0円転売って、少し前から知っている人は知っていたのですが、話題になることが多くなっています。

仕入れ資金がなくて、お小遣い程度の収入が欲しい、資金を増やしたい、ただで商品を手に入れたいなどいろんな理由で0円転売に手を出します。

0円で商品を手に入れたい人と、Amazonでのレビューが欲しい人がこの転売手法の両側にいます。

お互いwin-winな、この関係は危うい手法なのですが、参入者が増えているんですね。

では、0円転売ってどんなモノなのかについて、お話ししていきます。

0円転売は販売者も購入者もお互いに良いシステムになっている

Amazonで指定の商品を決められたショップから購入し、レビューが掲載されたら、商品金額をもらえると言うのが0円転売の手法です。

購入者はただで商品が手に入りますし、販売者は少しの金額でレビューをして貰えます。

日本人は同じ商品ならレビューの多い方を選ぶ習性があるので、販売者は良いレビューをたくさん貰いたいと思うのです。

この購入者にも販売者にも良いシステムが0円転売です。

0円転売ってそんなに儲かるの?

Amazonでの良いレビューが多い商品は、やっぱり売れ行きが良いのです。

それだけじゃなくて、良いレビューが多い販売者はカートを獲得できるので、他の商品も売れやすくなるんですね。

また、購入者はレビューが掲載されたら商品の購入金額をもらえるので、多少仕事はしていますが実質ただで商品を貰えます。

これを、メルカリなどのアプリやヤフオクで売りさばくので、やはり儲かるんですね。

実際、購入者をされていてやりまくり50〜100万円を稼いだ人もいます。

0円転売のはじめ方(購入者サイド)

facebookアカウントを作って「0円転売」で検索するとレビューのグループが出てきます。

この記事を書いている時点でトップに表示されているグループの参加者は8050人で1日の平均投稿数が1180本です。

すごく活発にやり取りされているのが、この数字だけでも見て取れますね。

検索で自由に参加できるグループを見つけたら、参加申請をして、グループのルール通りに進めてください。

もう1つLINEグループの方でも、転売系の人のLINEに登録するといろんな人を紹介してきます。

その中に、0円転売のグループが出てきますので、すかさず参加して、こちらもグループのルールに従って進めていきます。

具体的な手法

自分が買いたい商品をグループ内で見つけ、販売者にコンタクトを取り流れを聞きます。

大体は、購入して欲しい商品と販売ストアを教えてきます。

そのまま購入するとアカバンされるリスクがあるので、Amazonで検索して対象商品とストアを探します。

そこで、商品を購入し購入した注文IDが分かるように画面をキャプチャして相手に送ります。

商品到着後5〜7日後に注文履歴のページからレビューを書いて投稿し、Amazonから投稿のお知らせが来たら、その画面をキャプチャして相手に送ります。

その後人によって返金方法が異なるので、指示に従って返金を受けます。

0円で仕入れて販売できる理由

販売者はAmazonで売りたい商品のレビュー、星5つで良いことばかりを書いた文章を求めています。

地道に販売して行くより、いくつか商品を提供してレビューを貰った方が、確実に売れるし、捌けるのが早いので、レビュー商品で買っています。

売れなくて在庫を抱えるリスクも回避できるので、0円転売をしても販売者は儲かります。

また、購入者は星5つの良いことしか書いてないレビューを掲載されるように文章を考えて投稿し、商品をただでもらうことができるので、やりたい人が多くいます。

中国から仕入れたノーブランドの仕入れ価格が激安の商品をたくさん売りさばくことができますので、何回も同じ手法を繰り返します。

利益が取れるので、0円で商品を提供するんですね。

0円転売の販売先にメルカリが最適な理由

メルカリはいまだにカオスなアプリなので、Amazonで販売できないものも出品することができます。

既存のヤフオクなどと違い、購入者は流れて来た商品が良いなと思ったら購入するのが特徴です。

先行者利益とよく言われますが、メルカリに関しては初心者でも販売するのが簡単なんです。

0円で仕入れた商品をメルカリで転売するのに、少し高めに金額を設定し、徐々に下げて行けば早く売れていきます。

ですから、0円転売の商品を販売する先は、メルカリが最適なんですよ。

メルカリユーザー数はフリマアプリでダントツ

メルカリは、フリーマーケット感覚で使えるようにというコンセプトで作られたアプリです。

ネットやテレビに広告を流したり上場したりと話題が尽きないので、ユーザー数はどんどんと伸びています。

ラクマ やPayPayフリマなどのアプリと比較すると圧倒的なユーザー数なので、販売しやすいんです。

2019年のメルカリユーザー数は2216万人、ラクマ が1115万人となっており、ダントツでメルカリが多いことがわかります。

参照:https://markezine.jp/article/detail/31415

メルカリは商品が売れやすい

ヤフオクなどは先にやっていた人の方が売れやすい傾向にありますが、メルカリは初心者でも売ることが可能です。

タイムラインに続々と商品が流れて行くのですが、見たタイミングで目についた商品を買うユーザーが多くいます。

そのため、既存ユーザーでなくても商品が売れやすい傾向にあるのです。

高めに値段設定して値下げしつつ売るのがベスト

メルカリには値下げ交渉をするという特徴があります。

ですから、販売価格を少し高めに設定しておくと、値下げ交渉にも応じやすいですし、売れにくい時に値下げするのが苦になりません。

2こ以上買ってくれたら100円引き、など自分なりのルールを先に決めておくと良いですね。

元が0円なので、メルカリユーザーが納得できる価格まで下げて売っても利益は残ります。

そこが仕入れ金額が0円の強みですよね笑

メルカリ手数料と送料以上で売れれば黒字

メルカリは販売価格の10%を手数料で引かれます。

小さなものであれば送料は少ないですし、大きくなれば送料も高くなりますので、送料の計算を価値がえないようにして、利益を取っていきます。

仕入れ0円なので、赤字になることはないと思いますが、自分がレビューを書いた分くらいは利益が欲しいので、手数料と送料をしっかりと頭に入れて売っていきましょう。

アマゾンの規約に違反じゃないの?

0円転売に、今日も多くの人が携わっていますね。

販売者も購入者もwin-winな関係だし、誰も傷つかないし迷惑はかけていないと思うんですよね、みんな。

さて、Amazonの規約はどうなんでしょう?

0円転売のレビューはアマゾン規約違反

0円転売は、アマゾンの規約違反ですね。

事実ではないレビューを書いているので、アマゾンというサイトの信用も落としていることを知ってください。

見込み客は、書かれているレビューを見て商品を買うかどうかを判断しています。

最近は、みんなも変な日本語のレビューだったり、明らかに良いレビューばかりの商品は警戒しています。

けれど、まだまだレビューを判断材料にして商品を買う人が多くいますね。

中には、良いレビューに騙された粗悪な品物だとレビューに書いている人も見かけます。

取り締まりは現実できない

アマゾンとしても取り締まりたいのでしょうが、実際に購入して使った感想なのか、空想のレビューなのか明確に判断できないのが現状です。

Amazonでは、サクラレビューを排除するべく努力をされているようです。

実際、誰かに勧められたと言うことをレビューに書くと、AIに弾かれてレビューを書くことができませんでした。

サクラレビューを書いているのが、中国人であれば翻訳が未熟なので変な日本語になっているので違和感を感じますが、日本人が書いている場合判断ができません。

確かに儲かるけど長く続けられる手法じゃない

確かに、サクラレビューを書いてただで手に入れた商品をフリマで売れば、収入にはなります。

たくさんAmazonの購入アカウントを作ってレビューすれば、それだけたくさんの商品がtだで手に入ります。

それをひたすら売れば儲かるのは事実ですが、長続きはしませんね。

規約に違反しない0円転売の方法

では、Amazonの規約に違反しない0円転売はあるのかってことですが、あります。

3つ例をあげてみますね。

1つ、化粧品のサンプルを貰って売る方法があります。

ドラッグストアの人に「サンプルをください」と言うと化粧品などのサンプルをくれます。

また、サントリーのセサミンなどの無料でゲットできるサプリメントなども、転売している人がいます。

0円で仕入れられるものにドモホルンリンクルがありますが、こちらはフリマアプリを監視している社員さんがいるので、やめた方がいいですね。

2つ、ジモティーと言うアプリなどで0円で仕入れられる商品があります。

ジモティーは地元で手渡しで取引できると言う特徴があります。

アプリで欲しいものを出品している人と連絡を取り合って、リアルに会って商品を受け取るので女性の場合は、どなたか男性に同行して守る方が安全です。

取引をする相手のなかには、変な商売に勧誘してくる人もいますので、注意が必要です。

ジモティーでは、0円のものだけでなく格安のものもあるので、資金のない人は目を通しているといいと思います。

3つ、もっと身近で考えるのであれば、ご近所や友人から不用品を貰って転売すると言うやり方もあります。

少し恥ずかしい気がしますが、いただいたものであれば問題なく売ることができますね。

まとめ

0円転売は、確かに上手くやれば儲かる手法ではありますが、ただで商品をもらうためにサクラレビューをするのは、Amazonの規約違反だと言うことを忘れないでくださいね。

使ってもいない商品を星5つつけて良いレビューを書いて、それを見て参考に購入する人のことを考えてみると、あまり良くない手法と言えるでしょう。

また、このようなレビューばかり多くなるとAmazonと言うプラットホームの信用度も下がってしまうので、ストアと自分だけが特をすることになります。

サクラレビューが増えてAmazonの信用が下がると購入者も減って行くリスクも考えてください。

0円転売するのであれば、先にご紹介した3つの方法で仕入れをする方が安全ですし、気分もいいですね。