WEBライティング

WEBライティングの相場はいくら?仕事の種類ごとの単価をまとめてみた!

WEBライティング

Webライティングの仕事には、様々な仕事があります。

その仕事ごとに大体の相場がありますが、クラウドソーシングを見ていてもよく分かりませんよね。

実は、Webライティングの仕事内容によって、相場は大きく異なって来るんですよ。

仕事によっては1記事で万単位で稼ぐことも可能になります。

夢がありますよね!

この記事では、

  • Webライティングの単価がどのように決まっているか
  • Webライティングの仕事の内容と平均単価
  • 単価を上げてもらうためにはどうすれば良いか

といったことをご紹介しています。

Webライティングで稼いでいくためにも、是非知っておいて頂きたい情報ばかりです。

というわけで、今回はWebライティングの仕事と相場をご紹介していきます。

Webライティングの単価を決める要素は?

まずはWebライティングの単価を決める要素を見てみましょう。

単価は主に以下のような要素で変わってきます。

  • 仕事内容
  • 経験・スキル・知識
  • メディアの知名度など

どういうことなのか詳しく見ていきましょう。

仕事内容

まずは1つ目の要素である仕事内容についてです。

Webライティングには多くのジャンルがありますよね。

サイトのジャンルもそうですし、ライティングのジャンルも存在します。

クラウドソーシングに出回っていない仕事も世にはたくさんあるんですよ。

記事の難易度も、ジャンルや内容によって異なりますね。

そういったものでも、ライティングの単価は左右されています。

経験・スキル・知識

続いてはWebライティングの経験やスキル、そして知識です。

当然とも言えますが、未経験の人と数年の経験がある人とでは単価は異なってきます。

一般的な職場でもそうですよね!

試用期間中は給与は安めですが、経験を積めばその分給与も高くなります。

スキルについても同様のことが言えます。

Webライティングのノウハウを知らない人と、スキルのある人とではどうしても差が生まれてしまいます。

とはいえ、経験を積めば同じステージに上がっていくことができますよ。

大切なのは経験を積んで、得た知識を自分のものにしていくことなんですね。

メディアの知名度など

Webライティングの単価は、ライティングを行うメディアの知名度等によっても変わってきます。

企業が募集している場合もあれば、個人で募集している場合もありますよね。

その場合、財源も規模も異なります。

また、同じ企業や同じ人が募集しているとしても、メディアごとに収益は異なります。

極端な話、毎月100万円の収益を挙げられるサイトと1万円しか挙げられないサイトがあるとしますよね。

この2つのサイトで、同じ単価でライターを雇うことはまずあり得ないでしょう。

有名メディアであればあるほど単価は高くなる傾向にあります。

Webライティングの単価は1つの要素ではなく、複数の要素が絡み合って決まっているというわけですね!

ライティングの種類と平均単価

続いてライティングの種類と平均単価を見てみましょう。

先ほどもご紹介した通り、Webライティングは仕事内容によっても単価が異なってきます。

どのくらいが平均単価なのか知っておきたいですよね。

今回は以下の種類の単価をご紹介していきます。

  • ブログ記事
  • 専門知識が必要な記事
  • インタビュー記事
  • セールスコピー

早速それぞれの平均単価を見ていきましょう。

ブログ記事

まずはブログ記事を見てみましょう。

ブログ記事はWebライティングを始める時に誰もが通る道と言えます。

一番親しみやすく、比較的簡単にライティングが行えますね。

ブログ記事の場合、文字単価は0.1円~3円が相場となっています。

30倍もの差があるので驚いてしまいますよね。

これは初心者から経験者までの単価が含まれているためです。

Webライティング未経験の初心者の場合、0.1円~0.3円が相場となっています。

経験者でスキルがある方の場合は1円~3円と言ったところですね。

1000文字の記事を1つ書いた場合、100円~3,000円の相場となります。

ブログ記事1つをとっても、かなりの金額差が生まれるというのがお分かりいただけるのはないでしょうか。

専門知識が必要な記事

続いては専門知識が必要な記事です。

専門知識を持っている、有資格者にしか書けない記事ですね。

多いのは医療系の記事でしょうか。

お医者さんが書いている記事などをよく目にしますよね。

そういった記事の場合、文字単価は3円~10円ほどまで上がります。

有資格者になった年数や、経験・所属等によっても単価は変わってきますね。

ただ、専門知識が必要な記事の場合、記事あたりの単価が数千円以上になります。

書ける人材が限られていることも、単価が高くなっている要因ですね。

インタビュー記事

続いてはインタビュー記事です。

直接現場まで出向き、取材を行って記事を作成する仕事ですね。

企画や取材に原稿作成だけでなく、写真撮影が必要な場合も多く、工程も時間もかかります。

そのため、記事単価は2万~5万円程度と、かなり高単価が平均となっています。

Webライティングを初めてすぐには回ってくることはない仕事かもしれません。

ただ、専門的な資格が必要となることは少ない仕事でもあります。

実績を積み、信頼関係を築くことでインタビュー記事の仕事が回って来る可能性は十分にあり得ますよ。

セールスコピー

最後にご紹介するのは、セールスコピーの仕事です。

セールスコピーとは、LPの作成や、メルマガの文章作成といったお仕事ですね。

商品を売り込むための文章を作成することになります。

そのため、ある程度の知識と経験が必要となってきます。

この場合、ブログ記事の作成に必要なSEOの知識よりも、マーケティングの知識が必要となりますね。

より深い知識を付けて臨む仕事なので、難易度は高めです。

記事単価もかなり高めの5万~10万円程になっています。

セールスコピーにより商品の売れる・売れないが左右されるので、責任も重大な仕事と言えますね。

単価を上げるためすることとは?

ライティングの種類毎に単価が大きく異なることが分かりましたね。

とはいえ、資格等、持っていないものはどうしようもありません。

その場合でも、単価を上げるためにできることはたくさんあります。

単価を上げるために必要なのは以下のような点です。

  • 実績を積む
  • 知識を身に付ける
  • 継続する
  • 交渉する
  • 直接契約をする
  • クライアントに貢献する

それぞれの項目について、詳細を見てみましょう。

実績を積む

まずは実績を積むということです。

何においてもそうですが、誰もが最初は初心者です。

今、万単位の単価で稼いでいるライターさんも、最初は数百円のライティングから初めているんですよ。

初心者向けの案件は単価が安いですが、誰もが通る道というわけですね。

まずは初心者向け案件で実績を作りましょう。

クラウドソーシングの評価やポートフォリオを作ることにも繋がります。

それらを作り出すことが次の仕事にも繋がり、単価アップにも繋がるというわけなんですね。

知識を身に付ける

続いては知識を身に付けるということです。

Webライティングには様々な知識が必要となります。

SEOやマーケティングなどもそうですが、専門知識を付けておくと書けるジャンルも広がりますね。

特にSEOの知識はどのジャンルにおいても必要となってきます。

身に付けておいて損はないですよ。

最初はクライアントが教えてくれる場合もありますし、そこから自分でも調べて身に付けることができれば、更に意欲が伝わるでしょう。

継続する

続いては継続するということです。

同じクライアントの元、継続して仕事をすることで、評価や信頼は上がっていきます。

その分任せてもらえる仕事量や、ジャンルが増えることも期待できますよ。

そうなれば、単価を上げてもらえる可能性も高くなりますね。

ただ、ここで大切なのは、納期や決められた約束は必ず守るということです。

どちらかが欠けただけでも、信頼は落ちてしまいます。

同じ仕事にしても、信頼を集めている方が任せてもらいやすくなります。

大切な仕事になればなるほど、尚更です。

信頼を集めて継続することが、単価アップへの近道と言えるでしょう。

交渉する

クライアントに単価アップを交渉するのも1つの手段です。

この場合も、継続によってクライアントとの信頼関係を築けていることが前提となります。

1回仕事を共にしたからといって、すぐに単価アップを求めるのは難しいでしょう。

ただ、ずっと同じ単価で仕事を続けるのも辛いものがありますよね。

スキルが上がったり、ライティングするジャンルが増えていれば尚更です。

そういった場合に交渉しても単価アップが臨めない場合は、思い切ってクライアントを変えてみるのも手です!

継続は失われてしまいますが、既に手に入れた実績とスキルがあります。

それを武器に新しいクライアントを見つければ、単価とスキルアップに繋がる可能性も出てきますね。

直接契約する

クライアントとの契約を直接契約にするのも良いですね。

これにより直接単価が上がるわけではありませんが…

クラウドソーシング機能を使うと、どうしても手数料が発生してしまいます。

これによって数割、自分の手元に入る報酬が少なくなってしまうんですね。

これが直接契約となれば、媒介手数料が発生しません。

記事作成した単価分の報酬が全て手元に入ってくるようになります。

一番手っ取り早く手元に入って来るお金を多くすることができますね。

ただ、直接契約となると、リスクが発生することも忘れてはいけません。

契約書を交わすなど、リスク軽減の手段を取った上で直接契約を行うようにしましょう。

クライアントによっては直接契約を嫌がる人もいるので、確認を取ることも忘れないでくださいね。

クライアントに貢献する

最後にご紹介するのは、クライアントに貢献するということです。

クライアントが何を求めているのかを知り、同じ方向に向かっていくことが大切です。

クライアントに貢献することは、継続してもらうためにも重要なんですよ。

記事のクオリティを上げたり、文字数が書けるように経験を積むのもよいでしょう。

そういったことを全部ひっくるめて貢献することが、最後には自分にも返ってくるはずです。

単価のアップや、高単価の仕事を任せてもらえるように、まずは日々の仕事を丁寧に頑張りましょう!

まとめ

今回はWebライティングの仕事と相場についてご紹介しました。

身近なブログ記事から、高単価なインタビュー記事・セールスコピーに至るまで、様々な仕事がありますね。

単価も100円から10万円程度までと、かなりの幅があるのがお分かり頂けたのではないでしょうか。

実績や経験を積むことで、数万円の仕事を貰える可能性は上がっていきますよ!

そうなればどんどん稼げるようになり、毎月の報酬もかなり上がりますよね。

そのためにも大切なのは、実績と知識を積み重ねた上で、信頼を得ることです。

毎日の仕事を丁寧に熟し、納期を守ることが重要となってきますね。

とはいえ、最初から難しく考える必要はありません。

まずは実績を作るところから始めましょう。

一歩踏み出して、どんどんステップアップしていきましょう!

オンラインビジネスラボでは、2021年4月からWebライターコースを開講しました!

ライティングの基礎からセールスコピーまでのスキル習得をサポートさせていただきます!

ご興味があるかたは、ぜひ無料LINE講座をご登録ください!

【無料LINE講座】週末WEBライター

RELATED POST