WEBライティング

週末WEBライター 受講生の声【田中様】

自己紹介と具体的な成果をお願いします

田中昭一と言いまして、横浜に住んでます。今66歳でもうすぐ67になるというものです。

年齢からわかるように、もう会社員としては、定年退職して、また再雇用の制度もあったんですけどそれも過ぎちゃって、今はフリーランスとしてやってますけども、会社員時代はメーカー系の情報システム子会社に勤務してまして、SEを主にやってました。

そういう意味ではパソコン系だったとか、IT系に関しては強いと思っておりますし、写真撮影を趣味としてやってまして、風景写真ですと、自宅の周りですとか、あと鎌倉とか、あと葉山といったようなところをメインで撮ってます。

それと、ポートレート撮影ですね。人物写真をだいたい二百数十名ぐらい撮っているといったような経験もあります。

6月からやってきましたけども、学びながら実践して、ライティングでいただいたお金で今までで一番ピークがひと月で約6万円という結果を残せました。

はじめたきっかけを教えてください

自己紹介の中でもちょっと言いましたけども、年齢が年齢でサラリーマンやっていけないと。

会社の雇用が終わった後も、派遣会社を経由して、同じ会社に働いていたんですけども、ちょうど新型コロナがやってきたタイミングもあってですね、2年ほどやってたんですけども仕事がなくなりました。

あと、これは私の推測ですけど、「もういい加減年だから、あいつはいいか」って、仕事が来なくなったということがありまして、年金も入っては来てるんですけどもうお金も欲しいし、40数年ずっと仕事をやってきましたんで、仕事がないのは寂しいと思ったんですね。

いろいろ探していてその中でクラウドワークスを見つけて、その中でライティングのお仕事をちょこちょことったりしてて、私自身はブログを16年ぐらいやってましたんで書くことには抵抗がなかったのであってるのかなっていうことで、そういう意味でライティングっていうところに入って、それがきっかけですね。

学ぶ前の心境をおしえてください

ライティング、クラウドワークスからいただいてはいたんですけども、雀の涙というか、時給単価に直したらえらいブラック企業だなという、思いがあって本当にライターとして稼げるんですか?というような思いがありました。

実際学んでみてどうでしたか?

ライターとしてのキャリアパスといいますか、そういったものが示されて、そういうふうにして、金額増やしていくんだというようなことが、なんとなく腑におちました。

あと案件を実際に取っていくやり方だとか、応募の仕方というようなところを学んで、実際に実践してみたら結構打率が上がったりしました。

もう一つ大きいのはちょっと背中を押さえた部分があったんですけども、単価UP交渉してみましょうとという提案がありました。

継続していただいてた会社さんができてきたんですけども、やっぱりどう考えても割に合わないなっていうなところで、単価交渉をしたところ、上げてくれてというようなことがあったので、そういったところから続けていくといいお金になる、稼げる仕事だなあということがわかりました。

これから学ばれる方に一言お願いします

最初はクラウドワークスにひとりで入って、右も左もわからない状況でやっていたんですけども、実際に週末WEBライターということで参加させてもらって思ったのは、仲間がいることと指導してくれる先生がいるっていうことで、継続することができたっていうことです。

継続の中でも正しい道を歩めたかなあと思いまして、そういう意味ではすごくライターとしてなっていくには、有効だったなと、継続してそれなりのやる気を持ってできていったなあと思うので、入ると、1人じゃないよということがわかるかと思います。

ABOUT ME
山崎涼
WEBライティングのプロ集団 「チーム:ゼロイチ」のトップWEBライター。 ブラック企業から脱サラして 未経験からフリーランスのWEBライターになり、 記事執筆ライター、WEBサイト売却、 Youtubeシナリオ、著名経営者のゴーストライター、 アニメーションシナリオ、セールスライティングなど 幅広いライティング業務を統括。 「文字を書いて望む収入と理想のライフスタイルを手に入れる人を育成する」 がモットーの、WEBライター育成のプロ。 ライティングスキルだけでなく、 リピート率アップや単価アップ方法、 継続案件のとり方など、 効果があった集客方法もメソッドを確立。
【無料LINE講座】週末WEBライター