WEBライティング

WEBライティングのコツ7選!WEBライター初心者はこれさえ徹底すれば大丈夫

WEBライティング

WEBライターとしての第一歩を踏み出してはみたものの、「なかなか上手く文章が書けない」、「1記事を書くのにすごく時間がかかってしまう」とお悩みの方は多いのではないでしょうか?

こうした悩みは、単純に経験不足だけでなく、ライティングのコツを知らないということが原因かもしれません。

この記事では、WEBライター初心者が意識すべき7つのポイントや、3つの事前準備について分かりやすく解説します。

コツさえ押さえればSEO的に評価されるようになりますので、WEBライター初心者の方は記事を作成する際のチェックリストとして活用してくださいね!

WEBライティングのコツとは?最初ににやるべき3つの準備

ライティングのコツを押さえる前に、まずはライティングにおいて欠かせない「ペルソナ設定」を行いましょう。

ペルソナとは読者像のことで、細かくペルソナを設定することで、より読者の心に響く記事を書くことができます。

  1. ペルソナの年齢や性別を設定する
  2. ペルソナの知識量を設定する
  3. ペルソナになりきって質問を考える

この3つのポイントにそって、ペルソナ設定の重要性を解説していきましょう。

ペルソナの年齢や性別を設定する

ペルソナを設定する際は、まずは年齢や性別といった基本情報から考えてみましょう。

例えば女性をターゲットにした記事なら、イメージ画像も女性にした方が親近感が湧きやすくなります

他にも、住んでいる場所や職業、休みの日の過ごし方など細かく設定すると、ユーザー視点に立ったメリットの多い記事を作成することができます。

ペルソナの知識量を設定する

基本情報がある程度定まったら、今度はペルソナの知識量も想定してみましょう。これは読者の知識量によって、提供すべきコンテンツが大きく変わってくるためです。

例えば「フランス 旅行」がキーワードの場合、フランス旅行に行くのが初めてなのか2回目なのかによって、紹介すべき内容は変わってきます。

2回目の人に定番の観光地だけを紹介しても、コンテンツが読者に刺さることはありません。

ペルソナになりきって質問を考える

細かくペルソナを設定したら、自分がそのペルソナになり切って、どのような疑問や不安があるかを書きだしてみましょう。

これこそが読者が本当に知りたい内容であり、それを網羅することで記事の価値も自ずとアップします。

もし「自分ではなかなか思い浮かばない」という場合は、身近な友人を想像して質問を考えると効果的です。

ペルソナを細かく設定することで読者の悩みを追求することが、良質な記事を書く上では欠かせないのです。

ライティングのコツ7選!WEBライター初心者がまず覚えるべきこと

ライティングを始めて間もないうちは、スムーズに良質な記事を書くのは想像以上に難しいでしょう。

そこでここからは、WEBライター初心者が最初に意識すべき7つのポイントをご紹介します。

  1. 見出しで内容が分かるようにする
  2. 結論を先に述べる
  3. 理由や具体例を提示する
  4. 数字を入れる
  5. 簡潔で分かりやすい文章にする
  6. 語尾は使い分ける
  7. 表や箇条書きで見やすくする

この7つを押さえれば、初心者の方でもクオリティの高い記事を執筆できますよ。

ライティングのコツ 1:見出しで内容が分かるようにする

見出しを設定する際は、見出しだけで記事の内容が分かるようにしましょう。

これは読者が短時間で答えを見いだせるだけでなく、SEO的にも評価されやすいというメリットがあります。

同様に、見出しはなるべくコンパクトにしてキーワードを盛り込むことが大切です。

文章のように趣旨が分かりづらい見出しだと、それだけで読者が離脱してしまうことも少なくありません。

ライティングのコツ 2:結論を先に述べる

記事を構成する際は、まず先に結論を持ってくることが大切です。これはPREP法と呼ばれるもので、分かりやすい記事を書くための鉄則とも言えます。

日本語では「~で~だから…」のように結論を最後に持ってくることが多いですが、これはライティングではNG。

結論を先に持ってくることで、読者にも記事の要旨を簡潔に伝えることができます。

ライティングのコツ 3:理由や具体例を提示する

何か事実や意見を述べる際には、必ず理由や具体例も提示しましょう。実際、理由や具体例がない意見は「だから?」と思われてしまうことが少なくありません。

具体例を示すことで、読者は自分なりにイメージを膨らますことができるのです。

ライティングのコツ 4:数字を入れる

理由や具体例を示すときには、何かしらの数字を入れることを意識して下さい。

行政や公的機関が出しているデータや数値などを上手に活用すると、記事にも説得力や信憑性を持たせることができます。

ライティングのコツ 5:簡潔で分かりやすい文章にする

文章を書く際は、なるべくコンパクトで分かりやすい文章にしましょう。

読点「、」や難読漢字を多用した長文は、読者の読みづらさに直結し、ページからすぐに離脱してしまいます。

「1文に1メッセージ」を心がけ、頭を使わずに内容が理解できる文章を目指してください。

ライティングのコツ 6:語尾は使い分ける

文章を書く際は、語尾にも十分に注意しましょう。WEBライター初心者には「~です」だけの文章や「~しょう」が何度も連続する文章を書く方が少なくありません。

こうした単調な文章だと読者も飽きやすくなってしまうため、語尾は使い分けてテンポよく読めるようにすることが大切です。

ライティングのコツ 7:表や箇条書きで見やすくする

情報を羅列する際には、表や箇条書きを使うことで見やすくするようにしましょう。全く同じ情報でも、表や箇条書きを使うだけで読者の目に留まりやすくなります。

(悪い例)

通常価格2000円ですが、今なら1,700円。さらに2人ならなんと3,000円で、1000円もお得に利用できます!

(良い例)

  通常価格   キャンペーン価格割引価格   
1人2,000円1,700円300円
2人4,000円3,000円1,000円

ライティングのコツを押さえればSEO的にも評価される

ライティングを始める際の3つの準備、7つのコツをご紹介しましたが、これらを実践すれば読者にとって読みやすい記事になるだけでなく、SEO的にも評価されやすくなります。

検索上位を取れるようになれば、SEOライティングとしての実績にもなり、ワンランク上のWEBライターにステップアップできるでしょう。

「なかなか上手に文章が書けない」とお悩みの方は、ぜひ7つのコツを徹底し、読者の心に届く記事を目指してくださいね!

オンラインビジネスラボでは2021年4月よりWEBライターコースを開始しました。

ぜひこちらから無料LINE講座の登録をして、WEBライターとして一歩を踏み出しましょう!

【無料LINE講座】週末WEBライター

RELATED POST