WEBライティング

WEBライティングのリライトとは?SEO改善につながる5つのコツ

WEBライターの仕事として、「リライト」というスキルがあるのをご存知ですか?

リライトには明確な目的とコツが存在し、「ただ書き換えれば良いだけ」と考えているとせっかく費やした時間や労力が無駄になってしまいます。

そこでこの記事では、そもそもリライトとは何なのか目的を明確にしたうえで、リライトを行ううえで役に立つ5つのコツをご紹介します。

正しいリライト方法を身に付ければ、記事のSEO評価が高まるだけでなく、WEBライターとしてのスキルアップにつながります。

WEBライターの方は、ぜひこの記事を読んで正しいリライトを身に付けてください。

WEBライティングのリライトとは?ただの言い換えではNG

リライトは、英語でRe「再び」、Write「書く」を意味しており、単純に訳せば「書き直す」という意味です。

内容を書き直すことで、記事の質をあげるのがリライトの本質であると言えるでしょう。

リライトの目的はSEO改善

リライトの最大の目的は、記事のSEO評価を改善することです。

SEO評価が低いということは検索順位も低いと言うことであり、検索上位に入らなければ読者の目に入ることもありません。

企業が運営するメディアは、多くの場合、検索からの集客を目的としています。リライトによってSEO評価を上げ、検索上位へと上昇させることがリライトの肝なのです。

文字の入れ替えはリライトではない

WEBライター初心者の方だと、「リライト」と聞いて下記のように連想する方も多いかもしれません。

  • 文章を言い換える
  • 語尾(ですます調)を変える
  • 助詞(てにをは)を言い換える

しかしこれだけでは、とてもリライトとは呼べません。ただの言い換えなら無料ツールを使って行うことができますし、それだけでSEO評価が上がることはありません。

また、他人の記事や原稿をただ言い換えただけでは、著作権侵害に該当する可能性も十分に考えられます。

リライトの業務を行う際は、その記事における現状の問題を見つけ出し、適切なアプローチによって記事の質を高めることが重要なのです。

リライトすべき記事とは?PV改善につながる3つの特徴

WEBライターとしてリライト業務を行うには、まず初めに「なぜリライトが必要なのか」を考える必要があります。メディア運営側がリライトを行う記事としては、主に以下の3つの特徴が挙げられます。

  1. アクセス数が少ない
  2. ページ滞在時間が短い
  3. 情報が古い

それぞれどのような問題点があるのか、解説していきましょう。

リライトすべき記事 1:アクセス数が少ない

リライトする記事として最も多いのが、アクセス数の少ない記事です。検索上位に表示されずにアクセスが伸びなければ、企業としても集客につながることはありません。

リライトによって記事としてのクオリティを改善すれば、SEO評価が上昇して検索上位に表示させることができるのです。

リライトすべき記事 2:ページ滞在時間が短い

「アクセスはあるのにページ滞在時間が短い」というのも、リライトすべき記事の特徴です。

この場合、読者にとってページが見づらかったり、内容が分かりづらかったりといった何かしらの問題が存在していると言えます。

読者にとっての見やすさ、文章の明確さを改善することで、読者のページ滞在時間を伸ばすことは十分に可能です。

リライトすべき記事 3:情報が古い

情報が古い記事も、当然リライトの対象になります。

例えば「2018年版」などとタイトルに入っていれば、それだけで読者は読む気が無くなってしまいますし、SEO的評価も下がってしまうでしょう。

なるべく最新のデータやコンテンツにアップロードすることで、SEO評価アップを期待することができるのです。

WEBライター必見!リライトにおける5つのコツ

リライト未経験の方だと、「何から始めたらよいのか分からない」という方がほとんどでしょう。

そこで、リライト初心者がどのようなポイントに着目すれば良いか、リライトを行う際の5つのコツをご紹介します。

  1. タイトルを変更する
  2. 原文を読み込む
  3. 簡単な言葉で説明する
  4. 情報やコンテンツを追加する
  5. ペルソナを再考する

この5つを網羅すれば、リライト後の検索上位表示も十分に期待できますので、一つずつ確認していきましょう。

リライトのコツ 1:タイトルを変更する

まず初めに注目すべきなのが、「記事の顔」とも言えるタイトル

読者の目に入った時に「この記事なら悩みを解決できそう」と期待してもらえるか、インパクトのある表現は入っているかなど、読者目線でチェックしてください。

特に検索上位に表示されているのにPV数が少ない場合は、タイトルのインパクトが弱いと考えられます。

タイトルを変更するだけでも、PV数を上げられる可能性は大いにあるでしょう。

リライトのコツ 2:原文を読み込む

続いて、本文の内容をリライトする際は、まず原文を読み込むことから始めてください。

文章の内容を理解していなければ、当然ながら上手にリライトすることはできません。

記事の趣旨は何か、対策キーワードに対して適切な回答が示されているかなど、現状の記事で考えられる問題を洗い出してみましょう。

リライトのコツ 3:簡単な言葉で説明する

専門性の高い記事であれば、なるべく簡単な言葉で言い換えることも大切です。

例えば医療専門用語や業界用語など、パっと意味が分かるものでなければ読者もストレスを感じてしまうことでしょう。

読者像をイメージしながら、なるべく噛み砕いて説明することで、文章の分かりやすさや記事としての価値を上げることができます。

ライティングのコツはこちらの記事をご覧ください。

リライトのコツ 4:情報やコンテンツを追加する

記事の分量が少ない場合には、新たな情報やコンテンツを追加するのも効果的です。SEOにおいては「網羅性」と「独自性」の2つが特に重要視されるため、読者が知りたいと思う情報を網羅しつつ、オリジナルのコンテンツを追加することで、記事の質を上げることが可能です。

リライトのコツ 5:ペルソナを再考する

記事のペルソナ(読者像)を再考するだけでも、記事の質が上がる可能性は十分に考えられます。

読者の年齢や性別、職業などを想定して、文章の言い回しやテイストをアレンジしてみましょう。

例えば、元の記事のペルソナが曖昧で万人受けするような記事であった場合、ペルソナを絞り込むだけでも、より読者に刺さる記事に変えることができます。

リライトしたWEBライティング記事はSEO評価も高くなる

正しくリライトした記事は、一般的にリライトしてから1~2ヵ月ほどで検索順位が上がってきます。

リライトされた記事は、それだけでもSEO的に高く評価されると言われているため、まずはリライト&チェックの作業を繰り返してみましょう。

効果的なリライトを行えるようになれば、WEBライターとしてのスキルも幅広くなり、新たな収入につなげることもできます。

WEBライターの方は、ぜひこの記事でご紹介した5つのコツを実践してみてください!

オンラインビジネスラボでは2021年4月よりWEBライターコースを開始しました。

ぜひこちらから無料LINE講座の登録をして、WEBライターとして一歩を踏み出しましょう!

ABOUT ME
山崎涼
WEBライティングのプロ集団 「チーム:ゼロイチ」のトップWEBライター。 ブラック企業から脱サラして 未経験からフリーランスのWEBライターになり、 記事執筆ライター、WEBサイト売却、 Youtubeシナリオ、著名経営者のゴーストライター、 アニメーションシナリオ、セールスライティングなど 幅広いライティング業務を統括。 「文字を書いて望む収入と理想のライフスタイルを手に入れる人を育成する」 がモットーの、WEBライター育成のプロ。 ライティングスキルだけでなく、 リピート率アップや単価アップ方法、 継続案件のとり方など、 効果があった集客方法もメソッドを確立。
【無料LINE講座】週末WEBライター