものなのか、ということを具体的に思い浮かべてみましょう。

その人1人に商品を紹介するようにブログを書いてみて下さいね。

読者の悩みを見極める

続いては読者の悩みを見極めるというものです。

その商品を買う読者がどんな悩みを抱えている人なのかをしっかり見極めましょう。

商品の効果をアピールした際に、メリットを感じてもらえないと意味がありません。

その商品がどんな悩みを解決するものなのか理解することからも、読者の悩みを絞ることができますよ。

読者に共感する

実は重要なのが読者に共感することなんです。

自分の悩みを分かってもらえている、同じ考えを持ってくれていると思ってもらうことが大切です。

読者に共感して同じ認識を持つことで、よりブログの内容に興味を持ってもらえるようになります!

煽って商品購入を促す

商品を購入してもらうために煽ることも売れるブログを書くコツなんですよ。

といっても「買ってください!」とストレートに煽るわけではありません。

商品を買わなかった場合のデメリットを示すことが効果的です。

あくまでも読者自身に「買わなければ!」と思ってもらえるようにしましょう。

ベネフィットを示す

先ほどとは真逆になってしまいますが、ベネフィットを示すことも大切です。

ベネフィットとは、メリットよってもたらされる恩恵のことです。

商品を買うことでどんな未来が待っているのかを具体的に示してあげるようにしましょう。

それを明確にしてあげることで、商品への期待も高まり、購入意欲も増すことでしょう!

買わない理由を消していく

ブログ記事を読んでいる人は、商品を購入するかどうか迷っている場合も多いです。

そんな時は買わない理由を1つずつ消していくようにしましょう。

抱えている悩みが解消されていくこと、今ならお買い得なことなどをアピールしましょう。

保証制度等がある場合は、そのこともしっかり書いてみて下さいね。

外堀を埋めるイメージで、買わない理由をゼロにするつもりでブログを作成してみて下さい。

リアルな口コミを書く

商品を売り込むためには、こちらにとって都合がいい口コミだけではなく、リアルな口コミを書くことも大切です。

もちろん、良い口コミを書くことも商品を売り込む上で重要です。

しかし、同じくらい悪い口コミを書くことも大切なんですね。

メリットしか書かれていないとかえって不安になってしまうものです。

ただ、ここで注意したいのはデメリットの伝え方です!

ただの悪口にならないように伝えるようにしましょう。

「こういった見方もできる」「こうすれば良くなる」といった言葉も添えられるとベストですね。

比較を上手く使う

比較を上手く使うことも売れるブログを書くポイントとなります。

類似商品が多く存在するなら、読者が知りたいのは自分に合った商品です。

様々な観点から比較することで、読者は自分に必要な商品がどちらなのかを判断していきます。

とはいえ、何に重点を置いているかは人によって異なりますよね。

「こんな人にはこちらがおすすめ!」と具体的に書いてあげるとより読者には分かりやすくなりますよ!

新・PASONAの法則とは!?

最後に新・PASONAの法則について見てみましょう!

PASONAの法則はブログ記事を作成するのに欠かせない法則となっています。

それぞれの頭文字を取ったものなんですが、どのような法則なのでしょうか?

旧・PASONAの法則って?

まずは旧・PASONAの法則を見てみましょう。

旧・PASONAの法則は

  • Problem(問題)
  • Agitation(煽り・共感)
  • Solution(解決策)
  • Narrowing Down(絞込み)
  • Action(行動を促す)

となっています。

例えば、ダイエット商品を紹介するならこんな感じになりますね!

  • P:もうすぐ薄着のシーズンになるので体のラインが気になりますね!
  • A:何もせずこのまま夏を迎えると、今年は水着姿になれないかもしれません。
  • S:○○を使用すれば、無理なくダイエットをすることが可能となります。
  • N:○○は初回限定で●●円で購入できます。
  • A:この価格で買えるのは今だけなので、お見逃しなく!

要点を絞り込んだだけなので、実際はもっと長い文章となりますが、流れはこんな感じですね。

これが新・PASONAの法則となるとどうなるのでしょうか!?

新・PASONAの法則って?

続いては新・PASONAの法則を見てみましょう。

新・PASONAの法則の場合は以下のようになっています。

  • Problem(問題)
  • Affinity(親近感)
  • Solution(解決策)
  • Offer(提案)
  • Narrowing Down(絞込み)
  • Action(行動を促す)

旧と比べると、『A』が変わっているのと、『O』が追加されていますね。

先ほどと同じ例文で新・PASONAの法則の場合どうなるのかを見てみましょう!

  • P:もうすぐ薄着のシーズンになるので体のラインが気になりますね!
  • A:私もお腹周りが気になり始め、どうにかしなくては!と思うようになりました。
  • S:○○を使用すれば、無理なくダイエットをすることが可能となります。
  • O:私も試してみましたが、しんどさもなく△kgのダイエットに成功しました!
  • N:○○は初回限定で●●円で購入できます。
  • A:この価格で買えるのは今だけなので、お見逃しなく!

このようになりますね。

大きく変わるわけではありませんが、より読者に寄り添った内容になっています。

売れるブログ記事を書くには、読者に身近な存在だと思ってもらえることが大切です。

こちらが新・PASONAの法則を使った記事の参考例になります。

まとめ

今回は、売れるブログの書き方についてご紹介しました。

一言で商品を売ると言っても、それがブログになると難しいものです。

大切なのは、読者が読んで利益を感じられるブログにするということ。

そのためにも読者に寄りそった記事作りを心がけるようにしましょう。

商品を良く見せようとするあまり、必要な情報を取りこぼしてしまってはいけません。

ただ商品を紹介するというのではなく、読者の悩みや欲している情報を見極めるようにしましょう!

オンラインビジネスラボでは、2021年4月からWebライターコースを開講しました!

こちらの無料LINE講座をご登録くださいね!

ABOUT ME
山崎涼
WEBライティングのプロ集団 「チーム:ゼロイチ」のトップWEBライター。 ブラック企業から脱サラして 未経験からフリーランスのWEBライターになり、 記事執筆ライター、WEBサイト売却、 Youtubeシナリオ、著名経営者のゴーストライター、 アニメーションシナリオ、セールスライティングなど 幅広いライティング業務を統括。 「文字を書いて望む収入と理想のライフスタイルを手に入れる人を育成する」 がモットーの、WEBライター育成のプロ。 ライティングスキルだけでなく、 リピート率アップや単価アップ方法、 継続案件のとり方など、 効果があった集客方法もメソッドを確立。
【無料LINE講座】週末WEBライター