WEBライティング

検索上位を獲得する方法 | Google評価の仕組みと5つのSEO対策

ライター初心者の方には、「記事がなかなか上位表示されない」、「上位表示させる方法はあるの?」などと戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか?

SEOに関するノウハウは実にたくさんありますが、まずはGoogleの検索エンジンの仕組みを知り、SEO対策の基礎を固めることが大切です。

この記事では、上位表示される重要性やGoogle検索エンジンの仕組み、さらに基本となる5つのSEO対策を解説します。

記事が上位表示されるようになれば、メディアが成長することはもちろん、ライターとしての評価も上げることができますので、WEBライターを目指している方は必見ですよ!

検索上位表示はなぜ重要?

各メディアが上位表示にこだわるのには、明確とした理由が存在します。ここでは具体的な数字を交えながら、その重要性をあらためて確認しましょう。

アクセス数が増える

各メディアが上位表示にこだわる最大の理由は、メディアへのアクセス数が増えるからです。

企業が運営するメディアの場合、検索流入から自社の商品やサービスを紹介するのが、WEBメディアの最大の役割となります。

記事のアクセス数が増えれば、商品やサービスが売れることはもちろん、宣伝効果も抜群。そのため、上位表示できる記事を制作できるWEBライターは、各社からも重宝されるのです。

検索順位でクリック率が大きく異なる

Googleの上位に記事を表示できれば、それだけユーザーの目に留まりクリックしてもらえる確率も高くなります

Advanced WEB RANKING』の調査によると、検索順位ごとのクリック率は以下の通りです。

  • 1位:30.2%
  • 2位:12.3%
  • 3位:7.8%
  • 4位:4.2%
  • 5位:2.8%

1位にこそ約30%のクリックがありますが、その後はクリック率が急激に低下することがお分かりでしょう。

「1位と2位では大きく意味が異なる」と言われるのは。クリック率が半分以下に減少するためです。

Googleが上位記事を決める3ステップ

続いて、上位記事が決定される仕組みも理解しておきましょう。

検索エンジンシェアの約9割を占めるGoogleは、主に3つの工程により上位記事を選定しています。

  1. クロール
  2. インデックス
  3. ランキング

聞き慣れない単語がほとんどかと思いますので、1つずつ意味を解説します。

ステップ 1:クロール

まず初めの「クロール」とは、Googleが記事を見つけ出す作業のこと。

GoogleにはGoogle botと呼ばれるクローラーが存在し、1秒間に何百とも言われる新規記事をチェックしています。

分かりやすく本で例えるなら、まず「本を出しました」ということを認識してもらうことが最初のステップなのです。

ステップ 2:インデックス

続いての「インデックス」とは、Googleが記事の内容を具体的に認識する作業のこと。先ほどと同様に本で例えるなら、ここで初めて本の中身を評価してもらえるのです。

このインデックスにより評価してもらえるかどうかが、上位表示されるかどうかの大きな分かれ目。

明らかにコンテンツが乏しい記事は、この時点でインデックスからはじかれてしまいます。

ステップ 3:ランキング

最後に、Google独自の評価法によって「ランキング」が決められます。

具体的な評価法は約200個以上もあると言われており、詳細は一般には公開されていません。「このSEO対策が重要だ」と様々な意見が飛び交うのは、このためです。

また、記事が上位に表示されるまでは、投稿から3ヵ月から1年ほどの時間がかかると言われています。

そのため、記事を制作してすぐに善し悪しを判断することは、実質不可能と言えるでしょう。

検索上位を獲得するには?5つのSEO対策

それではここからは、検索上位を獲得するための具体的な方法をご紹介します。

  1. キーワードを選定する
  2. 検索意図を正確に理解する
  3. コンテンツの質にこだわる
  4. ユーザビリティを上げる
  5. 内部・外部リンクを強化する

いずれもSEO対策の基本中の基本と言えますので、1つずつしっかりと記事に落とし込んでいきましょう。

方法 1:キーワードを選定する

記事を制作する際の大前提となるのが、キーワードの選定。キーワードを選定するにあたり、注目すべきは以下の2点です。

  • 競合性
  • 検索ボリューム

競合性が低い方が上位を獲得しやすいと言えますが、検索ボリュームが伴わなければ意味がありません。

初めのうちは、3~4語など複数の単語で構成される、いわゆる「ロングテールキーワード」などを狙って行くと良いでしょう。

方法 2:検索意図を正確に理解する

キーワードを決めたら、まずは検索意図を正確に理解しましょう。

ユーザーがどういった気持ちでキーワードを入力したのかを考えれば、記事で書くべき内容もおおよそ決まってきます。

検索意図の重要性を詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてください。

方法 3:コンテンツの質にこだわる

続いて、具体的に盛り込むべきコンテンツや構成を決めていきます。

この際に特に大切なのが、他の記事にはないようなオリジナルコンテンツを組み込むこと。これにより他記事との差別化を図ることができ、SEO対策としても効果的です。

逆に、他の記事の内容をなんとなくかいつまんだような内容では、記事として高評価されることもありません。

方法 4:ユーザビリティを上げる

記事が完成したら、ユーザビリティにもとことんこだわりましょう。主にチェックすべき要素としては、下記が挙げられます。

  • 読みやすい文章を書く
  • ページの表示スピードを上げる
  • モバイルフレンドリーにする

近年はパソコンよりもスマホユーザーの方が多く、スマホ画面から見た時に見やすいかどうかは大きな判断材料となります。

記事を投稿する前は、必ずスマホプレビューを確認するようにしてください。

方法 5:内部・外部リンクを強化する

サイト内の内部リンクや外部リンクを強化することも、SEO対策としては効果的です。

  • 内部リンク:自メディアの記事をリンクづける
  • 外部リンク:他メディアの記事をリンクづける

特に外部リンクは重要とされており、信頼のあるメディアから外部リンクを取得すれば、それだけ記事の信ぴょう性もアップします。

外部リンクを獲得することでGoogle botのクローラビリティも上昇するため、一石二鳥と言えるでしょう。

検索上位を獲得するにはユーザーの利便性が最重要

SEO対策の基本とも言える5つの対策をご紹介しましたが、SEOの根本は「ユーザーの利便性を上げる」ということに尽きます。

言い換えれば、読者の悩みや疑問を解決してくれる記事や読者にとってストレス無く読める記事などこそが、Googleがユーザーに届けたい記事だと言えるでしょう。

「読者ファースト」を忘れることなく、この記事でご紹介した5つの方法を実践して、ぜひ検索上位を獲得してくださいね!

オンラインビジネスラボでは2021年4月よりWEBライターコースを開始しました。

ぜひこちらから無料LINE講座の登録をして、WEBライターとして一歩を踏み出しましょう!

ABOUT ME
山崎涼
WEBライティングのプロ集団 「チーム:ゼロイチ」のトップWEBライター。 ブラック企業から脱サラして 未経験からフリーランスのWEBライターになり、 記事執筆ライター、WEBサイト売却、 Youtubeシナリオ、著名経営者のゴーストライター、 アニメーションシナリオ、セールスライティングなど 幅広いライティング業務を統括。 「文字を書いて望む収入と理想のライフスタイルを手に入れる人を育成する」 がモットーの、WEBライター育成のプロ。 ライティングスキルだけでなく、 リピート率アップや単価アップ方法、 継続案件のとり方など、 効果があった集客方法もメソッドを確立。
【無料LINE講座】週末WEBライター